学術・研究:部落探訪(114) 大阪府八尾市幸町“西郡”

カテゴリー: 部落探訪 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

今回訪れた部落は「西郡」と言われるが、この地名は現存せず、なおかつ西郡は本来は部落の地名ではない。かつての北河内郡西郡村のことであり、部落はその中の一部で、「北ノ辻」という村である。

1935年の世帯数は398。生活程度は「中」とされているので、極端に貧しくはなかったと考えられる。

動画版は今夜9時30分からプレミア公開するので、ぜひご覧頂きたい。

市役所支所の近くにある、この人権かつら地域協議会は解放同盟系の組織だが、ここでは解放同盟の分派である全国連のさらに分派である全国水平同盟の存在感が強い。

その拠点となっているのがここ、八尾北医療センター。詳しくは「滞納、追い出し、指定管理者制度…「西郡住宅」の今」をご覧頂きたい。

医療センター周辺は昔は田畑だった場所で、古くからの部落からは離れた場所だ。

巨大な同和住宅がある一方。

大阪にはありがちな民間の古い長屋もある。

1958年当時は世帯数が1071と激増しており、明らかに外部からかなりの人口流入があった。この地で部落解放を唱えている人のほとんどは、古くからの北ノ辻部落とは無関係と考えられる。

そして、古くからの部落のあった場所へと進むと…

休日なのに人っ子一人おらず、シャッターが閉まった改良住宅商店街が。噴水が虚しく噴き上げている。

これが閑散としている理由の1つと思われる、水平社宣言の銘板と荊冠マーク。本来は歴史ある村だったはずが…。それにしても、あの噴水の維持費はどこから出ているのだろう?

この浄土真宗西本願寺の寺だけが、部落の変遷を見つめてきだのだろう。

「四ツ辻地蔵尊」というものがあり、文字通り四ツ辻がある。間違いなく、ここに古くからの村があった。

これも古い地図に掲載されている、昔からある史跡。大阪夏の陣の戦死者の墓だ。

立ち並ぶ団地と、福祉施設。古くからの部落の面影がないだけでなく、今の土地、今の住民に、「北ノ辻」からの連続性があるとは思えない。

この部落は、もはや近世の身分制度とは無関係で、今の政府と運動団体が作ったものではないのか?

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

4 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

学術・研究:部落探訪(114) 大阪府八尾市幸町“西郡”」への8件のフィードバック

  1. さくぞう

    大阪東部の有名3部落(北蛇草、荒本、桂)の探索ご苦労様です。20年程前に3地区に行った事ありますが、野犬が多く難儀した覚えがあります。探索では外部からの転入者が多いとの事ですが、この先もこれらのエリアはこのまま変わらないと予想されますか?私は東京の様にそれとわからない姿になってほしいですが。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      変わるかどうかは東大阪市と八尾市次第でしょう。

      ただ、公営住宅や箱物施設は建て直されて、見た目は綺麗になるかも知れないですね。同和なのは相変わらずでしょうが。

      返信
  2. 4

    八尾市志紀周辺にも市営や川、ゼラチン会社等ありますがあの辺りはB、あるいは未指定だったりするのでしょうか?

    返信
  3. 4

    不動産営業の知り合いから聞いた話ですが、
    八尾市の有名どころは勿論の事、
    萱振町、楠根町もBだから家は絶対買うな、と言われました。

    しかしながら調べても調べてもそのような記載は出てきません。
    実際はどうなのでしょうか?

    返信

関連記事

学術・研究:部落探訪(281 後編)京都府 八幡市 八幡 六区

前回訪れたポンコツ街道は部落内ではなく、部落の南外れの、もともと田畑だった場所である。 昔から部落があった場所は、現在の八幡軸、八幡長田周辺の複数の小字にまたがる範囲で、昔の航空写真から、ここに住宅が密集していたことが確 […]

学術・研究:部落探訪(281 前編)京都府 八幡市 八幡 六区

今回は八幡市の「六区」という部落を訪れた。この部落は規模が大きく、見所も多いので、前編後編に分けて紹介する。 前編で訪れたのは部落の南側、京阪国道から分かれる道にスクラップ業者が集中している、通称「ポンコツ街道」である。

学術・研究:部落探訪(280)滋賀県 野洲市 小篠原 和田

野洲市小篠原と言えば、野洲駅と市役所ががある、野洲市の中心街だが、その地域の和田という地区が部落である。明治初期は10戸、昭和初期は51戸。1996年頃は205戸であった。 もとは低湿地帯の小さな村であったが、市街化地域 […]

学術・研究:部落探訪(279)滋賀県 近江八幡市 若宮町

近江八幡市若宮町は滋賀県内でも異色の部落である。中小森3部落の中では最大規模であるが、同和地区指定がされていない。その経緯は10年以上前の記事「同和地区指定を拒否した全国水平社初代委員長の故郷」に書いたので、ぜひ読んでい […]

学術・研究:部落探訪(278)滋賀県 近江八幡市 池田本町 住吉

中小森3部落のもう1つを探訪する前に池田本町住吉に立ち寄った。中小森に近いが、ここはかつての池田村であり、中小森3部落には含まれない。江戸時代は木原村、その後池田村枝郷西村となり、桐原村の一部となった後1954年に近江八 […]

学術・研究:部落探訪(277)滋賀県 近江八幡市 大森町

『近江八幡の部落史 くらしとしごと』によれば、かつての村名は「細工(さいく)」で、文字通り竹細工を作っていた。しかし、竹細工が村名の由来であるとは断定できず、地元の寺から「西久」と書かれた紙が出てきたというので、途中で漢 […]