日本ボクシング連盟・山根会長の地元のウワサ

カテゴリー: ウェブ記事 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 三品純

助成金の不正流用や不正判定疑惑で日本ボクシング連盟、山根明会長の報道が過熱している。「和牛しか食べない」など関係者に引き継がれる接待リストの存在から暴力団との関係まで山根氏をめぐっては様々な過去が浮上した。また1980年4月23日の官報によると山根氏の帰化情報が掲載されており、こうした点も山根氏への関心を集めることになった。ところがその素顔はなかなか見えてこない。そこで地元、大阪市淀川区十三を訪れ山根会長の実相に迫ってみた。

山根明会長は一見してアウトロー風の風体だ。そして高圧的な物言い、自身の進退をめぐっては「俺の腹一つ」と言ってはばからない。メディア関係者もネットユーザーたちもこうしたパーソナリティーを楽しんでいるフシすらある。またトラブルが起きるとたいていネットでは「在日認定」をするもの。予想通り山根氏にも在日説が浮上した。そこで調べてみると1980年4月23日の官報には文甲明の名の人物が山根明として帰化したとある。また同号には文昌守の名の人物が山根昌守の名で帰化していた。紛れもなく山根会長その人であり、息子で連盟副会長の昌守氏のことだ。

不思議なことにボクシング団体の長ながら、競技経験歴もほとんどなくまたその経歴、実績も不透明だ。そこで一体、山根氏の地元では彼をどう見ているのか。大阪市淀川区十三を訪れた。官報に掲載されている住所は古いマンションだった。かつてはモダンな造形だったようだが、かなり老朽化している。住民によると確かにここで山根氏は住んでいたという。二つの部屋とキッチンルームという間取りで決して広くはない。

「もうここにおらんで。なんでも木川の商店街(木川本町商店街)にいったんとちゃうか」

と地元住民は言う。木川本町商店街は阪急十三駅から徒歩約10~15分ぐらいの場所にある。このマンションからも近い。こじんまりした商店街でいかにも大阪の下町という風情だ。山根氏と交流がある住民は言う。

現在はこじんまりした商店街だがかつてはここにストリップもあったという。

「いつも山根さんを悪人のように報道しているけど、悪い人やあらへん。“もうお互い年なんやから気いつけんとアカンな ”とか他愛ない話をしている。面倒見のいい優しい人やで。だけど女癖は悪いかなあ。前は彼女と商店街の裏手に住んでいた。その人は犬を二匹こうてよく散歩していたわ。だけどいつの間にかいなくなって若い娘と付き合うようになったけど」

また別の住民は「テレビ見てビックリしたわ。ボクシングの偉い人とは思わんかった。ほれ、ここに黒い高級車が停まって送り迎えしてもらっていたから、どんな人やろうなと思ってたけど。現在はまた別の住まいに移ったから行ってもムダやで」という。

この住民が言う「ここ」とは商店街裏にある住宅の入り口だ。まさに路地裏といったところで商店街の裏側の狭い小道の奥に山根氏宅はある。報道が過熱しており現在は親族宅に身を寄せているというが、一応インターホンを鳴らしてみたが応答はなかった。この住居を見る限り、生活状況はそれほど驕奢だったとは思えない。

狭い小道を歩いていくと山根氏の自宅が。この入り口で車のお出迎えがあったそうだ。

悪い人ではない、面倒見がいいという評価も決してウソではないのだろう。特定の選手を身びいきしたのもある意味、面倒見の良さの裏返しとも言える。ただ組織の、公正やフェア精神が求められるスポーツ団体のトップとして適切な人物だったのか疑問だ。

三品純 について

フリーライター。法政大学法学部法律学科卒。 月刊誌、週刊誌などで外国人参政権、人権擁護法案、公務員問題などをテーマに執筆。「平和・人権・環境」に潜む利権構造、暴力性、偽善性を取材する。

通りすがり へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

日本ボクシング連盟・山根会長の地元のウワサ」への5件のフィードバック

  1. 青民草

    93年の団体名鑑に載っている住所は
    淀川区西中島7ー1ー12エクセルハイツ
    さらに現在の住所は
    生野区新今里6ー12ー13

    返信
  2. 読者

    『同和の会長』の登場人物の様な人ですね。
    同和の会長の方が、豪快かも知れませんが。

    返信
  3. 駄文ライター

    出自をネタにする無能な記事
    取材力がないからこの程度のことをする
    仕事増えないと思うよ、あなたは。

    返信

関連記事

学術・研究:部落探訪(255)滋賀県 東近江市 御園町

今回訪れたのは御園町。かつては薗畑という名前で、例のデータだと昭和初期には103戸の部落だった。近世は横井村と呼ばれ、明治初期の記録では156戸とあるから、明治以降から昭和初期にかけて世帯数が減った珍しい部落である。 さ […]

J・マーク・ラムザイヤー教授『アイデンティティ政治の 発明について:日本における 被差別部落民』②

On the Invention of Identity Politics: The Buraku Outcastes in Japanの日本語訳の続きを掲載する。前回はこちらを参照のこと。 今回は、近代の部落研究の成果 […]

【同和化する LGBT】「東京都同性 パートナーシップ制度」は “仕事をやってる感 ”まる出し!

東京都は来年度から同性の事実婚カップルも一般的な夫婦と同様にみなす「東京都同性パートナーシップ制度(仮称)」を導入する方針だ。12月8日のNHKニュースによれば昨年10月から当事者や都民などを対象にアンケート調査を実施し […]

J・マーク・ラムザイヤー教授『アイデンティティ政治の 発明について:日本における 被差別部落民』①

以前、ラムザイヤー教授による『日本の 被差別民政策と 組織犯罪:同和対策事業 終結の影響』の和訳を掲載した。今回からは、それに続く論文を和訳したものを掲載する。前の論文は日本の被差別部落民の起源が近世の被差別民であること […]

【京都 笠置町】堕ちた「笠やん」 補助金不正受給事件の裏に 町に寄付された 土地の横取り計画

日本最少人口の町笠置町で、4年ほど前に総務省の補助金の不正受給が発覚した。2020年2月13日にこの件に関連して3人が書類送検されたが、不正受給された補助金が返還されたとして不起訴となっている。 しかし、この事件の背景を […]