学術・研究:部落探訪(262)茨城県 猿島郡 五霞町 小手指 堀ノ内

カテゴリー: 部落探訪 | タグ: | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

今回探訪したのは、五霞町ごかまちの堀ノ内という部落である。昭和初期の戸数は70。産業は農業のほか、棕櫚しゅろ表という草履の表作りであった。

草履表は竹皮によるものが多いが、関東では高品質な棕櫚表が作られていた。しかし、それは昭和の頃までで、今となってはほぼ廃れてしまい、棕櫚表は幻の品となっているらしい。

前評判では、名字がほとんど松本であるとのことであるが、確かに圧倒的に松本である。地名で言えば小手指こてさしにある。現在の戸数は100戸を超えている。

この部落の松本家は小笠原家の家臣の後裔と言われ、つまりルーツは信州にある。

このように周辺は田畑で囲まれている。

これはもう、事前情報がなければ部落とは全く分からない風景である。犬を飼っている家が多く、筆者を警戒してか、犬の声が辺りに響いていた。

白山神社の鳥居を抜けると…

社殿まで向かう長い参道がある。

途中に廃棄物の山があった。

ここが社殿。社殿の前にもう1つの鳥居がある。

裏側に回ると、入れない場所に石碑があった。

やはりこの地域の他の神社と同じく、社殿の中で会合が出来る作りになっている。氏子の名字はやはり圧倒的に松本であるが、「大字堀ノ内」と書かれているのが気になった。現在の大字は小手指であるが、以前は大字が堀ノ内だったということであろう。

再び、長い参道を引き返した。

特に、ここが指定地区か未指定地区かということは気にせずに訪れたのだが、この集会所を見たところでは、同和だの人権だのといった掲示物はない。

集会所の横の広場はなぜか、入れないように紐がかけてあった。

ご覧の通り、住宅密集地ではない。過去の記録は生活程度は下だったとあるが、これを見る限り極端に貧しい地域ではなかっただろう。

この祠が村の東の端にあたる。しかし、住宅地図を見ると、この東にも松本家が多くある。地名では新幸谷となるが、明治期の地図と比較すると、後で村が広がっているのが分かる。

南側は「坂間」という地域になるが、ここも表札は松本ばかりである。

ふと見ると、もの凄い豪邸が目に入った。セコムのシールがあり、監視カメラがある。この表札ももちろん松本。

他の関東の部落と同じく自営業者が多いように見える。商売で成功している人は、かなり成功しているのではないか、そんな感じがした。

地図を見ると、どうやら集会所がもう1つあるらしいので、そこへ向かってみる。

そこで目に入ったのが、この白地に青文字の看板。これはもう、自治体の施設であり同和施設であろうと直感した。ただの自治会館に、このような字体の案内板があったためしはない。

このモダンな雰囲気の建物が堀ノ内集会所。これはバブル時代前後のデザインセンスである。

中を見ると、これが同和地施設であることを示す張り紙がされていた。

なお、今回は行きそびれてしまったが、隣保館はここからかなり離れたところにある。五霞町と境町では自治体は違うが、同和行政のやり方は共通しているようである。

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

学術・研究:部落探訪(262)茨城県 猿島郡 五霞町 小手指 堀ノ内」への14件のフィードバック

  1. 匿名

    実際、「坂東、境,常総」
    30代以下は、教えないと(同和)解りません。
    だが、不思議なもので 30+-  5歳ぐらいは
    「類は友」
    のようにくっいて子孫を創ってます。

    返信
  2. 岡野敏哉

    いつも興味深く拝見いたしています。ありがとうございます。大変、勉強になります。さて今回は五霞町にお越しになっていましたが、その近く、隣の埼玉県幸手市にもお越しくださいませ。五霞町民の最寄り駅、東武日光線幸手駅の西口も興味深い所です。部落調査にも記載されています。因果関係は不明ですが精神科病院の裏手にカモフラージュされた白山神社があり、長年幸手駅には西口が無く、未指定かと思われますが雑然としており不思議な光景です。数年前に西口が完成し急速に変化しています。ぜひともお越しください。楽しみにしております。

    返信
  3. 久松商事

    幸手市のマリア観音は白山権現と一緒にあるね。
    稲村ヶ崎の由井さんも隠れキリシタンだったからあの辺もそうかね。

    返信
  4. 社会運動等標ぼうゴロ

     「母の旧姓はなんですか?」っていう秘密の質問が良くあるんです。
    「マツモト」って答えなければならない。ルーツはあの「寝た子は起こすな」で有名(?)な石川県なんですが。
     石川、富山、名古屋(新栄、栄生、あま等除く)の調査はいつになりますか?あと、中南信も期待しています。四つのお願い。

    返信
  5. 社会運動等標ぼうゴロ

     本文やコメントを読まずにコメントするので時々被ります。「小手指」って所沢のと関係あるんですか?ある人によれば「地区」と「地区」は見えない糸が結ばれているそうです。
     危なかった、名前欄にメルアド載せるとこだった(汗)。

    返信
  6. 名無し

    幸手市は幸手西と幸手北の線路を挟んだ両傍に古い住宅が密集している地域があります。グーグルマップで確認したら4か所ありました

    返信

関連記事

学術・研究:部落探訪(285 後編)埼玉県 本庄市 児玉町児玉 下町

前回に引き続き、下町の探訪である。そもそも「下町」とはどこの、どの範囲を指すのか、文献だけでは分かりにくかったが、現地を探訪するうちに次第に全容が分かってきた。 それを理解する鍵は、小林初枝『こんな差別が』で挙げられてい […]

学術・研究:部落探訪(283)山梨県 笛吹市 一宮町田中 西組

「国連NGO横浜国際人権センター山梨ブランチ」を取材するために山梨県を訪れていたのだが、地元の方から、山梨県の部落と言えば笛吹市の田中が有名と聞いた。未指定地区であるが、とある全日本同和会の幹部もここから出ているという。 […]

学術・研究:部落探訪(282)大阪府 吹田市 岸部中 “光明町”

吹田市の岸辺駅の近くに光明町(こうみょうちょう)という部落がある。かつてここは小路(こうじ)南垣内(みなみがいと)という農村だった。 それが戦後、とりわけ1970年頃から急速に都市化して、農村の面影はほぼ消えてしまった。 […]

学術・研究:部落探訪(281 後編)京都府 八幡市 八幡 六区

前回訪れたポンコツ街道は部落内ではなく、部落の南外れの、もともと田畑だった場所である。 昔から部落があった場所は、現在の八幡軸、八幡長田周辺の複数の小字にまたがる範囲で、昔の航空写真から、ここに住宅が密集していたことが確 […]