学術・研究:部落探訪(196) 三重県伊賀市老川下出

カテゴリー: 部落探訪 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

伊賀市老川には戦前の記録では22戸の部落がある。山間部にあり、家が建てられる場所は限られており、世帯数が大幅に増えたとは考えられない。しかし、ここには隣保館と教育集会所がセットで存在する。

通常、隣保館は50世帯以上、教育集会所は30世帯以上の部落に作られるが、老川はその条件を満たしておらず、周囲にも他に大きな部落は見られない。

…とすると、そのからくりは何なのか気になるので、現地を訪れた。

ここが教育集会所。

隣に「老川下出集議所」と書かれた建物がある。その作りからすると、同時に作られたのだろう。そして、この場所は老川の中でも「下出」という地区であることが分かる。

教育集会所の中には解放新聞がある。伊賀では大体どこでもこんな感じだ。

地域住民によれば、ここは「上出かみで」「中出なかで」「下出しもで」の3つの集落があり、下出が部落に該当する。そして、現在では20世帯にも満たないという。

下出には、確かに同和対策の形跡が見える。これは「城山改良住宅」。このような山間部に改良住宅を建てる必要があるのか疑問が多いが、山間部の改良住宅は滋賀県の同和地区でも目にしたことがある。

教育集会所の周辺は空き家が多い。

川の対岸にも空き家が目立つ。

一方で中出に該当する上流の方に行くと、大きな家が多くなってくる。

しかし、茅葺だった屋根を改修した民家が残っており、昭和の頃は本当に山村という風景だったと思われる。

隣保館である青山文化センターは明らかに中出に該当する場所にあり、部落内ではない。

突然現れた赤レンガの立派な建物。市役所の支所かと思ってしまった。

詳細を聞いてみようと思ったら追い出されてしまった。しかし、分かったのは「混住地区」という名目で下出だけでなく老川区全体を対象として隣保館が設置されたらしいということだ。いや、隣保館の規模からすると旧青山町全体を対象としたのではないかと思える。

確かに、ごく小さな部落があるだけでも、周囲も含めて同和地区指定してしまえば、大規模な「混住地区」となる。物は言い様だ。

最後に墓地を訪れてみた。

質素な建物だが、これは火葬場なのだそうだ。

山の斜面に作られた立派な墓地。全部で60区画ある。

1984年に作られたことを示す石碑があった。

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

学術・研究:部落探訪(196) 三重県伊賀市老川下出」への2件のフィードバック

  1. 一読者

    梅高神社に行き忘れたのですね。
    神社に行き忘れたということは、また来てねということと捉え、再取材されたら良いのではないでしょうか。
    また違うものが見えてくると思います。

    返信

関連記事

学術・研究:部落探訪(271)香川県 丸亀市 川西町南

ここは香川県の被差別部落現地研修報告では丸亀市A地区として紹介されている。その立地は飯野山の麓に広がる農村地帯、香川県の特徴の1つであるため池のそばと記載されている。1990年頃は50数世帯、150人余り。 部落名は金山 […]

学術・研究:部落探訪(269)香川県 丸亀市 飯山町 東小川 西内

どうしても異常で異様な巨大同和地区ほど記事や動画の閲覧数が多くなるのだが、探訪の楽しいという点では、少戸数未指定地区の探索にまさるものはない。香川にもそのような部落があるので探索することにした。 昭和初期の記録では、綾歌 […]

学術・研究:部落探訪(268)香川県 綾歌郡 綾川町 小野、北

明治の文筆家、宮武外骨は著書『つむじまがり』で「予の先祖は備中の穢多であるさうな、予は讃岐の小野といふ村で生まれた者である」と書いていた。 宮武という名字は圧倒的に香川県に多く、岡山県では倉敷市に比較的多いのみなので、宮 […]

学術・研究:部落探訪(267)香川県 善通寺市 与北町 東原

『香川県の被差別部落 ―現地研修報告―』(安竹貴彦)で善通寺市D地区として紹介されている与北町(よぎたちょう)東原部落は、戦前は70世帯であった。主な産業は日雇い。過去の航空写真を見ると家が密集しており、農村ではなく労働 […]