学術・研究:部落探訪(242) 静岡県 掛川市 浜野

カテゴリー: 部落探訪 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 啓発センター

前回は千浜を訪れた。せっかくここまでやってきたので、近くにある浜野の部落を訪れることにした。ここはかつての戸数が39、「西区」と称された。文字通り、浜野の西の端に位置している。

この部落の歴史はよく分からなかった。しかし、隣保館が存在することから同和地区指定されたことは間違いなく、白山神社と日蓮宗の組み合わせから歴史的な意味でも静岡の部落の鉄壁の条件が揃っている。

これは休心庵という建物。地図によって寺の記号があたりなかったりする。しかし、これは間違いなく寺である。

裏手には墓があり、花が供えられている。

境内はそこそこ広い。

住職は常駐していないが、寺の機能を備えている。ステレオスピーカー付きのブラウン管テレビが懐かしさを感じた。

古い家、新しい家が入り混じっている。千浜のような大規模な改良は行われてはいないが、それでも道は整備されているように見える。

そして、白山神社へ。コロナ終息のための祈願がされている。このように昨今の時勢を反映したものをしばしば他の神社でも目にする。読者もどこかの神社に通りがかったら注意して見てみよう。

この神社は社殿の中で集会できるようなものではなく、質素なものだ。

ここでも皇室の慶事に因んだものがある。

再び寺の方に引き返すと…

立派な集会所がある。市の施設かと思ったが、市のウェブサイトに該当する記述がないので、ただの自治会館ではないかと思う。

実は、隣保館は少し離れたところにある。

三邑院という臨済宗の寺があり、その近くの墓地から少し歩いてみる。

サッカーが出来る広い敷地の中にあるこの建物が隣保館だ。全隣館加盟館リストに載っており、掛川市では福祉館と呼ばれているようだ。

この日は閉まっていたが、使われている形跡がある。立地としては部落から離れているし、部落内に立派な集会所があるので、隣保館が必要かと言えば必要ないように思う。

鳥取ループ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

学術・研究:部落探訪(242) 静岡県 掛川市 浜野」への2件のフィードバック

  1. 我流style

    掛川市の中、千浜、浜野から静岡に飛んじゃいましたね~
    探訪していない所を効率よく回るには西からですと浜松市春日、冨吉 磐田市国府台、菊川市下平川(奥ノ谷)河東(一之谷)島田市金谷(番生寺)、島田市松葉町、吉田町神戸、焼津市三ヶ名、藤枝市藤枝が効率的かと・・残念なのは千浜から1山超えれば河東で車であれば数分の距離であったことが・・

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      時間が限られていたのと、どうしても白山町に行きたかったのです。掛川近辺はまたチャレンジします。

      返信

関連記事

学術・研究:部落探訪(255)滋賀県 東近江市 御園町

今回訪れたのは御園町。かつては薗畑という名前で、例のデータだと昭和初期には103戸の部落だった。近世は横井村と呼ばれ、明治初期の記録では156戸とあるから、明治以降から昭和初期にかけて世帯数が減った珍しい部落である。 さ […]

学術・研究:部落探訪(254) 京都府 相楽郡 笠置町 有市(前編)

笠置町は京都府内では井手町に次いで同和関係者の比率が高い自治体として知られる。その理由は、笠置町自体が全国でも最少クラスに人口が少ない町である上、有市という農村部にしては大規模な同和地区を抱えているためである。 戦前の記 […]

学術・研究:部落探訪(253) 滋賀県 愛知郡 愛荘町 山川原

戦前の記録では、山川原の戸数は144、生活程度は中。あそこは部落ではないと言われるくらいに、住民は豊かだったと言われる。江戸時代は「川原村枝郷皮田」が正式な名称であり、野良田村という通称もあった。それが、明治4年の解放令 […]

学術・研究:部落探訪(252) 滋賀県 愛知郡 愛荘町 川久保

「夜も煌々と電燈の光が川久保村の空一ぱいに輝き、まるで不夜城のようでした」―いにしえの滋賀県の部落を記録した書、『滋賀の部落』にはそう記されている。1931年(昭和6年)当時の戸数は25戸134人、 1996年時点で72 […]

学術・研究:部落探訪(251) 滋賀県 愛知郡 愛荘町 長塚

筆者が長塚を訪れるのは初めてではなく、実は10年ほど前にも一度訪れている。その頃と何も変わっていないように見えた。その時の様子は『同和と在日②』に書いている。 昭和初期の戸数は50。生活程度は悪くなく、明治21年の調査記 […]