日本人のおなまえ研究(4) レア名字一位? 「霊界堂」の由来は

カテゴリー: ウェブ記事, 日本人のおなまえ研究 | タグ: | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

名字研究者の間でも珍名中の珍名と話題になる名字に「霊界堂」がある。「名字由来ネット」に掲載されており、「マイナビウーマン」が話題にしたこともある。

しかし、なぜそのような名字が生まれたのかは、どのような文献を見ても書かれていない。そこで、実際に霊界堂さんの家を訪れ、謎を解明することにした。

さて、筆者は霊界堂さんの家があるという三重県松阪市にやってきた。

ここが霊界堂さんの家。静かな住宅地にある。

確かに表札には「霊界堂盛龍」とあるのだが…

看板には「宗教法人」とあり、何か嫌な予感がする。

何と霊界堂さんの家のそばには広い駐車場がある。霊界堂さんに用事があって来ているので、遠慮なく車を停めさせて頂いた。

早速、霊界堂さんに会うべくインターホンを押そうとしたが、このインターホンはどう見ても壊れている。当然、呼びかけても返事はない。

植栽は手入れされているので、完全に空き家という訳ではないのだろうが、人の気配というか生活感がない。窓は締め切ってあるし、洗濯物が干されていない。

中には「治療所入口」と書かれており、いかにも怪しい。ぶっちゃけ、霊界堂というのは人名ではなくて、新興宗教の名前なのでは?

近所の人に聞いてみると、「ああ、あれはね…」といかにも訳ありそうな口調で詳細を教えてくれた。

「あそこはもうやってないよ、15年位前に亡くなったから」

「やってない」ということは、やっぱりただの新興宗教団体ということなのだろう。ということは霊界堂は本名ではない?

「違う違う。名前は中島っていうの。下の名前? モリオさんだったかな、「さかん」に「おっと」で盛夫」

やはり嫌な予感は的中した。霊界堂盛龍という人物は存在せず、中島盛夫が本名だったのだ。実は中島盛夫さんの内縁の妻が寺の住職の家で、それを引き継いだ中島さんが霊界堂盛龍を名乗って宗教活動をしていたという。

…ということで、「霊界堂」は由来も何も、そもそもそのような名字は実在しないというのが筆者の結論である。

それにしても霊界堂さんの家、駐車場があるし手入れが行き届いているので空き家にしておくのは勿体無い気がする。

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

日本人のおなまえ研究(4) レア名字一位? 「霊界堂」の由来は」への1件のフィードバック

  1. 松阪市民です。
    20年ほど前に一度霊界堂さんにイタ電をしたことがあるのですが、その時は奥様が出られました。霊界堂です、とおっしゃった覚えがあります。

    返信

関連記事

学術・研究:部落探訪(293)埼玉県 狭山市 柏原 下宿

柏原(かしわばら)の部落は高杉晋吾『部落差別と冤罪』で、狭山事件に絡めて引き合いに出されている。狭山事件との接点と言えば、石川一雄氏の友人で一度逮捕されたものの釈放された東島明氏がこの地区の出身である。 なお、石川一雄氏 […]

星野ロミ出所後初YouTube出演 漫画村×破産者マップ 日本最凶サイト対談

去る11月12日、漫画村運営者星野ロミ氏と破産者マップ運営者遠藤有人氏のYouTube対談を公開しました。漫画村がどのように漫画を配信していたのか、またアフィリエイト会社等との関係を語っています。破産者マップは個人情報保 […]

先鋭化する 現代アート業界は 社会の 厄介者!?

政党、芸能界、学界、社会の広いシーンで「先鋭化」が進む昨今、美術界も例外ではない。作品に歴史認識問題、政治イデオロギーを込めるのは2019年、「あいちトリエンナーレ」が最たるもの。芸術家たちは自身の作品で平和や正義を説く […]

学術・研究:部落探訪(292)熊本県 熊本市 南区 城南町隈庄 萱木

熊本では数多くの部落を探訪する準備をしてきたものの、いろいろあって気がついたら日没が近づいていた。最後の探訪先に選んだのが萱木(かやのき)である。ここを選んだ理由は、たまたま今いる場所から近かったからである。 地名で言え […]

【王将研究】「王将人脈」から連なる 情熱ホルモン、安藤忠雄、華僑要人、そして中国政府

社長射殺事件で揺れる餃子の王将。部落解放同盟中央本部元執行委員長・上杉佐一郎氏の実弟、昌也氏との間で起きた不可解な土地売買、貸付を報じてきた。不思議な人脈を持つ会社だ。同社周辺を探ると意外な関係人物が浮上、その先に「中国 […]