学術・研究:部落探訪(195) 三重県津市中河原大井町

カテゴリー: 部落探訪 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

津市大井町は同和地区だが、住宅が建ち始めたのは伊勢湾台風後のことであり、この土地自体は近世の部落では全くない。現在でも住所表記上は中河原の一部である。大井町という自治会名も、津市民に広く認識されているというわけではないようである。

現地を訪れると、合計で100戸近い市営ニコイチ住宅、そして大井アパートという40戸の団地形式の市営住宅がある。

現地は明らかに人工的な町並み。高洲町ほどではないが、整然と立ち並ぶ公営住宅は壮観である。

ニコイチ住宅は昭和50年代初期の様式である。そのうちの1つに入る機会のあった三品純によると、内装はリフォームされてきれいだったが、家族5人で済むにはやや手狭だという。風呂はユニットバスではないが、ビジネスホテルの風呂のような小さなもの。住宅は当時の庶民の基準で作られたので、質素なものだ。

ちなみに、以前紹介した同和恫喝動画で「同和とかどうのこうの言うたなお前」と言われているが、これは恫喝されている人物が当時の大井町の町内会長(現在は別の人に交代)に同和と言ったという意味のようである。

町内の掲示物には人権を感じさせるものがあるが、解放同盟は活動していない。

ここが大井アパート。唯一の団地形式の公営住宅である。

ここには大井会館とさくら児童館が隣接している。訪れた時は壁の塗装工事をやっていた。

公園前のごみ集積所。相生町はゴミ箱が置かれているだけだったが、ここはしっかりしたものが作られている。

ニコイチ住宅群を一歩出た県道沿いは、郊外型の店舗が立ち並んでいる。

現在は高齢化が進んでおり、新しい住民は外国人、とくにフィリピン人が多い。意外にも外国人は自治会の活動に協力的で、外国人グループのリーダー格に伝えれば、LINEですぐに連絡事項を広めてくれるのだという。

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

学術・研究:部落探訪(271)香川県 丸亀市 川西町南

ここは香川県の被差別部落現地研修報告では丸亀市A地区として紹介されている。その立地は飯野山の麓に広がる農村地帯、香川県の特徴の1つであるため池のそばと記載されている。1990年頃は50数世帯、150人余り。 部落名は金山 […]

学術・研究:部落探訪(269)香川県 丸亀市 飯山町 東小川 西内

どうしても異常で異様な巨大同和地区ほど記事や動画の閲覧数が多くなるのだが、探訪の楽しいという点では、少戸数未指定地区の探索にまさるものはない。香川にもそのような部落があるので探索することにした。 昭和初期の記録では、綾歌 […]

学術・研究:部落探訪(268)香川県 綾歌郡 綾川町 小野、北

明治の文筆家、宮武外骨は著書『つむじまがり』で「予の先祖は備中の穢多であるさうな、予は讃岐の小野といふ村で生まれた者である」と書いていた。 宮武という名字は圧倒的に香川県に多く、岡山県では倉敷市に比較的多いのみなので、宮 […]

学術・研究:部落探訪(267)香川県 善通寺市 与北町 東原

『香川県の被差別部落 ―現地研修報告―』(安竹貴彦)で善通寺市D地区として紹介されている与北町(よぎたちょう)東原部落は、戦前は70世帯であった。主な産業は日雇い。過去の航空写真を見ると家が密集しており、農村ではなく労働 […]