学術・研究:部落探訪(246) 大阪府 箕面市 萱野1,2丁目“北芝”

カテゴリー: 部落探訪 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 鳥取ループ

今回の部落探訪は箕面市萱野である。最近はNHKのバリバラで紹介されたが、大阪の衛星都市の部落では珍しく「北芝」という旧村名が全面に出されることが多い。戦前の記録ではここは芝村の一部であり、戸数は54戸あったとされる。

「北芝」という地名は明治時代の地図にも書かれており、おそらく芝の北にある枝郷なので北芝と呼ばれたと考えられる。

新御堂筋から国道171号線に入ると、「らいとぴあ21」という標識がある。これは箕面市立萱野中央人権文化センター、要は解放会館・隣保館のことである。この道路の左側が芝、右が北芝ということになる。

ただ、今回はそこから少し離れた場所から探訪を開始した。これは部落の西端にある「曲り池」である。予想外なことに、池の中に道をつける工事が行われていた。よく見ると道路の下には水を通す土管があることから、池がなくなるわけではないらしい。工事が終わったらまた貯水されるのだろう。

北芝は住みよい街らしい。大阪に住んでいた頃の箕面のイメージと言えば猿山である。そして、中途半端に残る田畑とおしゃれなアパート、そしてチェリオの自販機である。北摂エリアでもいちばん北に位置し、自然が残っている。

そのような箕面のイメージそのままの街だと感じた。

これは同和住宅。この北側に特徴的なニコイチ群があるのだが、行くのを忘れていた。しかし、まあよいだろう。そこは厳密には部落の外である。やはり、旧部落のエリア内の探索にこだわりたい。

消防団にも北芝の名前が残っている。

細い道が改善されたということが書かれている。昭和50年代なのでまさに同和事業の時期である。

これは当対池とたいけ。部落の東端にある。

部落外でも箕面と言えば大体このような感じなので、特に違和感はない。部落を言われなければ分からないだろう。

廃墟らしい廃墟と言えばここくらいだ。

田んぼがあり、やはりここは農村部落であったことが実感できる。

掲示板に解放新聞が貼られている…ということはない。

しかし、巨大な同和施設は存在する。50戸程度の農村に対してこの施設が建設されたと考えると、やはり違和感を感じざるを得ない。

水平社宣言が石に刻まれていた。

ここは萱野霊苑。明治時代の地図でもここに墓地があるので、実はかなり昔からある墓地だ。

宗派は東本願寺。丸岡という名字が多いことが確認できた。

北芝と言えば丸岡、ということは別に隠されていることではない。

この正願寺の周辺が昔からの北芝の中心部で、周辺に古くからの家がある。

表札を見ながらあると確かに丸岡が多いが、ほとんどが豪邸のように見えた。大都市のベッドタウンに古くから土地を持っていればそういうことになるのではないだろうか?

この家は、いかにも昔からの農家をリフォームしたような佇まいなのだが、部落解放同盟北芝支部事務所と書かれていた。

鳥取ループ について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

学術・研究:部落探訪(246) 大阪府 箕面市 萱野1,2丁目“北芝”」への11件のフィードバック

  1. 箕面大滝

    >>箕面のイメージと言えば猿山である。
    動物園じゃないので猿山ではないが、箕面の滝の野生猿は有名ですね。
    2017年には阪大旧箕面キャンパス隣の沢に、2018年には箕面の滝の傍に
    クマが出没して何れも動画に撮られています。

    返信
  2. Warren

    ここ、ちょっと前、NHKで特集をやってました。その前は、姫路の花田でした。NHKをぶっ飛ばさなくてもいいです。

    返信
      1. Warren

        以前、小保方 大流行でしたが、東京五輪で沈んじゃった水泳の女の子。大好きです。ヒント、大和郡山と江戸川区。which is your pleasure?

        返信
  3. Warren

    MVP 同和関係じゃ無くてすみません。
    1 wikiで父親の名前を確認
    2 2020で検索(幸い、平成の大合併前)
    3 水沢市に同性同名は居ないと思う。

    なんか、ちょっと住んでみたい様な地名。エヘヘ!
    花巻東高校とかとのツアー。電通かHIS買ってよ。

    返信
  4. Warren

    スポーツ特集 渋野さん 渋という文字、本当はサンズイに 止 が三つだそうです。候補に上がりません。LOOPさん教えて下さい。
    minorusan.net

    返信

関連記事

学術・研究:部落探訪(251) 滋賀県 愛知郡 愛荘町 長塚

筆者が長塚を訪れるのは初めてではなく、実は10年ほど前にも一度訪れている。その頃と何も変わっていないように見えた。その時の様子は『同和と在日②』に書いている。 昭和初期の戸数は50。生活程度は悪くなく、明治21年の調査記 […]

学術・研究:部落探訪(250) 大阪府 大東市 北条3丁目“東之町”

前回は大東市野崎を訪れたが、当然北条も訪れねばなるまい。戦前の記録では333戸とされているが、1958年の記録には200戸とある。しかし、この地は一貫して都市化していることから、戸数が減ることはあり得ない。戦後間もない頃 […]

学術・研究:部落探訪(249) 大阪府 大東市 野崎1丁目

今回は大東市にやってきた。ここには2つの部落があり、いずれも元は農村にあった。そして、その後都市化して今に至っている。 野崎は戦前の記録では138戸と既にそれなりの戸数であった。過去の航空写真では比較的家が密集しており、 […]

学術・研究:部落探訪(248) 大阪府 守口市 金田町1丁目

大阪にも、それなりの数の未指定地区がある。今回はその1つである。事前に地図等で調べてみたところでは、確かに部落が存在していたとは考えられるものの、そこに何か痕跡があることはあまり期待できなさそうであった。 かつての部落名 […]

学術・研究:部落探訪(247) 大阪府 富田林市 若松1丁目

ここはかつては「南新堂」と言い、戦前には268戸の部落だったとされている。さらに昔は「富田」と言い、応仁の乱の落人の7戸から始まったとされる。 この場所を探訪しようと思ったのは、地元研究者からリクエストがあったからだ。し […]

学術・研究:部落探訪(245) 大阪府 吹田市 高浜町

吹田市には戦前に「新町」という63戸の部落があったようだ。しかし、この部落は戦後の同和対策関係の文献には見当たらない。 しかし、 吹田市に「新町」という地名の場所が存在したことは確かなようである。それがアイキャッチ画像の […]