学術・研究:部落探訪(79) 東京都稲城市矢野口“中島”

カテゴリー: 部落探訪 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

JR南武線矢野口駅の東側に、小さな部落がある。1935年には14戸、93名であったという。部落名は「中島」。

やはり、真っ先に白山神社を訪れた。石造りの鳥居のような趣はないが、大きくて迫力と存在感を感じさせる鳥居。地元の工務店が手創りしたかのような雰囲気だ。実際、そうなのだろう。

祠に近づくと…

カチッと音がして明かりが灯った。

「防犯装置設置中」と書かれているが、ハッタリではないようだ。賽銭泥棒をしようなどとは考えるべきではないだろう。

自治会の掲示板。無論、同和だの部落だのといった掲示物はないが、地域の交流があることを伺わせる。子ども食堂も。

多摩地域によくある、農村がそのまま街の住宅地になったような佇まいだ。

小澤という表札の家が目立つ。

これは馬頭観音像。1816年に建立され、稲城市では最古のものだという。よく誤解されるが、馬頭観音は各地にあり、馬頭観音があれば部落というわけではない。ただ、そこに古くから村があったという証拠にはなる。

部落には自営業者が多く、アパートやマンションがある。

これらの物件も業者による手作りだろうか?

部落の中に川があり、その脇は舗装されていない道になっている。いかにも昔は農村だったという感じがする。

これは稲城市の文化財倉庫。

これが、川沿いにある中島集会所。こういったところに「中島」の名前を残している。集会所はプレハブの無骨な建物だ。

白山神社に戻ると、今度は白い蛍光灯が灯っていた。やや日が落ちてきたので、今度は明るさセンサーが反応したのだろう。微妙にハイテクな白山神社である。

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

学術・研究:部落探訪(79) 東京都稲城市矢野口“中島”」への11件のフィードバック

  1. 打桐豊成

    中島児童公園があるでしょ。
    その辺まで小沢さんはいる。
    その公園の隣は七五三掛さん。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      中島児童公園は気付きませんでした。昔の航空写真だとここは住宅地の外なので、中島の住民が田畑を所有していたんでしょうね。

      返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      部落内に墓地が見当たりませんでした。ただ、称名寺に小沢という墓石がいくつかありました。

      返信
  2. 打桐豊成

    三河から静岡、長野の日蓮宗は南朝。
    弾左衛門も真宗大谷。杉本さんも真宗単立寺院の長源寺。
    時宗も親鸞やし本田豐はインチキ

    返信
  3. 芸能といふものの悲哀

    部落探訪、興味深く拝見させていただいています。八王子の小比企は部落地名総鑑に記載のある部落で白山神社もあるようですが、鳥取ループ様の知る限りで他の文献への記載はありますか?不躾な質問で恐縮です。

    返信
  4. クリーム

    小沢といえば、山沿いの小沢城、築城した小沢小太郎(稲城重成の子)、その姓の由来である界隈の旧地名武蔵国小沢郷がリンクしました。

    返信
  5. 匿名

    稲城市には小澤城が有りました。
    写真懐かしい稲城市矢野口出身のものです。

    返信
  6. はな

    稲城市ですと押立にある梨花幼稚園付近はどうなのでしょう?新しく家が建ち並び始めましたがトタンで出来た古い家もポツポツと…
    あの付近も気になってます

    返信

関連記事

学術・研究:部落探訪(287)埼玉県 本庄市 児玉町下浅見

早稲田大学本庄高等学院の近くに部落があるようなので、特定してほしいとのリクエストがあった。そこも旧児玉町で、周囲に多くの部落があるのだが、その中でも学院に最も近い下浅見(しもあざみ)の部落の特定を試みた。 ここには戦前に […]

学術・研究:部落探訪(286)埼玉県 本庄市 児玉町吉田林

小林初枝『こんな差別が』には次の記述がある。 私の友人の弟で岩上姓なる青年が、部落外の娘と恋仲になりましたが、娘の親戚から、「せめてもう少し離れた土地の岩上なら、世間さまへいいわけもきくが、児玉で岩上といやあ、だれでもい […]

学術・研究:部落探訪(285 後編)埼玉県 本庄市 児玉町児玉 下町

前回に引き続き、下町の探訪である。そもそも「下町」とはどこの、どの範囲を指すのか、文献だけでは分かりにくかったが、現地を探訪するうちに次第に全容が分かってきた。 それを理解する鍵は、小林初枝『こんな差別が』で挙げられてい […]

学術・研究:部落探訪(283)山梨県 笛吹市 一宮町田中 西組

「国連NGO横浜国際人権センター山梨ブランチ」を取材するために山梨県を訪れていたのだが、地元の方から、山梨県の部落と言えば笛吹市の田中が有名と聞いた。未指定地区であるが、とある全日本同和会の幹部もここから出ているという。 […]