4月14日国会前大行動 参加人数言い争う「愚」

カテゴリー: ウェブ記事 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 三品純

4月14日に開催された「安倍政権は退陣を!あたりまえの政治を市民の手で!0414国会前大行動」に市民、労組運動家が多数集結。国会議事堂前は人で溢れかえった。この日、14時から始まったデモには延べ5万人集まったという。この参加人数に対して「水増しだ」「どう見ても5千人」といった反論も挙がっている。この種のイベントでありがちな現象だ。しかし冷静になって考えてほしい。この言い争いがいかに不毛なことか―――。

戦国武将、武田信玄は今川家に嫁いだ姉から送られた大量の貝殻を並べ、家臣に何枚あるかと問うた。それぞれ「5千枚」「1万枚」と答える中で信玄は「3700枚だ」と教えた。つまり兵は実数が重要ではなく、数多く見せることが肝要だと説いたのである。

さて話を戻そう。実際にデモを取材してみた。一、二部の構成のうち第一部が終了した時点で主催者側から「3万人」というアナウンスがあった。「それぐらいはいるかも」というのが率直な感想。なにしろ人、人。国会議事堂周辺は市民や活動家で埋め尽くされ移動するのも困難だ。各政党の議員、有識者のスピーチ以外でも各所でパフォーマンスが行われている。祭りのようでとても盛況だ。だから前述した“信玄理論”で言えば3万人でも5万人でも「いる」と思わせる勢いがあった。

また体調を崩した参加者のための救護班、警官を監視する弁護士が各ポイントに配置された他、給水所まで設置されるという手の込みよう。一方、官邸前では保守団体が安倍政権への応援デモを行っているが、規模とインパクトの上で遠く及ばない。それに左派から老人ばかりとの揶揄も聞かれた。少数精鋭とは言えないし、確かに高齢者も多いからどこか弱々しい。もちろん国会前行動側も高齢者は多いが、サブカルチャー風味の洒落た若者も少なくない。この光景をもし全くノンポリの一般人が見た場合、どちらに魅力を感じることだろう。

しかも国会前大行動に集まった反安倍派はここ最近、定期的に議員会館前などでデモを行ってきた。活動の頻度が違いすぎる。さらにこの日は国会議事堂以外でも左派の集会、シンポジウムは開催されていた。裏返せば潜在的な参加希望者は存在し、動員人数においてまだ余力を残しているという見方もできよう。

しかも弁護士、救護、給水、果たして保守派デモにこれだけの救援対策ができるだろうか。だから水増しの有無を問わず「反安倍政権の機運が高まっている」と印象付けるに十分だった。いかに「実数」を問うたところで意味はない。この辺りに保守派の痛々しさを感じざるを得ない。

しかし、だ。仮に動員したのが10万人、20万人だったとして、反安倍一派が望む政権になるわけではない。また総選挙になったとしても野党が勝てるとは思えない。血眼になって「5万人」と強弁したところで「あっそ」と言う程度。それに集まった参加者を見ると、どこかで見たいつもの活動家の顔が散見された。要はデモのレギュラーたち。社会から広く集まったかと言えば疑問だ。そして日教組、自治労、年金生活者の会、いつもの団体がいつもののぼりを立てている。必死で参加を呼びかければそりゃ5万人でも集まるでしょうよ、と。

要するに何人集まろうが「カーニバルのご盛会おめでとうございます」のそれ以上、それ以下でもない。水増しと騒ぐも愚、5万と誇示するも愚である。もっとも彼らはとても熱しやすく冷めやすい。福島原発事故の頃は脱原発に殺到し、時間がすぎれば今度は戦争法案反対、そして今は森友・加計学園と「平和市民」たちは、とても移り気だ。今度はいつまでモリカケ景気が続くのか興味深いところである。

いつ、どこでもデモがあればやってくる人たち。

右側が常駐している参加者。左側はデモ全体を見ようと移動する参加者。

路上芸が各所で行われていた。

給水所も設置。マラソン大会かいな。

こういうプラカードを持った参加者が動き回るので余計に混雑するのだけど。

プラカードのバリエーションがすごい。これを作る姿を想像すると可愛くもある。

誰かと思ったら水を配る香山リカ氏。この人の本職はなんだ。

カウゴジラ。あまりウケてなかった。というより参加者も引き気味。

二部を担当した未来のための公共。例によってラップ調のコールを続けた。

三品純 について

フリーライター。法政大学法学部法律学科卒。 月刊誌、週刊誌などで外国人参政権、人権擁護法案、公務員問題などをテーマに執筆。「平和・人権・環境」に潜む利権構造、暴力性、偽善性を取材する。

読んでられない劣悪な記事 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

4月14日国会前大行動 参加人数言い争う「愚」」への8件のフィードバック

  1. うましかの一つ覚え

    >「あっそ」と言う程度。
    これに集約されてる気がしました。

    アベヤメロアベヤメロ五月蠅い奴もホシュホシュ五月蠅い奴も根っこは同じなんじゃないかと個人的には思ってます。

    返信
    1. 三品純 投稿作成者

      そうだと思います。
      方向性は違うだけの話というのか。

      あと双方ともに女性議員や女性活動家に
      萌えやすいと申しますか。

      返信
  2. 名無しのナナホシ

    楽しそうなお祭りだなぁ・・・という感じですね。脳内麻薬で酔って快感で止められないみたいな、デモ依存症の人もいそう

    返信
    1. 三品純 投稿作成者

      あの空間にいると楽なんですよ。
      共通の敵がいるから絶対に傷つく
      ことがないし。

      返信
    1. 三品純 投稿作成者

      国交労連はきてたんじゃないでしょうかね。
      私が見てないだけで

      返信
      1. 斉藤ママ

        香山リカが立教大学にいないでデモに参加しているのは変ですね。
        立教大学の総務課は、就業時間内に政治活動をするのを
        許可しているのでしょうか?
        大学教員の本業は、研究と教育です。
        電話で質問する価値ありですね。

        返信

関連記事

【Colabo問題】“ネオ同和” 東京都若年 女性支援事業に マスコミが 肩入れする理由

まさに第二の同和事業? 東京都若年女性支援事業の委託団体の一つ「一般社団法人colabo」(仁藤夢乃代表理事)の会計報告、活動内容の疑問点をSNS上等で告発する暇空茜(ひまそらあかね)氏に対し弁護士とマスコミが“ 連帯” […]

【王将研究】大連撤退、稲盛和夫、PCR検査…「王将人脈」にチラつく 同和と中国

餃子の王将、大東隆行社長銃殺事件の追跡取材。事件の一方で、王将周辺を探ると「中国人脈」が浮かび上がった。在大阪中華人民共和国総領事館と大阪市が共催する「中秋名月祭」実行委員長、王天佐氏がその一人。周辺情報によると王将が中 […]

学術・研究:部落探訪(293)埼玉県 狭山市 柏原 下宿

柏原(かしわばら)の部落は高杉晋吾『部落差別と冤罪』で、狭山事件に絡めて引き合いに出されている。狭山事件との接点と言えば、石川一雄氏の友人で一度逮捕されたものの釈放された東島明氏がこの地区の出身である。 なお、石川一雄氏 […]

星野ロミ出所後初YouTube出演 漫画村×破産者マップ 日本最凶サイト対談

去る11月12日、漫画村運営者星野ロミ氏と破産者マップ運営者遠藤有人氏のYouTube対談を公開しました。漫画村がどのように漫画を配信していたのか、またアフィリエイト会社等との関係を語っています。破産者マップは個人情報保 […]

先鋭化する 現代アート業界は 社会の 厄介者!?

政党、芸能界、学界、社会の広いシーンで「先鋭化」が進む昨今、美術界も例外ではない。作品に歴史認識問題、政治イデオロギーを込めるのは2019年、「あいちトリエンナーレ」が最たるもの。芸術家たちは自身の作品で平和や正義を説く […]

学術・研究:部落探訪(292)熊本県 熊本市 南区 城南町隈庄 萱木

熊本では数多くの部落を探訪する準備をしてきたものの、いろいろあって気がついたら日没が近づいていた。最後の探訪先に選んだのが萱木(かやのき)である。ここを選んだ理由は、たまたま今いる場所から近かったからである。 地名で言え […]