学術・研究:部落探訪 (127) 奈良県大和郡山市 西田中町・新町

アバター By 鳥取ループ

今回は読者からリクエストのあった、大和郡山市西田中町にやってきた。1935年の記録では380世帯とあり、規模の大きな部落である。

第一印象は、道が広く、綺麗に整備され、建物が大きく、築年数・デザインという意味でも非常に新しいことだ。新しいニコイチと、「御殿」が入り混じっている。

この地区で改良事業が始まったのは1992年と平成になってからで、2003年に同和事業が終了した後も一般対策という名目で事業が継続され、2014年に完成した。最も新しいニコイチは2008年頃に作られた。

住宅地の中に、なぜか肉屋が何軒かある。

奈良ではあちこちでチェリオの自動販売機を見かける。500mlのボトルも軒並み100円なのが有り難い。奈良は日本でも一番物価が安いことで知られる。こういったところでも、そのことを実感する。

21世紀自由公園という素晴らしいネーミングの公園。地区は高齢化していると言われる割には、ご覧の通り子供の自転車が多数あり、多くの子供が遊んでいた。

この地域の改良事業には250億円が投じられ、その6割が国庫補助だという。それが住民1人あたりどれだけの金額かということを思えば、同和地区を特定するような情報の公開は差別だと発狂している人々は、自分たちの行っていることはむしろ同和問題に対する無理解と反感を助長することだと気づくべきだろう。

この地では、古代に大量の瓦が作られていた。瓦と言えば、それを作る技術を持ち込んだのは大陸からの渡来人。ということは、この部落の起源は渡来人に由来しているのではないかと想像してしまう。

これは清水神社。

この公園の近くには浄土真宗本願寺派の寺が3つも集まっている。なぜ3つも寺があるのか? それぞれの寺に聞いてみたが「知らない」と言われてしまった。本当に知らないのか、何か隠しているのかはよく分からない。

改良住宅以外の家は、どれも大きな家ばかりだ。その中でも目立ったのが、この家。コンクリートの建物の上にペントハウスのような家がある。

ちなみに、ニコイチの家賃は1万3000または1万5000円。改良住宅なので、原則として地元住民しか入ることはない。ただ、今後空きが出た場合は一般の市営住宅と同じく公募されるそうだ。

奈良では定番の、とても安い公衆浴場。大人200円、子供100円なので、近くで用事がある時はぜひ利用したい。

こちらが隣保館。露骨に同和を強調するものは見られない。

共同墓地は浄土真宗ばかりかとおもったら日蓮宗らしき墓石もある。名字は様々で、いろいろな人が住んでいるという感じだ。

歩いていると、少し景色の違う住宅地が現れた。ここにもニコイチが立ち並んでいるが、平屋根で、明らかに昭和50年代初期の形式だ。

道も整備されているが、明らかにさきほどの場所とは規格が違う。ここは西田中町に隣接した新町という地区になる。

探訪した日は統一地方選の後半戦真っ只中。公衆浴場(新町温泉)の前では選挙の候補者がビラ配りをする姿が見られた。

公衆浴場などの施設が別にあるということは、隣接していてもここはまた別の部落だということだ。

隣保館の裏手にある広場。

隣保館の近くに墓地があるが、明らかに西田中町の墓地とは様相が異なる。浄土真宗、日蓮宗、禅宗と様々な宗派が入り混じっている。歴史的にも西田中町と新町は別の部落であることを示唆している。

学術・研究:部落探訪 (127) 奈良県大和郡山市 西田中町・新町」への9件のフィードバック

  1. アバター放浪流民

    ぜひ訊きたかったのですが、
    新車阪と呼ばれる部落は
    新町のことなのでしょうか?

    A川姓が多いとのことですが。

    返信
  2. アバター匿名

    西田中町と新町は小学校の校区も別です
    昭和50年代は西田中町の方がカオスな町でしたよ

    返信
  3. アバター中世史愛好家

    『部落解放研究 No.197 2013.3』 「被差別部落寺院をめぐる社会的関係の様相」奥本武裕 
    37~38頁 表2より抜粋 ※明治5年「添下郡諸寺院詳細簿」他からまとめられた様です。

    添下郡野崎村 西光寺 本願寺派 檀家数 62 住職 有
         〃    正念寺 本願寺派 檀家数 37 住職 有
    〃    浄光寺 本願寺派 檀家数117 住職 兼務  だそうです。ご参考まで

    返信
    1. アバター鳥取ループ 投稿作成者

      ありがとうございます。檀家数から考えると、部落内でも別々の寺の檀家に別れていたということでしょうか。

      返信
  4. アバター通りすがり

    いつも見ています。頑張ってください。秘境地である曽爾村、御杖村 そして毛皮の町菟田野町も是非お願いします。

    返信
  5. アバター1ファン

    部落内の墓地に南無妙法蓮華経は刻まれている場合、それが伝統的に日蓮宗信徒のものとは判断できないと思います。昭和30年ー40年代に創価学会による折伏が猛烈に行われました。今では学会と日蓮正宗宗門とは絶縁状態ですが、50年代くらいまでは創価学会員の墓にも南無妙法蓮華経が刻まれていました。墓の築年代に注意しないとその墓が伝統的な日蓮宗徒のものか創価学会員のものかを間違えるかもしれません。私は関西の部落内の墓地にある南無妙法蓮華経は創価学会系だと思います。

    返信
    1. アバター鳥取ループ 投稿作成者

      私としたことが、創価学会も一応法華宗系統であるということを忘れていました。確かにその視点は大事です。
      南無妙法蓮華経の墓石を見つけたら、戒名が使われているかどうか、埋葬時期も注視してみようと思います。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です