【緊急告発】 前葉泰幸津市長の 後援会有力者が 感染拡大阻止 協力金を 不正受給!?

カテゴリー: 地方 | タグ: | 投稿日: | 投稿者:
By 三品純

コロナウイルスが蔓延した昨年から企業・個人を対象にした給付金、協力金、助成金制度が国や各自治体で実施された。だが各地で詐欺、不正受給が横行したのはご存知だろう。三重県では昨年、GW頃に「三重県新型コロナウイルス感染症拡大阻止協力金」制度を設け、休業した企業、飲食店に協力金50万円を支払った。そして同県HPで休業要請のご協力をいただいた事業者のみなさま(施設名一覧)として協力した企業・飲食業者等が紹介されている。その中に津市・前葉泰幸市長の有力後援者が経営していたカラオケ店の名が。実は同店、コロナウイルス蔓延以前から営業実態がないのだ。これって不正受給じゃないの!?(タイトル写真は同店イベントで挨拶する前葉市長)。

美杉のポツンと一軒家に前葉市長と立憲民主党・松田直久氏の立て看板

「あそこの地区には〇〇という元暴力団の自治会長がいる」「〇〇自治会長は民族右翼だ」。津市取材でこの手の話に遭遇してきた。各地に名うての市民がいるから市役所も対応に苦慮する。だが折衝の中で市職員と関係を深めてしまうケースも。最も如実に具現化したのが相生町自治会長事件である。市内各地に厄介者がいる背景を考察してみた。無論、同和問題という事情もあるだろう。それに加えて行政区分も関係していないか。津市は2006年、10市町村という大合併によって県下最大の面積になる。

つまり合併前の市町村の面倒な特定市民まで吸収してしまった、と。

今回は旧美杉村、現在の津市美杉町のとある住民のお話。同町はいわゆる「限界集落」だ。昨年、美杉町で大規模な産業廃棄物の不法投棄が発生した。地元住民から「お前らも取材せなアカンぞ」とハッパをかけられたものだ。ぜひ調べてみたいが、あまりに遠い。隣はもう奈良県。津市中心部から車で約1時間半はかかる。

左部分に松田直久前市長の立て看板がある。

その美杉町に前葉市長の後援者でひとクセある女性Y氏がいると昨年末頃に聞いた。といっても次々に奇妙な出来事に遭遇した当時、注目する余裕がない。「営業してないにも関わらず、コロナウイルス感染症対策の休業協力金を受給した。前葉(市長)さんのおかげや、と周囲に吹聴している」という証言だけは記憶に留めておいた。

そして先日、お伝えした合理化事業の調査に移ったわけだが、美杉町も同事業の対象地域。周辺地区の関係者らと話の中でふと「Y氏」の名を出してみた。面白いことに一同が失笑してしまう。やはり“ 訳アリ住民”のようだ。

Y氏の素性について耳にしたのは松田直久前市長(立憲民主党前衆議院議員)、そして前葉市長の熱心な支持者。家屋には前葉市長との大きなツーショット写真も飾られている、そんなところだ。支持者であることはご自由に、という他ない。問題は、営業実態がないカラオケ店の名義で休業協力金を得ている点だ。

しかし本人に直接質問したところで認めるはずもない。「そんなもんバアサン(Y氏)がベラベラ話しているよ」という証言者もいたが、なにしろ証拠にならない。情報の扱いに苦慮していたところその答えは実に簡単な場所に落ちていた。

県のホームページに協力者として店舗名が出ていた

三重県HP「新型コロナウイルス感染症拡大阻止協力金事務係」より。

コロナウイルスの蔓延。マスク不足、アルコール不足など遠い昔の話のようだ。感染拡大が深刻化してきた昨年のGW頃、三重県は「三重県新型コロナウイルス感染症拡大阻止協力金」を実施。休業協力した企業、飲食店などに50万円の協力金を支払う制度である。

協力した企業、店舗は「休業要請のご協力をいただいた事業者のみなさま(施設名一覧)」とリスト化され三重県のHPで紹介されていた。

そこにY氏が経営していた「カラオケすずらん」の名がある。だがコロナ以前から店を畳んでいたという。

Y氏本人を直撃してみた。

ー休業はいつ頃か、について確認してみる。

(店を閉めたのは)もう何年も前やもん。知らんねん、(協力金申請を)ちゃんとしてくれてる人がおるけどうち知らんもん。どなたかというても、ちゃんとした人がやってくれてるんやもん。知らんわさ。どうしてそんなことを聞いてくるの? (協力金が)入っているかも知らんし。もう年やもん。

ー「前葉市長のお陰で協力金を得た」と周囲に話したという点については?

全然、関係ない。あの人はそんなことしてくれへんで。自分のクビが飛ぶで。昔のこっちゃわ。

ー昔ということは以前、何かしてもらったことはありますか?

そんなもんできへんわ。アンタ何いっとんの。

ー協力金の申請はどなたがなさいました?

知らん。

ーHPにお店の名前が出ています。心当たりがないなら県に報告しては?

どうしたらええの? 適任者がちゃんとしてくれとるで知らん。

ー適任者とはどなたですか?

そんなもん今さら、どなたていわんでええやん。何をいうとんの。

ー息子さんが市役所にお勤めと聞きました。

うちらの知り合いの子もみんな市役所。そんなん関係ないやん。誰もしてくれへんよ。

ー確認ですけど協力金は受け取ってないということですね?

県が発表してるの? ほやったら聞いてみます。

どうも要領を得ない説明だった。協力金は知らないというのに、適任者に任せているというのは矛盾している。また随分前に閉店している口ぶりだ。話の発端は「コロナ以前よりはるか前に閉店したのに協力金はおかしい」という地元の指摘である。津市HPの2016年10月、「催し物のご案内」によれば「チャリティカラオケすずらん30周年記念の集い」とあるのも妙だ。町のいちカラオケ店のイベントが市のHPに掲載されるというのも何やら“配慮感”が漂う。津市HPの市長活動日記には記念の集いで前葉市長が挨拶している写真が掲載されていた。

津市HP「催し物のご案内 2016年10月」より。
市長活動日記(平成28年10月)より。

対して県側はどういう認識だろう。新型コロナウイルス感染症拡大阻止協力金事務係に確認してみた。連絡してみると家電メーカーやプロバイダーのコールセンターのような対応だ。三重県から事務手続きの委託を受けた業者ということで、本庁に確認するよう告げられた。担当部署は三重県中小企業・サービス産業振興課。担当者に不正受給の疑いがあることを伝えた。

「必要書類を提出していただき審査した上での協力金ですから、問題はないと認識しています」

Y氏本人が随分前に閉店した、と話したことを告げる。

「ということでしたら県としても再調査をします。申し訳ありませんが、調査結果についてはお知らせすることはできません」

当初、問題はないという見解だったが、コロナ以前から閉店していた旨を説明すると対応が変わった。

津市「市長が受給申請に関与した事実はありません」

前葉市長はY氏の協力金についてどう回答するだろうか。津市に事実関係を説明した上で質問してみる。

ー不正受給という認識はありますか。

いただいた情報が正しければ、不正受給に該当すると思います。情報源は明かさずに、津市に届いた情報として三重県に通報させていただきます。
 

ー「前葉市長のおかげでもらった」と周囲に言いふらした聞きましたが?

市長が受給申請に関与した事実はありません。

ーY氏の子息が市役所に勤務していると聞きましたが関係はありますか?

市役所が受給申請に関与した事実はありません。また、Yさんの息子さんが津市に勤務している事実もありません。

という回答(原文ママ)。「息子さん」について補足をするとY氏の内縁の夫の子だから把握してないかもしれない。ともかく両者の関係の深浅がどうあれ協力金取得に至る経緯は明らかに不可解だ。

前葉市長が特定個人の協力金取得を口利きしたというよりも本人の“ ブラフ”の可能性が高い。あるいは例によって関係者の“ 忖度”か。

政治家の後援者の中には「おつきあい」を誇示したり、悪用する、よく耳にする話だ。なにしろ自宅前に歴代市長の立て看板を設置するお方。そこは“語るに落ちる ”というものだ。

前葉市長は関与していない、という説明を信じたい。ところが自治会長事件においても百条委員会で田邊氏との関係を問われ「1000人の自治会長のうちの1人」と証言したのは大ブーイングだ。前葉証言に対して委員、地元関係者から疑問視された他、当の田邊氏も面識があったと強調した。Y氏との関係を取沙汰されても無理からぬこと。

地元政界関係者は前葉市長の後援者についてこんな印象を語る。

「最初の津市長選(2011年4月)で村主英明氏(現津市議)と4000票差という薄氷の勝利でした。市長は支持層固めのために人脈を増やした結果、怪しげな支援者も集まってきたということでしょう」

2選、3選と無投票で当選したのも地盤固めと人脈作りが成功したかもしれないが、そこは諸刃の刃。前葉市長の人間関係が足かせになってきた。



三品純 について

フリーライター。法政大学法学部法律学科卒。 月刊誌、週刊誌などで外国人参政権、人権擁護法案、公務員問題などをテーマに執筆。「平和・人権・環境」に潜む利権構造、暴力性、偽善性を取材する。

手遅れ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

【緊急告発】 前葉泰幸津市長の 後援会有力者が 感染拡大阻止 協力金を 不正受給!?」への3件のフィードバック

  1. 手遅れ

    市長は田邊氏への認識についてきちんと認めたほうがよかったと思う。長い目で見て、政治生命が延命されたはず。
    「私も職員も彼が怖かったし面倒やった」と認めれば、一時は非難を浴びても、人間味がある正直者として復活できたかもしれない。津市は田舎。そんな人を応援しないわけがない。
    もう手遅れですが。

    返信
    1. 三品純 投稿作成者

      対応の出発点を誤ったからどうしようもないですね。
      議会で市長さんがこれまで不適切な関係があったから是正するよう
      取り組みますっていえば良かったんですが。

      返信
  2. 匿名

    気になるのは立憲の党名?!岡田の支援関係?!自民党を批判している場合ではないのでは?!

    返信

関連記事

【武蔵野市】住民投票条例騒動 “税金ポエム ”自治基本条例が 元凶だ!

3カ月以上住民基本台帳に登録され、18歳以上の外国人住民にも投票権を認める東京都武蔵野市の「住民投票条例案」をめぐり議会、賛成派・反対派が紛糾している。同案は今月19日開会の同市議会で提出される見通し。「外国籍住民の投票 […]

【熱海市土石流】発生直前に 伊豆山に 土を運んだ「横浜ナンバー」ダンプを追え!!

「伊豆山で見かけたトラック」。11月8日の配信記事で今年2,3月まで土砂が熱海市伊豆山に搬入されたという関係業者の証言を紹介した。それどころか7月3日の土石流発生直前まで建設残土を運ぶ大型車両が伊豆山を出入りしていたとの […]

【熱海市土石流】南足柄市 岩原“天野造成地”の「グリーンシート」は 隠蔽目的!?

7月3日に発生した熱海市土石流からはや4ヶ月が経つ。この間の行政・警察の動きといえば静岡県・熱海市の黒塗り公文書公開、ようやく決まった同市百条委員会設置、遅すぎる家宅捜索…。事件の追及と真相究明の本気度を疑いたくもなる。 […]

【衆院選余話】和歌山一区 二階派・門氏が落選!「二階王国」終焉か、健在か?

甘利明幹事長、石原伸晃元幹事長、当選16回の野田毅氏ら自民党大物議員が落選した先の衆院選。全国的にはニッチな話題だが和歌山一区、門博文前衆議院議員も落選組の一人だ。過去の三選も全て比例復活。にも関わらず2019年に国土交 […]

【津市相生町 自治会長事件】「同和の窓口」地域調整室廃止が 廃止へ!? 松下被告が 明かした 過酷な人権業務

市職員155人の大量処分、盆野明弘副市長の辞任(12月3日付)。津市相生町自治会長事件で同市が下した処分に内外から不満の声が寄せられた。一つに「同和行政」に対する反省と総括が見えない点が挙げられる。これまで田邊哲司氏他3 […]

【熱海市土石流】天野‐篠崎 伊豆山 歴代地主コンビと 小田原市・守屋輝彦市長を つなぐ「点と線」

「総選挙後にXデーがある」。熱海市土石流で刑事告訴された天野二三男氏の今後をめぐって報道陣らからこんな声が漏れてきた。Xデーはあくまで隠語。意味は各々のご想像にお任せするが、11月中に何らかの“ 動き”があると囁かれる。 […]