学術・研究:部落探訪(202) 福岡県 田川郡 糸田町北区二 福智町神崎三 “七十石”

カテゴリー: 部落探訪 | タグ: , , | 投稿日: | 投稿者:
By 啓発センター

同和事業最盛期の田川郡には様々な伝説が残されているが、糸田町と福智町の境界にある七十石という部落にも伝説的な建物がある。それが通称鉱害城である。

中原京三の著書「追跡・えせ同和行為」には「同和地区ののまんなかにそびえたつ三階建の天守閣つきの豪邸は、周辺住民からは“鉱害城”と呼ばれている」との記述がある。

1933年の記録では七十石は福智町と糸田町にまたがっており、福智町側が20戸、糸田町側が11戸と記録されている。自治体の境界に存在する部落は少数ながら存在し、ここの場合は2つの町でそれぞれ同和地区指定されたようである。

まず福智町側に降り立った。目についたのは公営住宅。昭和50年前後の様式である。

そして、ここから既に伝説的物件が見える。

周囲は立派な塀で囲まれている。「追跡・えせ同和行為」によれば、当時の持ち主は糸田町議の井手元登という人物である。

「鉱害城」と言われた理由は、当時は炭坑による鉱害の補償が公金で行われており、その過程に入り込んで「手数料」を稼ぐ「鉱害屋」の1人が井手元氏であったからである。

井手元氏は「日本同和会全国連合会会長」を名乗り、同和の威光を使って鉱害以外のも様々な利権を得ていたようである。例えば町に「水」を売って1億5000万円稼いだという話がある。土建屋、社会福祉法人、ガソリンスタンド、散髪屋、マンションと様々な事業を手掛けていたという。

しかし1985年、井手元氏は町議会議員に対する脅迫と、町職員に対する暴力行為で逮捕された。

当時とほぼ同じ形で建物が残っているが、なぜか「天守閣」だけがなくなっている。

周囲も大きな家が多い。

その間に公営住宅があり、道路には造園業者や土建業者のトラックが停められている。

過去の記録では11戸のはずだが、それよりも家が多いように見える。

さらに福智町側に進む。こちらは神崎こうざきという地区になる。糸田町側よりも大きな家が多いように見える。そして、庭に大きな木があることにも注目していただきたい。これは最近改良されたのではなくて、昔からこのような村だったのでは?

ここが神崎三公民館。非常に立派な公民館で、教育集会所が併設されている。

公民館周囲も広い家が多い。とても部落であったようには見えない。

改めて糸田町側の公営住宅を見たが、これだけで30戸を超えている。しかし、時期的には同和対策事業の頃に建てられたことは間違いない。川崎町と同じく、炭坑労働者の失業対策のために同和事業が使われたのでは?

別のアングルから見た鉱害城。田川郡にはまだまだ謎が多い。いずれにしても、過去の事件から推測すれば、エセ同和地区が存在していたり、同和事業が目的通りに行われなかったりしても全く驚くべきではないだろう。

大井公園 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

学術・研究:部落探訪(202) 福岡県 田川郡 糸田町北区二 福智町神崎三 “七十石”」への5件のフィードバック

    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      行きたかったのですが、今回はあえて行きませんでした。他に行きたい場所が多かったので。

      返信
  1. 土淵正雄

    麻生太郎元総理大臣の出身地はどうなんでしょう?あれだけの先生だから背景にはかなり黒い影があるんじゃないでしょうか?政治の方に行かなくても背景を調べてもらっても成果がありそうな気がします。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      飯塚ですね。麻生太郎自身に同和絡みのバックがあるとは聞いたことないです。
      むしろ野中広務を部落モンと言ったことが知れ渡ってますし。

      返信

関連記事

学術・研究:部落探訪(255)滋賀県 東近江市 御園町

今回訪れたのは御園町。かつては薗畑という名前で、例のデータだと昭和初期には103戸の部落だった。近世は横井村と呼ばれ、明治初期の記録では156戸とあるから、明治以降から昭和初期にかけて世帯数が減った珍しい部落である。 さ […]

学術・研究:部落探訪(254) 京都府 相楽郡 笠置町 有市(前編)

笠置町は京都府内では井手町に次いで同和関係者の比率が高い自治体として知られる。その理由は、笠置町自体が全国でも最少クラスに人口が少ない町である上、有市という農村部にしては大規模な同和地区を抱えているためである。 戦前の記 […]

学術・研究:部落探訪(253) 滋賀県 愛知郡 愛荘町 山川原

戦前の記録では、山川原の戸数は144、生活程度は中。あそこは部落ではないと言われるくらいに、住民は豊かだったと言われる。江戸時代は「川原村枝郷皮田」が正式な名称であり、野良田村という通称もあった。それが、明治4年の解放令 […]

学術・研究:部落探訪(252) 滋賀県 愛知郡 愛荘町 川久保

「夜も煌々と電燈の光が川久保村の空一ぱいに輝き、まるで不夜城のようでした」―いにしえの滋賀県の部落を記録した書、『滋賀の部落』にはそう記されている。1931年(昭和6年)当時の戸数は25戸134人、 1996年時点で72 […]

学術・研究:部落探訪(251) 滋賀県 愛知郡 愛荘町 長塚

筆者が長塚を訪れるのは初めてではなく、実は10年ほど前にも一度訪れている。その頃と何も変わっていないように見えた。その時の様子は『同和と在日②』に書いている。 昭和初期の戸数は50。生活程度は悪くなく、明治21年の調査記 […]