学術・研究:部落探訪(110) 滋賀県大津市伊香立下龍華 “大谷村”

カテゴリー: 部落探訪 | タグ: | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

滋賀県で人気一番の部落と言えば、「タイガープリンセス」こと虎姫の部落だが。それと双璧を成すのが今回探訪した「ドラゴンフラワー」こと下龍華の部落である。

なぜこの部落はそこまで人を惹きつけるのか。その理由は、探訪してみれば一瞬で分かる。今回の動画では同和地区にニコイチが多い理由を解説している。

大津市内から現地を車で訪れると、それは突然に現れる。

これはもはや芸術である。これほどまでにアバンギャルドな部落は他にないだろう。

ただし、下龍華というのは本来部落の名前ではない。後で行くが、下龍華の本村は別の場所にある。ここは「大谷村」と言った。

1931年の世帯数は85軒、1999年の記録では210軒。

昔の航空写真を見ると、大谷村は山奥の谷間の隠れ里のような場所だった。『滋賀の部落』によれば江戸時代に同じく大津市内の坂本部落からの移住者によって形成されたということである。

今でこそ二車線の県道が通され、土地が整地されているが、昔は非常に不便な場所だったはずだ。

ただ、その見た目のインパクトは裏腹に、部落の歩みはそれほど苦難に満ちたものではなかった。戦後の農地解放により住人は土地を持つようになり、生活は豊かになった。高度経済成長、同和事業により交通の便もよくなり、住環境もよくなった。

これらのニコイチは、実は既に持ち家である。全国でも早い時期に改良住宅の払い下げが行われ、既に同和事業は終了している。下龍華は、モデルケースにしてもよいくらい「適正に」同和事業が行われた稀有な地域なのだが、残念ながらそのことはあまり知られていない。

これは住民の駐車場。

道路は清掃され、ニコイチ住宅は住民によりリフォームされていたり、塗り直されたものもある。

側溝を清掃している住民にも出会った。綺麗にしておかないと、それを見て不法投棄をする輩が出てくるので、日頃から気をつけているという。

こちらは改良住宅は建てられていないが、大谷村の一部である。広場には、犬の糞は持ち帰るように、火を燃やさないように、自動車で入り込まないように書かれている。

ここが部落の寺。そのまんまの名前だ。宗派は東本願寺である。

さきほどの寺といい、「同和」や「部落」を主張するものは見られない。巨大なニコイチ群については、作った当時はモダンな住宅という認識で、後の時代にどのように評価されるか分からなかったので仕方ないだろう。

こちらは下龍華の本村で、部落外である。見た目は、大谷村の持ち家が建てられている地域とほとんど変わりがない。

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

学術・研究:部落探訪(110) 滋賀県大津市伊香立下龍華 “大谷村”」への26件のフィードバック

  1. ニコイチ

    いつも楽しみに見ています。このニコイチ群があると「あ~~同和地区だな・・・」って気分になりますね。何故か・・・。 長野佐久市の 岩村田(大和)、下越地区のニコイチも取材してください。応援します。

    返信
  2. 豚のプーちゃん

    いつも遠い所までの散策お疲れ様です。
    是非とも我が町、東大阪、河内エリアもよろしくお願いします。

    返信
  3. たけち

    南湖ってとこ初めて通過したのですがそれっぽい建物が
    結構な数ありました
    それ以外にも四号線沿いにそれらしきものが
    あまり詳しくないのですが滋賀県って多いのですかね
    宗教施設もスゴイのあるし個人的にじっくり見たいけど
    どっちも難しい問題だしいろいろ考える一日でした

    返信
  4. 匿名希望者さん

    東北になりますが、会津若松の西七日町もニコイチはありませんが肉屋があったり古い住居や同和対策で立てられたと言われている児童館もあったりとオススメです。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      そこは私も注目している部落です。今年の夏は、ぜひ探訪してみたいと思います。

      返信
  5. 救いのないキチガイを憐れむ会 会長

    しかし、宮部、お前は精神病そのものだな!
    一度精神鑑定の結果を報告してくれ。

    返信
      1. 救いのないキチガイを憐れむ会 代表理事

        こら、誰がクレーマーだ、
        お前のやっている行為の何処に国益があるのか?
        この社会に何の益があるのか語ってみろ!
        お前は精神病質者いやサイコパスの変形だ、もっとマシな事に注力しろ!

        返信
  6. マル

    いつも楽しく拝見しております。日野町豊田のニコイチもなかなかですよ。背丈のぐらいの屋根の家もあります。是非探索お願いします。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      日野町はいろいろな意味で興味のある地区です。未定ですがいずれ探訪します。

      返信
  7. .

    浅草亀岡町(今戸)は定番中の定番ですが、未探訪ですね。

    全国部落調査に記載のない地区は探訪しない方針なのですか。もっとも、部落探訪シリーズ第一回の荒川区荒川8丁目も全国部落調査には載っていませんが。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      全国部落調査になくても探訪します。部落の数はとても多く、どこに行くかはお楽しみです。

      返信
  8. 通りすがり

    Google mapでみましたけど下●●のニコイチは近代的ですね。(木造かつ断熱材完備!)いつの間にかですかしら?
    同じ市のあったニコイチ(そういう系じゃないよ)に住んでした実としてはビックリです。
    no断熱材で真冬の朝は部屋の中でも4度以下。布団を2枚敷かないと凍死しそうでした。
    ●●県は冬は北西の季節風と雪で大変なんで、ニコイチないと思っていましたわ。
    故あって昔の古いてニコイチやそれ系の団地の解体に立ち会いましたが、解体業者さん、いずれもno断熱材ということで、ビックリしていました。「よう、こんなとこに住んでいたんか!」と。
    あんなもん西南暖地かつ冬雪降らない地域でないと建てても住めませんよ。
    ●●県でも同じような建物ありますが、今、廃墟になりつつあります。どっちかというと長屋形式か団地形式か、近代化されたニコイチ化ですかね。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      あそこのニコイチは一番新しい部類で、確か21世紀になってから改築されたので当然でしょう。
      それより前は鉄筋コンクリートの平屋根で、台風でベランダがぐちゃぐちゃになってました。
      住んでいる人も絵に描いたような底辺層で、非常に差別されていました。

      返信
      1. 通りすがり

        狂人に付き合っているさなかのくだらんメールにすぐ反応していただきありがとうございます。あ、あの住宅やっぱりそういう方々がお住まいだったんですね。
        昔、下●●に住所がある方に「犬、大変ですね?」と言ったら、「あんなところと同じにするな!(怒)」と言われたことがあります。(この方はこのサイトの主宰者と同じ辺りの住民と思われます。)
        あそこは、顔割れているので取材できないでしょうから、●吉市上●積の高●第三団地に行ってください。●●●●●●●●県支部長だった某●会議員の強い働きかけで建設された最新の(表向きは地区向けと限定されていませんよ)一般向けと称する●営住宅が見学できますよ。木造2階建て3LDK当然断熱材完備。しかも、ニコイチじゃないですよ!平成20年ぐらい築ですね。
        実物を見ましたが、きれいな建物でした。「こんなところに、こんなものに税金使うなよな」と思いました。今どんな方が住んでいるのか存じ上げませんが。

        返信
        1. 鳥取ループ 投稿作成者

          あそこは地区内でも4つに自治会が別れており、互いにライバル心を燃やしていることから、「あんなところと同じにするな!(怒)」と言った方が必ずしも私の実家の自治会とは限りません。
          探訪候補地の提案ありがとうございます。夏にでも行くかも知れません。

          返信

関連記事

学術・研究:部落探訪(297)茨城県 古河市 諸川 西部

部落と言われてもピンとこない茨城県でも、どこが部落かといった地元での伝承は存在する。ただし、それらは不正確であることが多いので、文献に基づいた検証が必要である。そのような検証で、ほぼ間違いないと特定されたのが、今回訪れた […]

学術・研究:部落探訪(296)埼玉県 鶴ヶ島市 上広谷

小堤、下広谷、中小坂、そして今回の上広谷と狭い範囲に4つの部落が存在する。このことも興味深いが、ここには3つの市の境がある。小堤と下広谷は川越市、中子坂は坂戸市、そして上広谷は鶴ヶ島市に属する。 上広谷には鶴ヶ島市唯一の […]

学術・研究:部落探訪(295)埼玉県 坂戸市 中小坂

菊池山哉の『長吏と特殊部落』の、名細(なぐわし)村下広谷を解説した部分に「ここには、三芳野村の原村と、名細村小堤との三つの曲輪が、一つになって居る」という記述がある。 下広谷と小堤は既に探訪済みなので、「原村」を訪れた。 […]

学術・研究:部落探訪(294)埼玉県 日高市 女影 北口

菊池山哉の『長吏と特殊部落』には、こうある。 入間郡、高萩村、北村、□□○高萩村と言ふよりは女影(をなかげ)村に近い。多くの村が、鎌倉を受け南であるのに.この曲輪のみは、北村であり。俗に北口とも称へて居る。○白山神。○六 […]

部落探訪番外編 JINKEN.TV を設立します

既にご存知の方が多いと思うが、去る11月30日にYouTube神奈川県人権啓発センターチャンネルの部落探訪動画が大量に消えてしまった。同時に収益化停止と2週間YouTubeでの新しい動画の公開ができなくなってしまった。 […]