学術・研究:部落探訪(172) 神奈川県伊勢原市坪ノ内・串橋

カテゴリー: 部落探訪 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

伊勢原市坪ノ内には長燈籠という部落が存在し、1934年には12戸だったと記録されている。神権連の機関紙 『人権のとも』(2008年10月15日)には伊勢原市B地区として紹介されている。

部落はこの伊勢原市総合ホールとセブンイレブンの辺りにある。神奈川県の内陸部の主要道路である国道246号が部落の中を貫いている。

総合ホールがある側は地名で言えば「串橋」、その裏手に白山神社があるという。

今は神社というよりは地区の集会場なのだが、周囲の佇まいは、ここが明らかに神社であったことを示している。

これは白山神社とは関係なく、個人の家の守り神のようなものだという。「榎本」という名前が見える。

御神体は集会所の中にあるそうだ。近くの住民に『人権のとも』を見せると、確かにこれだという。

国道沿いにはダイハツやタイヤガーデンが。これらは、皆住民が土地を貸しているのだという。古くからの住民は、もはや大地主である。

差別された村だったのかということを聞いてみると、「部落」といった言葉はこの辺りでは使うけど、過去のことはよく分からないという。坪ノ内側が部落の中心であり、白山神社のある串橋の側はどちらかと言うと村の外で、昔はそこに墓地があって今は高速道路の北側に移転したという。

『人権のとも』にある通り、宗派は日蓮宗。伊勢原市内に日蓮宗の寺はあり、周囲にもその寺の檀家はあるが、白山神社の組は主に厚木の寺の檀家だ。おそらく本照寺のことだと思われる。

坪ノ内側にあるのは大きな家、新築の戸建て、アパートである。榎本という表札がある家はいくつかあるが、豪邸が多い。

豪邸の前の無人販売所でミカンと白菜の漬物が売られていた。それぞれ100円。

東名高速道路の下をくぐって、『人権のとも』に書かれているミカン畑に囲まれた墓地を探索した。部落からは1キロメートルほど離れており、地名で言えば神戸こうどという場所にある。

無人販売所でミカンが売られていたということは、この辺りも部落の住民の土地だということか。

予想をしていたが、日蓮宗で、やはり榎本姓が多い。

墓地には石碑があった。これによれば関東大震災で部落が大きな被害を受け、そこからの復興に尽力した人物がいたということのようだがどうだろう? 石碑は昭和4年に建てられたとあるので、その頃に墓地も移転したのだろう。

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

鳥取ループ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

学術・研究:部落探訪(172) 神奈川県伊勢原市坪ノ内・串橋」への14件のフィードバック

  1. タッキー

    なんで最後の画像の裏面は載せないの?
    だんだん本田豊よりになってないか
    あのな
    そのうち北海道の小野寺まさるみたいにアイヌ差別は無かったと言いそうだな?

    返信
  2. タッキー

    アイヌ差別は無かったやなく被差別部落差別は無かったやw
    小野寺まさるとともに頭がおかしいで

    返信
  3. タッキー

    君の実家は神社の宮番で屠殺業か
    小野寺まさるはアイヌを滅ぼした北海道移民でアイヌ系という残党狩りを公然と北海道に住みアイヌ系差別捏造のキチガイや
    解放同盟は縄文アイヌは全く無視で朝鮮人白丁に力を入れた
    だから少なくとも今だに北海道移民に差別されるアイヌ系を否定するキチガイの小野寺まさるには関わるな

    返信
  4. タッキー

    アイヌは縄文や
    沖縄の人に妖精の小人の先住民を滅ぼしてと?と言えや
    北海道インチキ移民の小野寺まさるw

    返信
  5. タッキー

    私にイチャモンつける人は何らかの精神障碍で
    それはお前や
    アイヌを滅ぼしなおアイヌ系残党の差別をする小野寺まさる同調の宮部
    お前が海外旅行をしたら日本人と言われるか
    まずは鏡を見ろや

    返信
  6. タッキー

    海外旅行をして一目で日本人と認識されるのは三船敏郎か加山雄三みたいな顔をした者だけと思う
    本当に後10年20年したら部落差別なんて無かったと捏造しそうだな

    返信
  7. タッキー

    つまり黒澤明は縄文系の顔が戦後の復興になると考えていたか
    鳥取ループ宮部のハゲは縄文系のハンサムでは無いw

    返信
  8. っや

    12戸の部落なんてどれがいわゆる部落民とされた人たちかなんて分かるはずがないとおもう

    返信
      1. タッキー

        お前が頭がおかしいんだよ
        何が北海道移民が滅ぼしたアイヌ民族は無かっただ馬鹿
        シシャモ?w

        返信
  9. 遠州屋

    お願いというか、リクエストと申しましょうか、もし【部落研究】動画で両墓制の墓地を発見されましたら詳しく場所など映像の中で教えていただければ嬉しいです。穢れ意識の強さを由来として埋め墓と詣(参)り墓を分けたとしたら被差別部落と結びつきやすいと思うのですがなかなか事例が見つかりません。両墓制の墓地は何か所か訪れたことはあるのですが、いずれも関係はありませんでした。三重・奈良・京都の両墓制墓地をまわる予定でいるのですが、公共交通機関を利用して行ける立地にはなく、車を持つ金もなく、斯うした機会に図々しくお願いするしだいです。全ての動画を拝見したわけではないので、過去その事例があったのかもしれません。その節は御許し下さい。

    返信

関連記事

学術・研究:部落探訪(281 前編)京都府 八幡市 八幡 六区

今回は八幡市の「六区」という部落を訪れた。この部落は規模が大きく、見所も多いので、前編後編に分けて紹介する。 前編で訪れたのは部落の南側、京阪国道から分かれる道にスクラップ業者が集中している、通称「ポンコツ街道」である。

学術・研究:部落探訪(280)滋賀県 野洲市 小篠原 和田

野洲市小篠原と言えば、野洲駅と市役所ががある、野洲市の中心街だが、その地域の和田という地区が部落である。明治初期は10戸、昭和初期は51戸。1996年頃は205戸であった。 もとは低湿地帯の小さな村であったが、市街化地域 […]

学術・研究:部落探訪(279)滋賀県 近江八幡市 若宮町

近江八幡市若宮町は滋賀県内でも異色の部落である。中小森3部落の中では最大規模であるが、同和地区指定がされていない。その経緯は10年以上前の記事「同和地区指定を拒否した全国水平社初代委員長の故郷」に書いたので、ぜひ読んでい […]

学術・研究:部落探訪(278)滋賀県 近江八幡市 池田本町 住吉

中小森3部落のもう1つを探訪する前に池田本町住吉に立ち寄った。中小森に近いが、ここはかつての池田村であり、中小森3部落には含まれない。江戸時代は木原村、その後池田村枝郷西村となり、桐原村の一部となった後1954年に近江八 […]

学術・研究:部落探訪(277)滋賀県 近江八幡市 大森町

『近江八幡の部落史 くらしとしごと』によれば、かつての村名は「細工(さいく)」で、文字通り竹細工を作っていた。しかし、竹細工が村名の由来であるとは断定できず、地元の寺から「西久」と書かれた紙が出てきたというので、途中で漢 […]

学術・研究:部落探訪(276)滋賀県 近江八幡市 堀上町

ぜひ探訪して欲しいとリクエストがあったので、中小森(なかこもり)3部落を探訪することにした。ここは『滋賀の部落』では中小森村枝郷三部落として紹介されており、中小森には日吉村、赤尾、白鳥という一般地区があり、細工(さいく) […]