学術・研究:部落探訪(185) 東京都昭島市拝島町4丁目

カテゴリー: 部落探訪 | タグ: | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

拝島と言えば青梅線の乗換駅として有名だが、駅から少し離れたところに部落がある。昭和初期の記録では26軒、地区名は「第6区」と記されている。ここにも白山神社があり、弾左衛門配下の穢多村であった。

一応東京都下なのだが、都心からかなり離れていることもあって、埼玉県や神奈川県の地方都市と雰囲気は変わらない。

近くには小さな自動車用品の販売会社やリサイクル会社がある。

そして、奥多摩街道沿いに小さな神社がある。何神社なのかは書かれていないが、これは紛れもなく白山神社である。

白山神社の前には小さな空き地があり、周辺には古い家がある。

古い家、新しい家が入り混じっているが、確かにここが古くからの農村であった痕跡がある。

ここは墓地。戒名から推測すると、多摩地域の他の部落と同様に、時宗であろう。宮川、宮松、宮崎など「宮」のつく名字が大部分である。

「文政」と書かれていることから、ここが間違いなく古くからある墓地であることが分かる。

ただ、周囲の家の表札を見ると、宮のつく名字とそうでない名字が入り混じっており、融和していることが分かる。

白山神社近くの住民に聞いてみると、神社の氏子は現在20軒ほど。昭和初期の記録と大きく変わっていないのが意外だった。神社の氏子と町内会は別で、町内には多くの移住者がいる一方、神社の氏子は古くからの住民だという。氏子の戸数はほとんど減っていないのだが、若い人は出ていくので、今では老人ばかりになってしまっているそうだ。

ここも一見すると、ただの都市の一角に過ぎないのだが、そこにかつての農村が埋もれており、しかも高齢化が進んでいるということなのだ。都市の農村も田舎の農村も事情は変わらないということか。

かろうじて昔の部落の様子を偲ぶことができるのは、今が最後のチャンスなのかも知れない。

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

学術・研究:部落探訪(185) 東京都昭島市拝島町4丁目」への2件のフィードバック

  1. 匿名

    宮松家のお墓の写真が使われていますが、許可は取りましたか?とった場合は誰にとったか教えてください。
    私の祖父母とご先祖様のお墓です。
    部落の説明の記事で使われていることがとても悲しいです。
    許可をとっていないようでしたら削除してください。

    返信

関連記事

学術・研究:部落探訪(286)埼玉県 本庄市 児玉町児玉 吉田林

小林初枝『こんな差別が』には次の記述がある。 私の友人の弟で岩上姓なる青年が、部落外の娘と恋仲になりましたが、娘の親戚から、「せめてもう少し離れた土地の岩上なら、世間さまへいいわけもきくが、児玉で岩上といやあ、だれでもい […]

学術・研究:部落探訪(285 後編)埼玉県 本庄市 児玉町児玉 下町

前回に引き続き、下町の探訪である。そもそも「下町」とはどこの、どの範囲を指すのか、文献だけでは分かりにくかったが、現地を探訪するうちに次第に全容が分かってきた。 それを理解する鍵は、小林初枝『こんな差別が』で挙げられてい […]

学術・研究:部落探訪(283)山梨県 笛吹市 一宮町田中 西組

「国連NGO横浜国際人権センター山梨ブランチ」を取材するために山梨県を訪れていたのだが、地元の方から、山梨県の部落と言えば笛吹市の田中が有名と聞いた。未指定地区であるが、とある全日本同和会の幹部もここから出ているという。 […]

学術・研究:部落探訪(282)大阪府 吹田市 岸部中 “光明町”

吹田市の岸辺駅の近くに光明町(こうみょうちょう)という部落がある。かつてここは小路(こうじ)南垣内(みなみがいと)という農村だった。 それが戦後、とりわけ1970年頃から急速に都市化して、農村の面影はほぼ消えてしまった。 […]