【速報】津市相生町 田邊哲司 自治会長 逮捕

カテゴリー: 津市相生町自治会長事件 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 三品純

「田邊さんが最近、荷物を運び出している」市の告発状受理以来、こんな話が持ち込まれた矢先、本日早朝、補助金詐取の疑いで津市相生町自治会長・田邊哲司容疑者、塗装業・増田宏和容疑者が逮捕された。容疑は2014~2020年、二人が共謀し自治会掲示板を市職員に設置させたにも関わらず増田容疑者が経営する増田塗装に発注したかのように装い補助金を詐取していたというもの。告発状の不受理、後手に回る津市の対応と問題発覚からしばらく経つが一応の区切りを迎える。しかし市民、関係者からは「環境パトロールはどうした?」「掲示板どころじゃないやろ」「市幹部も同罪や」と不満が漏れてくる。

「差別」の二文字が虚しく木霊する

今月初旬、市の告発状が受理された、との一報から地元からたびたび「Xデー情報」が寄せられた。その瞬間をカメラに収めようと現地に飛んだが空振り。

そして休日を挟んでまさかのタイミングの逮捕だ。これには現地の事情通らも驚いていた。

「田邊さんの逮捕の瞬間を撮影したのはNHKと東海テレビでした。東海テレビは田邊さんの単独インタビューも行っています」(市政関係者)

自治会長事務所への家宅捜索で相生町には取材陣も殺到。田邊容疑者が保有するセンチュリーを撮影しようと探す報道陣もいたというが「事務所の車庫に隠すように置いてあった」(住民)という。

また市の関係施設にも捜索が入ったほか、「フードバンク三重理事長も引っ張られたが、参考人程度で夕方には犬の散歩をしていた」(地元住民)との話も寄せられた。フードバンク三重理事長とは市職員が利用する小料理屋「小梅」のママ、田邊容疑者の親密女性として当サイトもたびたび取り上げてきた。

前回のお知らせよりも完成度が高い。
前回配布したもの。

当サイトが同自治会長問題を報じて以来、特に田邊会長からの説明はなかった。だが今年に入り心境が変わったのか、1月末頃に町内への回覧文書で「同和問題」を持ち出し反論を始めた。さらに今月は津市広報とともに相生町自治会だよりを配布。前回よりも完成度は高い。「目に余る「差別」表現が飛び交っています!!」との表題で始まる自治会だよりには

「示現舎」という出版社が、昨年9月からインターネットに相生町のことを「同和地区」「都市スラム」などと差別的表現をして、相生町や田邊哲司自治会長の悪口を書きまくっています。相生町自治会は不正な支出で補助金はもらっていはいません。不当な誹謗(ひぼう)中傷です。なぜ、相生町自治会ばかり悪者にされるのでしょうか?

同和地区やスラムと書いたことが差別だろうか。それを言うなら、会長一派は津市教育長室で「日本全国の同和連れてきたるもんでな」と威嚇していた。都市スラムと言っても戦後から町の成立過程における特徴を説明したにすぎない。そればかりか相生町、また会長の悪口とは、何を示すものか。

ハイコストの環境パトロールや、請求額・請求書いずれも整合性がつかないゴミ箱設置、職員に対するパワハラ疑惑を指摘したことはある。それが悪口と言うのならば取材に応じて説明して頂きたかった。

一方、配布物についても不可解だと苦言するのは地元住民。

「最初の出来が悪い方(文書下)は配布係の人も困ったんや。“ こんな市の印がないものを勝手に配布してええんやろか”と困ったわけ。そやから中央市民館に聞いたら“ こちらでは判断できないから自治会長に許可をもらってほしい”という対応だった」

判断できないとは頭を抱える市職員の姿が目に浮かぶ。

しかし田邊会長逮捕によって少なくとも従来のような無理、無茶は通らないだろう。その点では津市職員も安堵かもしれないが、

「田邊さん来月、誕生日なんですよ。誕生日会をやらなくていいから市職員は一安心でしょう(笑)」

と地元事情通は一笑するが

「2人(田邊、増田両容疑者)が何をしゃべるかで市職員にも捜査が入るかもしれませんね」

というのは当然の話。逮捕されても苦痛、逮捕されなくても苦痛、一部幹部の命令で「やらされた」職員には気の毒だが、しばらくは不安の日々が続くことだろう。

次回は増田容疑者の直前の声をレポートする。

*なお先日、指摘があった田邊会長が岡前議長おろしに関わったとする辻美津子市議の証言で一部誤りがあったとツイッター上で報告しました。しかし再調査の結果、事実関係に大きな誤りはありませんでしたので、特に訂正はないものとします。

問題の掲示板。

三品純 について

フリーライター。法政大学法学部法律学科卒。 月刊誌、週刊誌などで外国人参政権、人権擁護法案、公務員問題などをテーマに執筆。「平和・人権・環境」に潜む利権構造、暴力性、偽善性を取材する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

【速報】津市相生町 田邊哲司 自治会長 逮捕」への3件のフィードバック

  1. toutsuha

    辻美津子市議も百条委員会で嘘吐いてたんですねw
    地方自治法第100条第7項に抵触しないんでしょうかね

    返信
  2. つかさ

    やっと逮捕か
    ほかの件もlたくさんあるから全部立件して起訴してください
    あと、津市長以下、この件で田邊に便宜を諮った者も当然責任を取るべきですよね
    腐れ市議もね

    返信
  3. 地べた

    いやあ毎度毎度いい記事をありがとさんです。
    逮捕を受け、市長がコメントを出しました。
    その中に「市がだまされて」と、あります。アホなのかこの市長は!
    市も共犯やないか。津の街に住んでたらそんなこと誰でもわかることや!少なくとも敬和地区の常識や!あんたも地元やろ!そら、優秀なオツムやったから地区外の中学へ行って、さらに優秀やったからはるか東の大都会の最高峰大学へ行かれたようやが、再度地元へ戻って地べたを這いずりまわるように暮らしてみなはれ。みんなの気持ちもわかろうというもんや。

    返信

関連記事

【津市自治会問題】ごみ箱補助金詐取で 柳山港中路町自治会副会長に 有罪判決

津市相生町自治会長事件から再び――。自治会のごみ箱設置の補助金を津市から詐取したとして、詐欺罪を問われていた津市港中路町自治会元副会長、前田紀行被告に対して26日、津地裁は懲役1年4月(求刑1年6月)、執行猶予3年を言い […]

【津市の闇】田邊氏、維新新人市議 “圧力 ”のウラに「政活費不正」福田慶一市議が いた!

長らく報じてきた「津市相生町自治会長事件」。当の田邊哲司氏は裁判で起訴事実を認めたものの、『津市役所の闇 津市自治会問題』(田邊哲司、三重タイムズ編集部)で反論を試みている。本書は先般の津市議選(投開票1月23日)を想定 […]

【津市相生町 自治会長事件】田邊哲司著『津市役所の闇』を ファクトチェック【後編】

前回に続き津市相生町自治会長事件の当事者、田邊哲司氏の『津市役所の闇』(タイムズ出版)のファクトチェック。津市長、幹部、しかも自身のイタい話も晒した内容に「津市役所内ではベストセラーです」(市議)というのはうなずける。特 […]

【津市相生町 自治会長事件】田邊哲司著『津市役所の闇』を ファクトチェック【前編】

12月13日、津市内限定で発売された『津市役所の闇 津市自治会問題』(田邊哲司、三重タイムズ編集部)が地元関係各氏の間で話題だ。お騒がせ書評家・豊崎由美風の「田邊哲司はご存知? 知らなかったらおバカさん、無知蒙昧な文盲さ […]

【津市相生町 自治会長事件】「同和の窓口」地域調整室廃止が 廃止へ!? 松下被告が 明かした 過酷な人権業務

市職員155人の大量処分、盆野明弘副市長の辞任(12月3日付)。津市相生町自治会長事件で同市が下した処分に内外から不満の声が寄せられた。一つに「同和行政」に対する反省と総括が見えない点が挙げられる。これまで田邊哲司氏他3 […]

【合特法の闇】合理化事業の当事者、岡村市議と 市職員の ゴルフコンペは「趣味」では済まされない!

合特法を根拠に下水道整備で売上が減少したし尿汲み取り業者に対して廃棄物、ごみ収集業務などの代替事業を提供して補填する「合理化事業」。一部業者の利権の温床となり訴訟、住民監査請求に発展することもある。自治会長事件で全国を震 […]