学術・研究:部落探訪(272)香川県 高松市 田村町 上馬場

カテゴリー: 部落探訪 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

香川県最大の部落はどこかと言えば、高松市田村町である。昭和初期の部落名は上馬場、150世帯と記録されているが、現在のその場所を航空写真で見ると、ニコイチだけでも200棟程度。つまりは少なくとも400世帯はある。

そして、この部落は、かの有名な「高松差別裁判」に縁のある場所でもある。

田村町の大規模ニコイチ群の壮観さを、静止画や通常の動画でお伝えするのは難しい。今回はGoPro MAXによる高解像度VR映像を撮影したので、ぜひ現地に行ったつもりで実感して頂きたい。

高松差別裁判と言われる事件、人権啓発等の場面では、部落出身者が女性と結婚しようとして連れ出したが、部落出身であることを隠したことを理由に誘拐罪に問われ、有罪判決を受けた事件として知られる。その有罪判決を受けた人物の出身地が現在の高松市田村町というわけである。

しかし、事件の内容はもっと複雑で、少なくとも部落出身を隠したことを理由として有罪判決を受けたのではない。

この事件の内容の詳細があまり語られることはない理由は、無論同和事業を推進する側はこの事件を単純な部落差別の実例として印象付けたいという政治的背景もあるが、内容があまり子供向けでなく、啓発に向いていないということもあるだろう。詳細については、Youtubeでも説明しておいた。

事件についての一次資料が『部落問題・水平運動資料集成 第三巻』に掲載されている。

昭和8年6月3日、裁判の被告人、山本雪太郎と久本米一をそれぞれ懲役10ヶ月、懲役1年とした判決の理由にはこう書かれている。

 被告両名は異父兄弟にして香川郡鷺田村大字馬場に居住し鉄屑等の売買を渡世として、僅かに一家の生計を支え居れるものなるところ、昭和七年十二月十五日岡山県下津井より帰宅の途次、発動機船千当丸内に於て仲多度郡四条村石原新太郎の長女にして、当時丸亀市新町ローヤル食堂に女給奉公中の政江(大正四年八月一日生)と相知るや、被告人米一が昭和七年三月頃其内縁の妻山条タケ子と離別し、昭和八年一月よりは其子清(当四歳)を右タケ子の手許より引取り養育することと為り居りたるより、川辺健一及大藤重之と謀の上、政江を誘拐して米一の妻たらしめんと企て、同日坂出港桟橋付近の飲食店王越屋其他に於て政江に対し、女給奉公を継続する間には次第に前借金嵩み遂には遊廓に身を売らるるが如き悲境に陥るべきを以て、早く堅気の男と結婚して其身を固むるの得策なることを説きたる上、被告人米一は自動車部品の売買業に従事する商人にして相当の財産と信用を有し、家には老親のほか何等係累なき独身者なれば、同人の妻として之と同棲し呉れたい。前借金は直ちに被告人等に於て調達する旨甘言を弄して政江を誘惑し、以て同夜同人を坂出町西通町木賃宿錦屋事三野七五三八方に連込み米一と同宿せしめ、其翌十六日朝更に右三野七五三八方より政江を香川郡鷺田村大字馬場の被告人居宅に伴い行かんとしたるも、政江が被告人等の右鷺田村大字馬場の出身老たることを嫌忌し、其意に従わざるべきことを察したるより、寧ろ其居村以外の地に居所を構うるに如かずと為し、同日同人を伴いて一先ず被告人等の知人たる高松市栗林町富永本蔵方に落着き同所に二泊せしめたる後、政江に於て一応前記四条町の親許に帰宅したき旨申出でたるを以て、十九日迎えに行くに依り、同日午後一時を期し琴高電車板井停留場付近に待合わすべき旨堅く誓約せしめたる上、被告人雪太郎付添い其親許に政江を送り届け、被告人雪太郎は十九日前記約束の場所に於て政江と落合い再び同人を高松市塩上町吉本恒次方に連一戻り、其後同市藤塚町二十九番地に一家を借入れ、二十三日に至るまで同所に於て米一と同棲を余儀なくせしめ、以て誘拐の目的を遂げたるものなり。
 証拠を案ずるに判示事実は、一、被告人久本米一及び山本雪太郎の当公廷に於ける各判示同趣旨の供述、一、被害者石原政江に対する予審訊問調書中判示に照応する被害顛末の供述記載を綜合して之を認む。よって判示犯罪事実は其証明ありたるものとす。

Youtubeの解説動画では政江は19歳と言ってしまったが、これは数え年で、満年齢では事件当時17歳である。それを自分には子供がいるのにいないと言い、借金を返すあてがないのに返せると騙して連れ出したということになるので、今の基準でも誘拐罪になってしまいそうである。

なお、当時は予審という制度があり、被告人を裁判にかけるまえに、裁判に値するか事前に予審判事が審査する制度があった。予審の決定書には公訴事実として次の通り書かれている。

 被告雪太郎・米一両名は父違いの兄弟にして香川県鷺田村大字馬場に居住し、鉄屑等古物の行商を為すものなる処、米一は昭和七年五、六月頃三、四年前より同棲し、当四年の清と称する一子迄儲けたる内縁の妻山条竹子と離別し独身のものなるが、同年十二月十五日大藤重之ほか一名の行商仲間と岡山県下津井港より帰航の船中にて、たまたま同船し居たる仲多度郡四条村川滝石原新太郎の長女にして当時丸亀市新町ローヤル食堂に女給奉公中なる政子事石原政江当十九年(大正四年八月一日生)が煙草を喫し近付き易ぎを見、言葉をかけて知合いとなり、同日午後四時頃同女が坂出港に下船し立去らんとするを呼止め之を勧誘して、同港北海岸の飲食店王越屋事中山慶次方に同行し、酒の相手を為さしめ、其間同女より前借約四十円にて前記ローヤル食堂の女給を為せる事等を聞き、同女が十七、八歳の年少者にして誘惑に応じ易き傾向のものなるを認め、之を奇貨として被告両名共謀の上甘言を以て右政江を誘惑し、被告米一と結婚せしめんことを企図し、自分達は高松の者にて自動車及び其付属品の売買を為す商人なる者と欺き、右政江をして被告等が相当の商人なる如く誤信せしめ、米一は独身にして働き者なる故同人の嫁にならずや、ローヤルの前借金は直ちに之を支払い遣り、其上両親の承諾も当方に於て受け遣るべく、尚米一には年老いたる両親有るを以て之を大切にし、又家にて御飯さえ焚けば宜しき等、種々甘言を弄し、一方自分等が屑物買にして鷺田村馬場の者なる事等、其他身分上不利益なる事情を隠蔽し石原政江の歓心を買い以て誘惑し、王越屋にて飲食後米一は同女を同町の活動写真館に同伴見物せしめ、故意に時間を遅延せしめて其帰宅を不能ならしめ、遂に同夜は予て常宿とせる同町字西通町木賃宿錦屋事三野いさ方に同宿の止むなきに至らしめ、米一は強て同女と同衾情交し、翌十六日は高松に到り自己等と同部落の出身なる同市栗林町富永本蔵方に隠匿し、同女が漸く不安を抱き親許に帰らんことを懇請するや、爾来常に前回趣旨の甘言を弄して其歓心を買う事の承に努め、傍ら其逃走を防ぐべく入浴に行くも監視を怠らず、同月二十一日より更に同女を移して同様部落出身なる同市花園町吉本恒次方に隠匿し、ついで二十二日二十三日の二日間、同市藤塚町二九番地に一戸を借受け、米一と同棲を強い以て之を誘拐したるものなり。

この通りであるとするならば、現在の基準でも未成年である女子を騙して連れ出し、半ば情交を強いたということになるので、誘拐のみならず淫行にも問われそうである。

しかし、年端もいかない娘をこのような境遇に追いやった石原新太郎もロクでもない親である。

今でも家出中の少女を自分の家に匿って誘拐で逮捕されたものの、なぜか起訴猶予とされる事件が時々ある。その理由は、親も相当悪質で、誘拐した側がむしろ良心的なケースがあるからと聞く。

しかし、「高松差別裁判」の件では少女を騙して連れ出して淫行した久本米一とその仲間もやっぱりロクでもないので、石原親子の問題はともかくとして、やっぱり有罪にせざるを得ないだろう。

このように、「高松差別裁判」は部落出身者が部落出身を隠して結婚しようとしたことを理由に誘拐罪に問われた事件とは言えないことが分かる。しかし、なぜこれが差別裁判だと言われているのか?

まず、予審判事による決定書には、決定理由に次のことが書かれている。

 被告人雪太郎・米一は異父の兄弟にして特種部落に生れ、香川郡鷺田村大字馬場に住し、家貧困にして鉄屑類の古物行商に依り僅かに生計を営み、米一は昭和七年五、六月内縁の妻山条タケ子と離縁し昭和八年一月よりはその子清(当四歳)を引き取り養育すべきこととなり居たるところ、昭和七年十二月十二日被告人両名は同部落の親戚川辺健一と共に岡山県下津井方面に鉄屑類の古物行商に出掛け、同月十五日香川県坂出港に向い帰航の際、発動機船千当丸内に於て仲多度郡四条村大字川滝石原新太郎長女政江(大正四年八月一日生)と偶然乗合わせ、同港桟橋に同女が下り立ちたる際同乗の知人大藤重之等と共に同女を呼び留め、付近飲食店王越屋に伴い行き酒席に侍せしめて、同女の身元等を聞き乱し、同女が前借参拾七円にて丸亀市新町ローヤル食堂に抱えられ女給奉公中なることを聞き、甘言を以て同女を誘惑籠絡し、米一の妻たらしめんと企て結婚の目的を以て同女を誘拐せんことを共謀し、右重之・健一等と共に、女給として転た奉公し廻るに於ては前借いたずらにかさみ末は遊廓に身を売られ一生を誤るに至るべきを説き、早く身を固め堅気の男と結婚するの利なるを勧め、米一が特種部落の出身にして古物屑買の渡世を為し先妻と別れて一子清を擁し居れる実情を告ぐるに於ては、到底同女の意を動かし難きを慮り、ことさらに之を秘し、右王越屋又は其他の場所に於て雪太郎・米一よりこもごも米一が兄雪太郎と共に古自動車又は其部分品の売買を業とし、未だ独身にして家は唯老親に対する奉仕の承にて事足るべきを申向け、前借金の如きも到底速急に調達し得べき見込承なきに不拘、前借は高松にさえ来らぱ直ちに支払いやるべき旨申詐り、米一と結婚すべきを勧め因て同女の意を動かし、同十五日夜は坂出町西通町木賃宿錦屋に米一と共に宿泊せしめたる上、十六日香川郡鷺田村大字馬場の自己居住部落に伴い帰るに於ては、直ちに自己等の身元、家情、業態等同女に暴露し、同女の翻意を濁らすに至るべきを虞れ、自宅に伴い帰るを避けて、特に高松市に伴い帰り、十六・十七の両日は同部落出身の高松市栗林町富永本蔵に託し、同家に米一と共に宿泊せしめ、十八日は同女の懇請を容れて雪太郎付添の上、同女を右仲多度郡四条村の親許に帰らせ、十九日更に右木賃宿錦屋に連れ戻り、二十・二十一の両日は同部落出身の高松市塩上町吉本恒次に託し同家に宿泊せしめ、二十二日同市藤塚町二十九番地に家を賃借し、二十三日迄同家に居住せしめ、以て米一との同棲を余儀なくせしめ、甘言詐謀を用い同女を誘惑籠絡して誘拐したるものなり。

見ての通り、「特種部落」という言葉が2回出てきて、米一が部落出身を隠したことが犯罪の要件の1つであるかのように読めるのである。

そして、本裁判では検事が「被告人雪太郎、米一は異父兄弟にして特殊部落に生れ」、「米一が特殊部落の出身にして古屑買の渡世を為し、先妻と別れて一子清を擁し居れる実情を告ぐるに於ては、到底同女の意を動かし難きを慮り、ことさらに之を秘し」と述べたことから、これは差別的言辞であると水平社から促された弁護士が追及したと記録されている。

検事はそのことに応答しなかったというが、最終的な判決から「特種部落」という言葉が除かれているのは、これが影響しているのではないかと考えられる。

判決に「特種部落」という言葉はないが、水平社は公判中の検事の言動のみならず、米一らが貧乏な行商人であることも、借金を返す金を工面できなかったことも、全て身分関係に直接の原因があるものだとして糾弾した。

水平社は「政江を三十七円の金でカフェーに売込んだ彼女の父は、金になる娘を奪ったと一途に久本等を憎んで誘拐罪として告訴した」と石原新太郎に対しても非難している。

水平社は予審判事の山下雅邦、判決を出した三浦通太、小林種吉、久留実治裁判官、そして白水勝起検事を懲戒免職にすることを要求した。

この事件については、融和団体でも問題とされ、『全国部落調査』を作成したことで知られる財団法人中央融和事業協会は司法大臣に対の陳情を提出した。

 さきに高松地方裁判所に於て審理を遂げられたる標記の件に関し、予審調書、予審決定書、公訴事実の陳述等の中、「米一・雪太郎は特種部落の者であるが」、「特種部落に生れ」、「特殊部落出身にして」等の表示ありたることは、法制上に現存せざる特殊部落なる身分の存在を表現せられたることともなり、その及ぼす影響極めて甚大なるもの有之、近時極めて順調に発達し来,りし融和事業に悪影響を及ぼし、之が進展を阻害し、かつ融和事業関係地区住民としては、単に事件発生の香川県下の承にとどまらず、全国関係各府県に亘り何れも大いに憤激して、その職業を批ち之が対策を講ずるため、或は協議会・講演会を開き運動資金を募る等人心騒然たるの実状に有之候。
 地方各融和団体に於ても由をしき問題として之が善後策に関し中央融和事業協会に進言し来りたるもの二、三にとどまらざる現状に候。
 右の次第につき、貴庁に於て此際適切の御措置を講ぜられ、地方人心の安定と融和事業達成上支障なからしむるよう何分の御高配相煩度候。

政府の外郭団体からもダメ出しを食らったので、司法次官から裁判で差別言辞を使わないように通達が出された。判決の結論をともかく、特種部落あるいは特殊部落という言葉を遣ったのがまずかったということなのである。

結果として、白水勝起検事は左遷され、三浦通太裁判官は退任した。決定書に特種部落と記した山下雅邦予審判事等、他の関係者の消息は調べても分からなかった。

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

学術・研究:部落探訪(272)香川県 高松市 田村町 上馬場」への52件のフィードバック

    1. 匿名

      判決文も被害者(含む親)のいいなりと脚色によりに作成されたかもしれませんね。
      強姦なのか合意なのかもわからない。
      戦前だと、喧嘩両成敗は身分が同じ場合だけでしょう。
      部落の人と一般人の喧嘩はほとんど部落の人に非があるとされてたでしょうし。
      軍隊もしかり
      入営の際に部落出身者という旨を記入し、劣等扱いをしたとか、、

      返信
  1. 匿名

    記事と写真が連動してないけど、
    今回は事件の解説ですか?
    解説なら訪れなくても良いのでは??

    返信
    1. 匿名

      >解説なら訪れなくても良いのでは??

      一応ツイッターには断り入ってますよ。
      まあ有名な地区だし、いちいち説明しなければ
      あなたは理解できないのですか? めんどくさい人だね。
      それに地区に関係している事件でもあるし、単にケチつけたいだけでしょう。

      返信
      1. ヨコから失礼

        行く必要がない。
        田村に行って何か差別解消に寄与することでもあるのですか。
        先方が迷惑かどうかの判断でしょ
        田村町にも隣保館があるのでしょ。
        あなたが訪問すると迷惑なんでしょ

        迷惑と言ってるのに行くあなたのほうがめんどくさい人ですよ(笑)

        人の嫌がることはするなと親に教えられていないのですか?

        ところで
        数え19歳でいいのですか

        返信
        1. 匿名

          >迷惑と言ってるのに行くあなたのほうがめんどくさい人ですよ

          同意します。
          部落(地域)と言っても一般の人の生活している所でしょ。その人達が拒んでいるのになぜ行くのでしょう。
          部落の人が一般の人とは違うと言えないでしょう。
          言うなら、それこそ差別です。

          返信
  2. 匿名

    >Youtubeの解説動画では政江は19歳と言ってしまったが、これは数え年で、満年齢では事件当時17歳である。

    事件が起きたのが12月だと数え年で18歳では???

    返信
  3. 匿名

    よく似た話は最近でもありますね
    (伊勢の赤福の600万箱偽装事件)
    同時期に起こった牛肉偽装事件(北海道、岐阜、、)では逮捕者を出しましたが、赤福は営業禁止処分のみでした。不当利益は赤福のほうが、はるかに多いでしょうが。

    また三品氏が取材してる津市も市役所の人は刑事事件と問扱われてないようですし。目くら印をおしたで通用するのですかね、、、

    返信
  4. 匿名

    150世帯から400世帯に増加した理由はなんだろう。
    取材から筆者の私見でいいからお伺いしたい。

    返信
  5. 田村町隣保館の取り組み

    香川県では28の隣保館があります。
    そのうち約20か所で月に高齢者の行き場作りとして、
    月に二度100円モーニングを行っているそうです。
    参加された方の会話から、悩み知ったり、相談に乗ったりもしているとのこと。
    隣保館は人権啓発のみならず、福祉施設、地域コミュニティの場として活用されています。
    この取り組みは厚労省、大学、地方自治体からも、注目を浴びています。
    こういった取り組みを示現舎が詳細に全国に紹介していただくと、隣保館のみならず全国の福祉施設等の運営に参考になると思います。

    宮部さんにも是非、取材願いたいのですが、、、無理ですよね。

    返信
  6. 匿名

    筆者の
    >あなたは理解できないのですか? めんどくさい人だね。

    こういう発信は感心できません

    返信
  7. 宮部さんにはよくある話

    政江(大正四年八月一日生)

    犯行は昭和7年12月だから
    犯行当時は政江は満17歳、数えで18歳です。
    法では犯行当時の年齢で処分されます。
    記事が間違っています。
    宮部さんの記事ではよくある話
    1,引用してきたものを検証しない
    2,下書きを書いた後に見直ししない
    3,思い込みを、あたかも真実のように伝える
    4,間違いを放置する

    ことこと左様で
    宮部さんの記事は鵜呑みにできないので読者泣かせ

    返信
    1. 匿名

      信用できないのにいちいち見ているのがすごいですね。
      信用できないものから何を得ようとしているのでしょうか?
      私は役に立たないと思うような人のことは放置しますし、ことさら間違っていると騒ぎもしないですね。
      本人にとってはただの誹謗中傷だろうし。

      返信
      1. 匿名

        >信用できないのにいちいち見ているのがすごいですね。
        信用できないものから何を得ようとしているのでしょうか?

        あなたから得るものは何もありません。
        不特定の方に間違った情報を流して欲しくないからです。

        >私は役に立たないと思うような人のことは放置します

        数え年の数え方勉強になったでしょ。
        浄土真宗でも五輪塔があること覚えたでしょ。
        人間に光あれはジンカンと読むのを覚えたでしょ
        同和融資について学んだでしょ
        数えきれないくらい
        私や皆さんが間違いを正してますよ

        あと筆者の匿名はいけませんよ

        返信
      2. 匿名

        嫌い嫌い言いながらも毎日何度もつべと米欄チェックに来てくれるんだ
        匿名対談メールでツイにネタ提供までしてくれて
        良い養分が来て宮部と三品はほくそ笑んでるだろうな

        返信
        1. 匿名

          >良い養分が来て宮部と三品はほくそ笑んでるだろうな

          真実を探求する一助となればよろしいのですが、
          いかんせん一方的で聞く耳が、、、、
          間違いは誰にもあるのですが
          繰り返し言い聞かせないとダメなようです。

          三品氏は宮部氏と比べると
          取り組み姿勢も人格も優れていますよ。稀に、上司の宮部氏の顔色をうかがったような、意にそぐわない言動もあります。会社だから仕方ないでしょう。

          返信
      1. 匿名

        ありがとう。
        事程左様にでした。
        事々左様と思い違いしてました。
        ご指摘ありがとうございました。

        返信
  8. 匿名 2022年6月2日 5:27 PMへ

    >本人にとってはただの誹謗中傷だろうし。
    ×誹謗中傷
    〇間違いの指摘

    最近、某君が言ってたように言葉遊びで投稿するケースが多いようです。
    筆者の数え19歳は明らかに間違いです。

    >隣保館の取り組みを投稿された方へ
    隣保館は人権啓発だけだと思いましたが、地域コミュニティとしての役割もあるのですね。勉強になりました。

    返信
    1. 匿名

      間違いの指摘だけならいいけどさ・・・
      なんかいつも余計なことが付いているんですが。

      社として訴えてもいいのでは?
      素性がわかって面白いかもしれません。

      返信
      1. 匿名 2022年6月3日 9:05 AMへ

        素性は宮部氏に明かしますよ。
        おおまかな経歴とともに、対談を申し込んでるのに今だ回答無しですよ。

        また、間違いの指摘をしてますが、
        今現在、いまだに記事では数え19歳は訂正もしてませんよ。
        明らかに間違いなのに、他にも訂正しないで残ってる記事や録画もありますよ。

        返信
        1. 匿名

          追記
          対談では宮部氏の間違いを正し、訂正を求めるつもりです。
          自論は尊重しますが、明らかな間違いは差別を助長する可能性もありますし、視聴者が間違った部落感を持つことにもつながりますので。
          何度も投稿していますが、私はどこの団体にも属していませんし。対談は一対一でお願いしています。

          返信
          1. 匿名

            宮部が訂正しないのは、本気で宮部が正しいと思い込んでるからだよ。

            相手にしてもしょうがないと思うよ。
            一応ここで間違いは指摘したんだろ。
            放っておいて、笑ってやればいいだけだよ。
            俺はそれで楽しんでるけどな。
            あんた、なんの徳もしないよ!

            ワハハ

          2. 匿名

            研究、学術と言えば聞こえが良いが、今回の訪問で何が学術で何が研究なのかさっぱりわからない。
            事件の解明の為の訪問でも無さそうだし。
            さっぱりわからない。
            表現の自由も良いけど訪問目的がさっぱりわからない。

          3. 匿名

            辞めた方が良いよ。
            宮部氏と同じレベルの人と思われるよ。
            こういうのは、適当に楽しんでたらいいだけ!

  9. 匿名

    部落訪問の記事や動画を楽しんでる人がいるから、それが自現舎の商売になるからかなー
    他人に迷惑かけて成立する商売って他にあるかな?
    さっぱりわからない。
    似非同和退治なんかはわかり易いけど

    返信
    1. 匿名

      宮部さんも訪問を嫌がっている人がいるのも承知で訪問してるし、、
      なんだろう?
      似非同和たいじは多いに賛成するが、訪問は必要無いと思う。
      部落全体が犯罪組織ならわからんでも無いが、、そんな事無いし、、

      返信
  10. 匿名

    二戸一って誰でも入居可能なんですか?
    家賃は安いんですか?
    安く住めればいいですね。関東は家賃高いもんな。
    関東人はあまり部落とか差別とか
    気にしないな、部落とか知らない人の方が多いよ。
    逆の意味で東京は変な奴多過ぎだからね。

    返信
    1. 匿名

      公営住宅だから、相場より安い。
      また、入居条件に所得も関係ある。

      ここは部落と言わんばかりの立地条件だから安い。
      郊外(農村部?)のニコイチはずいぶん空き家があるようだ。安いからと言っても毛嫌いするのだろうね。
      最近は空き家対策、家賃収入確保かわからないが外国人や低所得の人も住んでる。
      東京は人口密度が高いし、家賃も高いから立地条件なんて考えていられないかも、、地域住民としての意識も低いし。隣の人なんてあまり気にしない。

      返信
      1. 匿名

        部落の公営住宅なんて、金があれば出ていきたいと思ってる人がほとんど。
        子供たちが部落を嫌い出て行って高齢化が極端に進んでいニコイチが多い。
        話が変わるが
        この探訪は
        筆者(宮部)の一人語りの垂れ流しであり、報道記事と別次元のシロモノとしてか映らない。
        筆者の自己満足だけの報道記事ではないだろうか。
        学術・研究とはほど遠い。
        野次馬根性で見てればよいのかも。

        返信
        1. 匿名

          >野次馬根性で見てればよいのかも。

          だよな
          YouTubeの示現舎のコメント欄
          学術も研究もへったくれも無いコメントばかりだな

          返信
          1. 匿名

            >部落の公営住宅なんて、金があれば出ていきたいと思ってる人がほとんど。

            同感
            探訪で多くの部落を見たが、貧しさが漂っている。
            金持ちの家もあるが、その人たちが部落民から搾取してるわけでもないだろうし。
            部落にかかわらず手を差し伸べるべきであろう。

            貧しさと差別 考えさせられる

            どなたかの引用だけど
            昔は
            その結果が老後はわずかな収入で困窮、、、、
            これが今ある差別の功罪

            今の若い人は働いて切り開けば良いが、、、、
            うーーん 切り開いた人は故郷を隠し部落から出ていくかーーー

            自業自得の人を除いて
            なんとかならんものかねーーーー

  11. 匿名

    失礼

    昔は就職差別等で低賃金、無年金のところで差別に耐え一生懸命働く。稀に良い企業に勤められても社内の差別の空気に耐え切れずで退職した人もいるだろう。
    そして、その結果が老後はわずかな収入で困窮、、、、
    これが今ある差別の功罪

    差別の連鎖  就職差別から老後資金(年金等)差別へ

    返信
    1. 匿名

      差別をしたのは誰だーーー(怒)
      差別の結果 困窮してる老人たちに差別した企業や人の納めた税金で手を差し伸べるのは当たり前だ。

      返信
      1. 匿名

        >差別をしたのは誰だーーー(怒)差別の結果 困窮してる老人たちに差別した企業や人の納めた税金で手を差し伸べるのは当たり前だ。

        拍手を送ります。
        税金はうんぬんと言う方もいますが、
        税金は元を正せば企業や人が納めたものですね。
        過去の差別で困窮してる部落のご老人は堂々と受け取れば良い。
        ある意味、賠償金です。

        解放同盟しかり、示現舎しかり部落関係者が声を大きく上げるべきではないでしょうか。

        返信
        1. 匿名

          >
          税金はうんぬんと言う方もいますが、
          税金は元を正せば企業や人が納めたものですね。
          過去の差別で困窮してる部落のご老人は堂々と受け取れば良い。
          ある意味、賠償金です。

          同感
          貧しさとは恐ろしいものです。人間の生き方を変えます。
          私の部落では中卒で働いてる人が多いです。
          金があれば、高校、大学へ行けたでしょうし良い職にもつけたでしょう。
          そこへもって、妻、子に加え過去の差別から老後は無収入に近い親の面倒を見なければならない。
          大変です。家も建つわけない。ニコイチに集まる。

          今更、高校へ行け、大学へ行けとは言えません。
          せめて親の援助ぐらい税金でしても良いと思います。

          一部の人たちかもしれませんが数多くいます
          宮部さん 取材よろしくお願いします。

          返信
          1. 匿名

            そんな証明しようもないことを理由にお金が出るとは思えない。
            過去に差別を受けて苦労した人はたくさんいると思うけど部落出身者だけにお金を出すの?
            つきもの筋とか893なんかには出さないの?
            そもそも今だに部落民とはどう人を指すのかその定義もわからない。
            まさか、本当に三代そこに住むこととか・・・

  12. 馬鹿だね 宮部

    いつまで、先祖を遡れば良いのか定義してみなよ!

    明治まで?江戸期まで?

    まず、戦前まででも良いような気もするけどね!
    戦前の差別ったらすごかったから、、好んで部落にすまないし、
    差別の対象になってたしな、

    まぁー良いから、宮部よいつまでたどれかよいか言ってみな!
    江戸後期なら、お寺でわかる人多い、墓石でも良いし、、、

    宮部が自分から蒔いた種で取材できないだけだろう。

    取材できれば本人の了解を得て
    調べてやれば良いよ!
    それが、部落民に喜ばれるし。
    似非同和もわかるだろよ!

    頭、つかえよ、

    返信
    1. 匿名

      宮部氏が取材や調査できないからの
      言い訳だろうね!
      いま95才の母は昭和二年生まれ、
      母は祖父母までは遡るから明治初期の人。墓は先祖代のあるから証明は可能ですね!

      もし先祖はエタでないと証明されたら、喜んで受け入れるよ、

      宮部さん証明してくれると助かるね?

      無理だろうね!

      それこそ、大喜びで

      返信
  13. 匿名

    >過去に差別を受けて苦労した人はたくさんいると思うけど部落出身者だけにお金を出すの?

    変な論法ですよ!
    差別を受けてたら、部落民に関わらずそれ相応の賠償をしてもらえば良いだけですけど、、、
    別に金持ちに出せと言ってませんよ彼は、過去の差別て老後困窮してる人でしょ。
    生活保護だと制約や周りの目から受けとり辛いでしょう。
    堂々と、受け取れるのが賠償金でしよ。

    何が問題でしょう。
    不正が起こりそうなら、行政のみならず、自現舎等々が目を光らせれば良いでしょう。

    返信
    1. 匿名

      宮部には無理

      前提が部落差別は無い
      同和対策費はいらないだからね

      自分の出身部落で堂々と言えば良いのにそれもできない。
      机上で語るしか無いのが宮部。

      現場主義は宮部には無い。
      探訪で、目新しき学術研究成果あろうはずもない。
      部落民が宮部を相手にしないし、嫌われてるし、彼はコミュ障だから

      返信
      1. 匿名

        宮部氏は無理でしょうな
        取材拒否されてるから
        真実は語れないでしょね
        憶測記事しか書けなくなってしまった

        取材できても
        少ないサンプルで、全体を語るのは無理があるし、、

        返信
    2. 匿名

      >差別を受けてたら、部落民に関わらずそれ相応の賠償をしてもらえば良いだけですけど、、、

      そんなミラクルなことができるとしたら団体で脅し取るしかないのでは?
      なんだかんだ言ったってあなたの言う「過去の差別」ってのを証明できなきゃ世間が納得しませんよ。

      金と暴力に走りすぎて世間からそっぽを向かれてしまった現状についてどう思いますか?

      返信
      1. 返答します、偏見ですあなたの

        >そんなミラクルなことができるとしたら団体で脅し取るしかないのでは?

        どこの団体を想定してますか?
        どうも、同和団体=悪が頭から、君は離れないようですね。同和団体に属している人なんてわずかですよ。
        行政に団体以外(例えばい地域の町内会等の連合体??) そのような手段を教えるのもこの件にかかわらず同和にかかわるジャーナリスト冥利に尽きますよ

        >んだかんだ言ったってあなたの言う「過去の差別」ってのを証明できなきゃ世間が納得しませんよ。

        私はこの件で年金をもらう立場にあり
        せん。人並みの厚生年金をもらってますので照明も何も、、、
        「過去の差別」・・特に就職差別で低賃金低福祉の日雇い、企業、なんて
        証明しなくても、心あらば調べれば出てきますよ。
        失業対策事業なんて言葉知りませんか

        >金と暴力に走りすぎて世間からそっぽを向かれてしまった現状についてどう思いますか?

        部落民がそっぽを向かれていませんよ。
        あなた飛躍しすぎ、
        部落民のすべてが
        「金と暴力に走りすぎて世間からそっぽを向かれて」と断定してるとあなた完ぺきな差別主義者ですよ

        返信
        1. 賛成

          どう感します

          わずかな知識、取材で全てを語るのは無理です。
          いわんや、宮部さんは部落から嫌われているのでしょう。
          ここで意見を、言うのもおかがましいですね。

          示現舎と街道との戦いと、多くの部落民の差別解消やの手の差しのべ方は別次元の話です。

          返信
    1. 匿名

      宮部の限界だな
      特定でき無いからダメだ
      なんて子供の言うこと
      特定する努力をして、手を差し伸べることもできるのになー
      そんなに難しいことかなぁー

      返信
  14. 頑固もいいけど宮部さん

    数え19歳は完ぺきに間違いですよ

    早く訂正しなさいよ

    コメントに反応するより、ご自分の誤りを正すのが先ですよ

    返信
  15. 宮部の、スタンス

    1.差別は無い だから同和対策は今不要、差別があると言う部落民はみな悪だ
    2差別はある、、たが解消の興味はない
    3街道のやる事は全てを否定する

    返信

関連記事

学術・研究:部落探訪(275)香川県 丸亀市 土器町東 二軒茶屋

香川県の被差別部落―現地研修報告―に掲載されている部落には、全国部落調査に掲載のないものがある。同資料によれば丸亀市には指定同和地区が3つあり、さらに1つ未指定地区があるとしている。 3つの指定地区のうち「A地区」は既に […]

学術・研究:部落探訪(274)香川県 高松市 前田東町、前田西町 “中川”

事前に予定していた部落を探訪した後、時間が余ったため、急遽訪れたのがここ。地名で言えば前田東町と前田西町。中川上、中川下とも言われた部落である。 戦前はそれぞれ33戸、16戸だったと記録にあり、2つの部落は隣接している。 […]

学術・研究:部落探訪(273)香川県 高松市 上天神町 堀ノ角

香川県には「サンガイ」というものがあったらしい。穢多でも非人でもなく、身分と言っていいものなのかはよく分からないが、いわゆる「サンカ」と同様の意味のようである。何らかの理由で住む家を失ったて、流浪していた民をそのように読 […]

学術・研究:部落探訪(271)香川県 丸亀市 川西町南

ここは香川県の被差別部落現地研修報告では丸亀市A地区として紹介されている。その立地は飯野山の麓に広がる農村地帯、香川県の特徴の1つであるため池のそばと記載されている。1990年頃は50数世帯、150人余り。 部落名は金山 […]

学術・研究:部落探訪(269)香川県 丸亀市 飯山町 東小川 西内

どうしても異常で異様な巨大同和地区ほど記事や動画の閲覧数が多くなるのだが、探訪の楽しいという点では、少戸数未指定地区の探索にまさるものはない。香川にもそのような部落があるので探索することにした。 昭和初期の記録では、綾歌 […]