部落解放同盟大阪府連合会による 大阪府部落調査

カテゴリー: ウェブ記事 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

示現舎は1935年の全国部落調査を公開して出版禁止にされてしまったが、一方で部落解放同盟大阪府連合会が一昨年も昨年も部落調査を実施した。示現舎では、その結果概要を入手した。

文書のタイトルは「暮らしのアンケート調査報告書」。部落の調査と明示されていない所に配慮が感じられる。

対象者は「部落解放同盟大阪府連合会傘下の各支部の支部員及び本調査に協力していただく地域の世帯の世帯主」とされる。要は部落の中でも解放同盟員と、その協力者を対象にしたということである。

調査は2回に分けて行われており、今回の結果は「第2次調査」のものである。

そして、これがアンケートの配布と回収の状況だ。これを検証すると興味深いことが分かる。

大阪の部落に同盟員は多いのか少ないのか? 筆者は非常に多いのではないかと感じた。ただ、地域ごとのばらつきが非常に大きい。

大阪市内の部落の世帯数は「50年のあゆみ」により2000年頃のものが分かっている。

それと比較してみると、例えば生江地区では2000年に736世帯であり、現在もなお300世帯にアンケートが配布され、216世帯分回収されたということは多いように思う。ちなみに、2015年の国勢調査によれば、同和地区とされた生江3丁目の世帯数は968世帯なので、「50年のあゆみ」の世帯数が同和関係世帯に限ると考えても、やはり多い。

一方、加島地区は「50年のあゆみ」の世帯数が353世帯、2015年の加島1丁目の世帯数が1757世帯であり、もともと地域全体の世帯数と同和関係世帯と思われる世帯数の乖離が大きい。ただ、それでも186世帯にアンケートが配られ、166世帯から回収されたということは、少なくないように思う。

極体に少ないのは西成地区である。「50年のあゆみ」によれば10443世帯で、アンケートが配布されたのは450世帯、回収されたのは250世帯に留まる。西成地区ではもともと解放同盟の組織率が低いと考えられる。

ただ、繰り返しになるが調査対象者は「部落解放同盟大阪府連合会傘下の各支部の支部員及び本調査に協力していただく地域の世帯の世帯主」なので、地域全体の状況を反映したことにはならない。もちろん、中津、舟場、長柄、日本橋といった、同和地区指定がされず、解放同盟も組織されなかった部落は調査の対象外である。

調査結果よれば、回答者の2人に1人が高齢者で、大阪府全体の高齢化率の2倍になっていることを指摘している。ただ、それは解放同盟員の世帯が高齢化しているということを言っているだけで、部落や同和地区が高齢化しているというわけではない。

もちろん、調査結果には部落とか同和といったことは書かれていないのだが、それにしても、何のために何を調査したいのか、よく分からないものであることは間違いない。

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

音野 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

部落解放同盟大阪府連合会による 大阪府部落調査」への8件のフィードバック

  1. 音野

    現在同和地区指定されてない峯地蔵も載ってますね
    高槻の春日って元々同和地区に指定されていたり、解同が結成されていたんでしょうかね
    人権ふれあいセンター的な施設ならありますが

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      峯地蔵というのは淡輪支部のことでしょうか?
      地区指定されていないというのは初めて知りました。
      参考文献等あれば教えて下さいませ。

      返信
  2. 北芝、浪速など表記されていない所はなぜなんでしょう
    運動自体が下火になっているからでしょうか。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      残念ながらそれは分かりません。
      これは2次調査なので、単に1次調査でやったからということかも知れません。

      返信
  3. 淡輪四区

    こんなのみつけました。
    【大阪の街探訪】大阪府泉南郡岬町淡輪 消滅した同和地区(部落)
    ttps://matome.naver.jp/odai/2150142764555647801

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      ありがとうございます。
      実際、淡輪ってどういった扱いなんでしょうか。
      解放同盟は組織されているものの、正式に同和事業は実施されなかったということなのでしょうか。

      返信
      1. 音野

        峯地蔵は戦前堀田又吉って人が主導して融和事業が行われてたようですね。
        「大阪の同和事業と解放運動」には峯地蔵の名前が挙げられてるますね。
        鳥飼とか林みたいな地区ですね。解放同盟も結成されていたようですし、小規模な改善事業が行われていたのかもしれませんね。

        返信
  4. 大阪府人権啓発委員会

    結構若い人でも子供の保育なりで有利になりやすいといった理由でも同盟員でいることに繋がるようですね。団地とかは公明支持者が多くても同盟員が多いことも珍しくないとか。

    返信

関連記事

【Colabo問題】“ネオ同和” 東京都若年 女性支援事業に マスコミが 肩入れする理由

まさに第二の同和事業? 東京都若年女性支援事業の委託団体の一つ「一般社団法人colabo」(仁藤夢乃代表理事)の会計報告、活動内容の疑問点をSNS上等で告発する暇空茜(ひまそらあかね)氏に対し弁護士とマスコミが“ 連帯” […]

【王将研究】大連撤退、稲盛和夫、PCR検査…「王将人脈」にチラつく 同和と中国

餃子の王将、大東隆行社長銃殺事件の追跡取材。事件の一方で、王将周辺を探ると「中国人脈」が浮かび上がった。在大阪中華人民共和国総領事館と大阪市が共催する「中秋名月祭」実行委員長、王天佐氏がその一人。周辺情報によると王将が中 […]

学術・研究:部落探訪(293)埼玉県 狭山市 柏原 下宿

柏原(かしわばら)の部落は高杉晋吾『部落差別と冤罪』で、狭山事件に絡めて引き合いに出されている。狭山事件との接点と言えば、石川一雄氏の友人で一度逮捕されたものの釈放された東島明氏がこの地区の出身である。 なお、石川一雄氏 […]

星野ロミ出所後初YouTube出演 漫画村×破産者マップ 日本最凶サイト対談

去る11月12日、漫画村運営者星野ロミ氏と破産者マップ運営者遠藤有人氏のYouTube対談を公開しました。漫画村がどのように漫画を配信していたのか、またアフィリエイト会社等との関係を語っています。破産者マップは個人情報保 […]

先鋭化する 現代アート業界は 社会の 厄介者!?

政党、芸能界、学界、社会の広いシーンで「先鋭化」が進む昨今、美術界も例外ではない。作品に歴史認識問題、政治イデオロギーを込めるのは2019年、「あいちトリエンナーレ」が最たるもの。芸術家たちは自身の作品で平和や正義を説く […]

学術・研究:部落探訪(292)熊本県 熊本市 南区 城南町隈庄 萱木

熊本では数多くの部落を探訪する準備をしてきたものの、いろいろあって気がついたら日没が近づいていた。最後の探訪先に選んだのが萱木(かやのき)である。ここを選んだ理由は、たまたま今いる場所から近かったからである。 地名で言え […]