学術・研究:部落探訪(271)香川県 丸亀市 川西町南

カテゴリー: 部落探訪 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

ここは香川県の被差別部落現地研修報告では丸亀市A地区として紹介されている。その立地は飯野山の麓に広がる農村地帯、香川県の特徴の1つであるため池のそばと記載されている。1990年頃は50数世帯、150人余り。

部落名は金山、戦前は34世帯152人と記録にある。日雇いや商業をやっていたとされる。

現地を訪れると、文献通りの風景が広がっている。ため池というのは八丈池。富士山型の山が3つ見えるが、右から飯野山、角山、青ノ山だ。

その池の近くのニコイチが多い一角が金山同和地区である。

自動車で異動している関係上、事前にストリートビューで駐車場所を確認するのだが、既に車が停められている場所が確認できていた。そして、実際に現地に来てみると、車は停められているというより廃棄されているかのような状態だ。

放置すると撤去するという市役所の警告書が貼り付けてあり、物置として使われているような様子もない。こんなところに放置しなくても、スクラップ業者に売ればいいような気もするが。実際、窓にスクラップ業者の名刺が差し込んであった。

そして、この地域の特徴的な建物が、香川 部落解放・人権啓発センター。中には展示室があり、入ってみたかったのだが、残念ながら筆者が訪れると職員に迷惑がかかってしまうようなので控えておいた。

古くからの神社もある。皇紀2600年の石碑は、他の部落の神社でもよく見るものだ。

ここではニコイチのリニューアルの最中だ。払い下げはせずに、建て直して現状をさらに何十年単位で続けるつもりのようだ。それにしても、ここでも古いニコイチには太陽熱温水器があるのに、リニューアル中の真新しいニコイチにはそれがないのが気になった。

子供にも、部落であることを認識させてしまうであろう、異常で異様な掲示物があるこの建物は金山児童館。2010年には、騒いでいた中高生が館長に注意されたので、自分は与北の部落民だと嘘をついたことが差別発言(えせ同和行為)とされ、生徒の両親が解放同盟に話し合いという名の糾弾をされる事件があった。ということなので、教育上好ましいとは言い難いがこのままである。

急にもよおしてきたので、隣の金山文化センター(隣保館)でトイレを借りた。ついでに、新しいニコイチには太陽熱温水器が付かないんですかねえと聞いてみたが、「分からない」ということだった。実際のところ、他の部落でもニコイチをリニューアルしている場所があるが、新しいニコイチには太陽熱温水器は付かないようである。

そして、与北町で見かけた同和総業がここにもあった。土木工事一式ということなので、これは土建屋である。岡田剛丸亀市議の看板がある。岡田剛市議は部落解放同盟香川県連の書記次長でもある。

そう言えば、与北町の同和総業の表札も岡田であった。仮に偶然としても、これだけ重なると必然と考えざるを得ない。やはり、この同和は「あいおいニッセイ同和損保」等の同和ではなく、同和地区の同和であろう。

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

和泉守 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

学術・研究:部落探訪(271)香川県 丸亀市 川西町南」への30件のフィードバック

  1. いつもコメント欄では負けてる宮部くん

    >そして、この地域の特徴的な建物が、香川 部落解放・人権啓発センター。中には展示室があり、入ってみたかったのだが、残念ながら筆者が訪れると職員に迷惑がかかってしまうようなので控えておいた。


    一度、心療内科で診察されたほうがいいと思うよ。

    返信
    1. 匿名

      コメント欄ごときで勝ち誇っている痛い人もいるものです。

      単に相手にされてないだけですよ。

      返信
      1. 匿名

        コメント欄ごときは、コメント欄を設けている、筆者に失礼な投稿だと思います。
        筆者が、コメント欄ごときと思えばコメント欄を外すでしょう。
        いずれにせよコメントへの返信はできる限りいただきたいものです。

        返信
  2. 宮部氏との対談の申し込みしました

    本日、宮部氏との音声対談の申し込みを示現舎にいたしました。
    たいだんの主旨は
    過去の宮部氏の間違った報道の指摘に訂正とお詫びをオープンにすることです。
    宮部氏の持論については言及しません。
    私の個人情報が、流れないように事前に契約を結ぶことと、わたしも録音をさせていただき、マスコミや解放同盟等に流します。
    資料は過去の宮部氏の発言と記事で充分と伝えてあります。
    もし、経過報告はここでも公表させていただきます。
    対談するより私や他の方が指摘した項目にブログ等て返答願えれば良いのですが、、、

    返信
    1. 匿名

      失礼しました。
      宮部氏の過去の発言や記事の指摘による、宮部氏が間違いの訂正とお詫びを公表していただくのが主旨です、
      そんなに時間はかからないと思います。明らかな間違いですので、、
      屁理屈も結構ですが、万人に通用する屁理屈であって欲しいものです、

      返信
    2. 匿名

      示現舎も営利目的だから、不利な対談はしないよ。
      多分逃げると思うよ。
      真摯に受け止める気が無いからね!
      証拠にここでの間違いの指摘等は返信無しでしょ。
      ここで回答に窮してるから無理。

      所詮、宮部はその程度の男よワハハ

      返信
  3. 匿名

    理系と文系の偏差値を比較して大したことないとか言っている時点で、
    言ってる本人が大したことないことがバレていることにウケた。

    返信
  4. 和泉守

    学歴にこだわりすぎる人って…
    私の社内で調べると、学歴だけで社内で使えないお方か、実は学歴偽装だったか、中退コンプレックスか…?だったな
    社会に出ても18歳の時の優越感かコンプレックス…
    哀れなものだね

    返信
  5. 匿名

    なぜか 返信↓ の表示が出ないので、ここで 匿名 2022年5月27日 4:20 AM さんのコメントに対して説明させていただきますが、
    今回の丸亀市については、この地区が同和地区であることを明らかにしたのは宮部氏ではなく本文にあった報告書です。
    今回の丸亀市にかぎらず行政や部落解放同盟が出版した文書や書籍類、同和対策事業特別措置法によって建てられた隣保館などで同和地区の特定は比較的容易に行えます。
    >同和利権を貪る極悪人を裁くには善良な部落民の犠牲は仕方ないと言うことでしょうか。
    なぜ、善良な部落民が犠牲になるのでしょうか?それを説明していただきたい。
    同和地区が明らかになることによる不利益が理由なら明らかにしたのは上記の通り行政の報告書と児童館での件をサイトで公表した部落解放同盟です。

    返信
  6. 匿名

    しかし・・・
    批判するにも正すにももうちょっと言葉遣いとか、なんとかなりませんかね。
    結局良くないイメージを持たれてしまいますよ。
    よく給弾会を誤解していると言う人がいるけど世間のイメージとしては暴力的な吊し上げとしか思われていない。
    それと同じで、なんだかタチの悪い連中が掲示板を荒らしているとしか思えない。
    相手がそう来るならこちらも・・・みたいな目には目を式の感覚は今時通用しませんよ。

    返信

関連記事

学術・研究:部落探訪(281 後編)京都府 八幡市 八幡 六区

前回訪れたポンコツ街道は部落内ではなく、部落の南外れの、もともと田畑だった場所である。 昔から部落があった場所は、現在の八幡軸、八幡長田周辺の複数の小字にまたがる範囲で、昔の航空写真から、ここに住宅が密集していたことが確 […]

学術・研究:部落探訪(281 前編)京都府 八幡市 八幡 六区

今回は八幡市の「六区」という部落を訪れた。この部落は規模が大きく、見所も多いので、前編後編に分けて紹介する。 前編で訪れたのは部落の南側、京阪国道から分かれる道にスクラップ業者が集中している、通称「ポンコツ街道」である。

学術・研究:部落探訪(280)滋賀県 野洲市 小篠原 和田

野洲市小篠原と言えば、野洲駅と市役所ががある、野洲市の中心街だが、その地域の和田という地区が部落である。明治初期は10戸、昭和初期は51戸。1996年頃は205戸であった。 もとは低湿地帯の小さな村であったが、市街化地域 […]

学術・研究:部落探訪(279)滋賀県 近江八幡市 若宮町

近江八幡市若宮町は滋賀県内でも異色の部落である。中小森3部落の中では最大規模であるが、同和地区指定がされていない。その経緯は10年以上前の記事「同和地区指定を拒否した全国水平社初代委員長の故郷」に書いたので、ぜひ読んでい […]

学術・研究:部落探訪(278)滋賀県 近江八幡市 池田本町 住吉

中小森3部落のもう1つを探訪する前に池田本町住吉に立ち寄った。中小森に近いが、ここはかつての池田村であり、中小森3部落には含まれない。江戸時代は木原村、その後池田村枝郷西村となり、桐原村の一部となった後1954年に近江八 […]

学術・研究:部落探訪(277)滋賀県 近江八幡市 大森町

『近江八幡の部落史 くらしとしごと』によれば、かつての村名は「細工(さいく)」で、文字通り竹細工を作っていた。しかし、竹細工が村名の由来であるとは断定できず、地元の寺から「西久」と書かれた紙が出てきたというので、途中で漢 […]