学術・研究:部落探訪(274)香川県 高松市 前田東町、前田西町 “中川”

カテゴリー: 部落探訪 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

事前に予定していた部落を探訪した後、時間が余ったため、急遽訪れたのがここ。地名で言えば前田東町と前田西町。中川上、中川下とも言われた部落である。

戦前はそれぞれ33戸、16戸だったと記録にあり、2つの部落は隣接している。特に密集地区ではなく、比較的土地に余裕のある農村部落のように見える。

新川の堤防道路から探訪を開始した。なお、この石碑は部落とは関係なさそうである。

堤防の下にソーラーニコイチがあるので、ここが指定同和地区であることがすぐに分かる。

この場所は前田西町である。しかし、昭和初期の地図では「中川」と書かれている。前田東町、前田西町が部落というわけではなくて、その外れに小さな村がある。

現在でもこの場所の小字は中川である。そして、前田西町の側は新川の川下に位置するので、ここが「中川下」ということだろう。

香川県の同和地区では、自動車が物置代わりに置かれているのをほぼ全ての地区で目にしたが、ここでも道路上に置かれていた。しかも、タイヤが外され、簡単には動かせないようになっている。

そこから少し西に歩くと、高松市中川文化センターがある。隣保館である。隣に児童館が併設されている。

この施設の前の道路が前田東町と前田西町の境界となっている。

琴電長尾線西前田駅の近くのこの辺りは前田東町である。西前田駅のある場所は前田東町なので注意されたい。

記録によれば中川下は商業と農業が中心で生活程度は悪くなかったとされる。一方、やや世帯数の多い中川上は日稼ぎが中心だった。

この団地形式の改良住宅にも太陽熱温水器があり、ベランダではなく屋根の上に戸数分だけ載っているのが壮観である。

地図を見ると小字は「下所」となっているが、下所の中心はもっと南側であり、ここはあくまで中川の一部のようである。

前田文化センターという施設もある。

ただ、これは市の施設ではなくて地元の自治会館のように見える。名字は杉田が多く、善通寺市の与北町等と人の交流があったことが推定される。

本来はあまり良いやり方ではないように思うのだが、農村部落でもニコイチが建ち、持ち家と混在したような状態になるのが香川県の全県的なやり方のようである。

この地域も、高松市民にとっては、いろいろな意味で印象深い地域のようである。

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

匿名 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

学術・研究:部落探訪(274)香川県 高松市 前田東町、前田西町 “中川”」への9件のフィードバック

  1. 匿名

    地元です。レポートありがとうございます!
    この辺は昔からガラが悪いから近づくなと言います。

    香川県の探訪、大変有意義でした。高松市内の指定地区はあと三つあると思いますが、探訪済みでしょうか?一つは探訪済ながらお蔵入りというのがその三つのうちのどれかですかね。

    返信
  2. 匿名

    ここが面白いから前から
    拝見しています。
    何か最近はコメント欄が騒々しくて
    見ているだけでゾワゾワしますね。
    色んな意見があるから面白いんですけど、
    ワハハって最後に言う人、
    粘着質で気持ち悪いですし、
    みっともないですよ。
    私は決して筆者ではありません。

    返信

関連記事

学術・研究:部落探訪(281 後編)京都府 八幡市 八幡 六区

前回訪れたポンコツ街道は部落内ではなく、部落の南外れの、もともと田畑だった場所である。 昔から部落があった場所は、現在の八幡軸、八幡長田周辺の複数の小字にまたがる範囲で、昔の航空写真から、ここに住宅が密集していたことが確 […]

学術・研究:部落探訪(281 前編)京都府 八幡市 八幡 六区

今回は八幡市の「六区」という部落を訪れた。この部落は規模が大きく、見所も多いので、前編後編に分けて紹介する。 前編で訪れたのは部落の南側、京阪国道から分かれる道にスクラップ業者が集中している、通称「ポンコツ街道」である。

学術・研究:部落探訪(280)滋賀県 野洲市 小篠原 和田

野洲市小篠原と言えば、野洲駅と市役所ががある、野洲市の中心街だが、その地域の和田という地区が部落である。明治初期は10戸、昭和初期は51戸。1996年頃は205戸であった。 もとは低湿地帯の小さな村であったが、市街化地域 […]

学術・研究:部落探訪(279)滋賀県 近江八幡市 若宮町

近江八幡市若宮町は滋賀県内でも異色の部落である。中小森3部落の中では最大規模であるが、同和地区指定がされていない。その経緯は10年以上前の記事「同和地区指定を拒否した全国水平社初代委員長の故郷」に書いたので、ぜひ読んでい […]

学術・研究:部落探訪(278)滋賀県 近江八幡市 池田本町 住吉

中小森3部落のもう1つを探訪する前に池田本町住吉に立ち寄った。中小森に近いが、ここはかつての池田村であり、中小森3部落には含まれない。江戸時代は木原村、その後池田村枝郷西村となり、桐原村の一部となった後1954年に近江八 […]

学術・研究:部落探訪(277)滋賀県 近江八幡市 大森町

『近江八幡の部落史 くらしとしごと』によれば、かつての村名は「細工(さいく)」で、文字通り竹細工を作っていた。しかし、竹細工が村名の由来であるとは断定できず、地元の寺から「西久」と書かれた紙が出てきたというので、途中で漢 […]