6月26日は東京地裁で
全国部落調査事件第5回口頭弁論です

By 鳥取ループ

6月26日14時に東京地裁で全国部落調査事件の口頭弁論が行われます。例によって解放同盟側の動員がかかっているために傍聴は抽選なので、13時40分までに東京地裁の正門付近に来る必要があります。示現舎のメンバーに会いたい方は13時に日比谷公園かもめの広場にお越しください。

当日の19時30分から事後報告放送を行います。
https://www.youtube.com/watch?v=kjYQvBbJBTM

放送は後でも聴取可能です。

今回は、解放同盟側が書面の提出を求められ、示現舎側は特に書面を提出していません。解放同盟側が提出した書面はこちらです。

原告-準備書面3-H29-6-19.pdf

ご覧のとおり、解放同盟の理論が全開です。やはり、解放同盟は解放同盟なんだなと感じます。

私が被差別部落出身者かどうか判別してみろと釈明を求めた件は、なにかと理由をつけて釈明を避けています。

当日に、さらに何か書面が提出されるのではないかと思います。

6月26日は東京地裁で
全国部落調査事件第5回口頭弁論です
」への2件のフィードバック

    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      これが部落と思われるのもどうかと思いますね…
      大阪の更池ローカルの話です

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です