【速報】李容洙記者会見 配布文書を入手!

アバター By 三品純

従軍慰安婦活動家の李容洙イヨンスさんが5月25日、大邱市寿城区晩村洞のインターバーゴ・ホテルで記者会見を開催。改めて支援団体について「慰安婦問題を30年間、利用してきた」と批判した。会見では李さんは事前に用意した文書を作成。同文書は6項目に渡る決意表明、今後の活動方針などが記されており、その全文を入手した。

正義連を批判しても日本批判は変わらない。

私は慰安婦でした。 ただの慰安婦ではなく、日本植民地時代、日本軍の台湾の駐屯神風特攻隊の強制動員慰安婦被害者でした。

植民地支配からの解放後、誰にも明らかにできなかった私の人生の傷を一般に公開したのが、1992年6月25日です。勇気を出すことが難しく、自分ではなく友達であるかのようにその当時、挺対協は偽りの被害を受け付けていました。 

その後、1992年6月29日の水曜集会を皮切りに、当時の惨状と被害、そして人権蹂躙を告発し、私たち人類に再びこのようなことが繰り返されないよう、他の被害者のおばあさんたちと一緒に問題解決と人権運動を始めました。 

お互いに存在も知らなかった被害者のおばあさんたちは、それぞれ経験した惨状と人権蹂躙を語り、抱きしめて涙で痛みをともにしました。

 このように始まった慰安婦被害者問題の解決に向けた闘争が30年になろうとしています。 この闘争を通じて、後ろ指を差され偽りを恥じた李容洙から、私自身の李容洙を見つけました。 亡くなった被害者のお姉さんと一緒に、この問題を必ず解決したかったです。 しかし、両国政府の誠意のなさと国際関係の中で、その結実はまだ見えていません。 

私は前回の記者会見と文書を通じて、今までの方法では問題の解決はなお遠いという事を国民に申し上げながら、これから改善すべきことについて申し上げました。

しかし、私の記者会見以来展開されている状況は、私が期待した状況ではありませんでした。

 30年間、同志と信じた彼らの行動とは信じられないことが露わになった状況で、私は恥ずかしさと裏切り、怒りなど様々な感情を感じました。 

しかし、私は二つは必ず守られなければならないという思いで今回の記者会見を準備しました。 私を含めた慰安婦被害者の名誉回復と日本の謝罪と賠償および真相の開示、そしてその間遂げてきた闘争の成果が損なわれてはいけないということです。

私が慰安婦被害者であることを告白した後、本当に長い年月を過ごしてきました。私はこの道を守るために心を引き締めてきました。

それで今日、この場で国民の皆さんにお願いを申し上げたいと思います。 私は、現在明らかになった問題は、我々大韓民国がこれまで成し遂げてきた市民意識に基づいて補正され、修正されていくことを信じています。

我々は、未来に向かう足どりを止めてはいけません。そのような道に「市民主導方式」「30年の闘争の成果継承」「プロセスの透明性の確保」の3つの原則が守られる前提の下、今後私が思うの活動の方向をお話ししたいと思います。

最初に慰安婦被害者問題の解決に向けた方策が早急に出なければならないということです。 長年近い家族にさえ被害事実を明らかにできなかった多くの被害者の名誉を回復できる、現実的で実現可能な案を、韓日両国政府と市民社会が責任を持って、頭を突き合わせて作り出さなければならないと申し上げます。

第二、前回も申し上げたように、韓日関係の未来志向的発展のための具体的な交流方案と両国国民間の共同行動などの計画を作成し推進することを願います。 

第三に、韓日両国をはじめとする世界の青少年たちが、戦争によって平和と人権が蹂躙された歴史をもとに、人類が進むべき道をともに悩み体験できる”平和人権教育館”の建設を推進していきたいです。

第四に、慰安婦問題解決に向けた教育と研究を進めて実質的な代替と行動を作り出すことができる機構を新たに構成して早急に被害救済が行われるようにしなかればならないと思います。

第五に、前に申し上げたことは少数の有名人や外部の依存するのではなく、これまで挺対協と正義連名が成し遂げた成果をもとに、私たち国民の力で新しい機能を準備しなければならないと考えます。

第六に、今回の事態を機に開放性と透明性に基づいたオペレーティングシステムの構築が議論されることを望みます。事業の選定から運営規定、市民の参加方法、プロセスの共有と結果の検証まで、誰でも頭を縦に振る議論が行われることを期待します。 

最後に申し上げるのは、これまでこの運動が市民の支持と声援で成長してきただけに、市民の声を集めることが必要だと思います。 私をはじめとした活動家、そして国民のみなさんが現在の状況をどのように解決すべきか困惑していると思います。 私は闘争過程の問題が公論化されることを期待していたのですが、様々な問題が明るみになり複雑になっているようです。 私には運動の中で助けてくれた皆さんがいます。まず一歩を踏み出し、新しい道を開いてきた方々が、明るい知恵で市民とともに問題を解決できるよう、ご協力よろしくお願い申し上げます。

 私は今年93歳です。 私の残り時間はあまりありません。 何かの利益を期待しているわけではありません。 被害者の意志と無関係に歴史の渦の中で無力に受けなければならなかった我々の苦しみが二度と繰り返されないよう、未来の我々の子孫が加害者であったり被害者にならないことを願います。

 今、誰もが心配しているコロナ19ウイルスに対応する大韓民国国民は、すでに新しい道を作り出しています。 過去と現在と未来が共にその道を磨いていると思います。 どの道にも上り坂と下り坂は一緒です。 大切なのは一歩だと思います。 私たちのための全ての一歩を、これからは国民が一緒に歩んでくださることを願います。 ありがとうございます。 

挺対協の成果は否定していない

活動は継続する模様。

以上が全文だが、この通り要求闘争自体は継続するようだ。会見でも慰安婦問題の解決には「日本の謝罪と賠償が不可欠」と訴えており、主張自体は従来通り。細部を見ていくと李氏が訴えるところの3つの原則「30年の闘争の成果継承」に注目してもらいたい。確かに李氏は挺対協・正義連、尹氏に対して批判的な立場を取るが、しかしその活動成果自体は評価している。本来、この対立劇は日本の活動家にとってもダメージには違いない。そんな中で李氏が表明した「30年の闘争の成果継承」という文言は日本の活動家の拠り所になっている。

それにしてもこれまでの主張や活動と何が違うのか理解に苦しむ文章だ。未来志向といった定番のフレーズもあるが、それならば2015年の日韓合意はなんであったのか? また人権活動家、反戦活動家は得てしてハコモノ事業を好むものだがここでも「平和人権教育館」という形で出てきたのが興味深い。しかしそうした施設自体が利権や不祥事の温床になる。ナヌムの家が最たる例ではないか。

どうあれ従軍慰安婦問題による反日攻勢は変わらないと見るべきだろう。

カテゴリー: 韓国 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
アバター

三品純 について

フリーライター。法政大学法学部法律学科卒。 月刊誌、週刊誌などで外国人参政権、人権擁護法案、公務員問題などをテーマに執筆。「平和・人権・環境」に潜む利権構造、暴力性、偽善性を取材する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo