学術・研究:部落探訪(108) 滋賀県長浜市千草町

カテゴリー: 部落探訪 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

今回訪れたのは長浜市千草町。1888年は75軒、1931年は254軒、1999年は658世帯と記録されている。

動画版は本日18日夜9時30分にYoutube「神奈川県人権啓発センター」チャンネルでプレミア公開する。プレミア公開ではリアルタイムで筆者からの解説があり、そこでしか出ない話もあるのでぜひリマインダー、チャンネル登録して頂きたい。

まず訪れたのが「姉川コミュニティ防災センター 」。かつての「なつめ会館」から名前が変わっている。

一応は防災施設ということになっているが、中には人権関係の掲示物も。実際ここは「地域総合センター」を兼ねており、同和施設であり続けている。

そこから少し歩くと、教育集会所がある。これも同和施設だ。

教育集会所の正面には、多数の猫がたむろする、政治団体の看板が掲げられた建物が。周辺住民によると、長浜市の元市議会議員が行っている団体だが、何をやっているかはよく分からないという。

「同和とか言わないで黙っとけば誰も気にしなくなるんや」と住民は力説するが、現実はうまくいかないものである。

『滋賀の部落』によれば豊臣秀吉の治世に、京都の柳原部落から5世帯と武士1人が移住してきたのが部落のはじまりだという。姉川の周辺の土地を良好に保つためと、武具の製造のためだったと『滋賀の部落』は推測している。

ここは1570年の姉川の戦いの時に徳川家康の本陣があったとされる。

徳川家康が勝利したことから、この小高い部分は「勝山」と呼ばれている。

今は部落内は整備されているが、戦後間もない頃の航空写真では、明らかに住宅が密集している。姉川が近いため、過去に何度も洪水があり、大火に見舞われたこともあったという。

部落は高齢化しているというが、空き地や廃墟が極端に多いということはない。地元住民によれば、ブラジル人などの外国人労働者に家を貸したりするなど、移住者も多いそうだ。

この部落にはもちろん、ニコイチも多く立ち並ぶ。同じ長浜市でも、又貸しが問題となった虎姫では全てのニコイチが住民に払い下げられたが、千草ではまだそのような話は出ていないという。

ここは鹿座神社。『滋賀の部落』によれば明治期に作られたもので、それより前には村に寺社はなかったという。

灯籠に刻まれた住民の名字は様々で、住民の由来も様々ではないかと考えられる。

マンホールの蓋は千成瓢箪がモチーフだ。

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

烏野加奈子 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

学術・研究:部落探訪(108) 滋賀県長浜市千草町」への5件のフィードバック

  1. アナキン

    何故、無駄に高学歴集団wの全解連が解同に反発し差別なんか無いと言い出したか
    これはアイヌ系差別なんて無いと嘘つきの三品と宮部と小野寺まさるのホモのトライアングルと似ているw
    何故、全解連は差別なんて無いと言い出したか
    これは答えが有る

    返信
  2. @shiga

    楽しみにしていました。
    ありがとうございます!
    この町は、とても近所なので
    何度か訪れましたが
    まだまだ知らないことか沢山知れて良かったです。

    返信
  3. 動画にあったトラブルというのは、やはりイチャモンをつけられた系の出来事でしょうか?

    返信
  4. 烏野加奈子

    無駄に高学歴?
    学歴が関係あるんですか?
    無学な私には分かりませんので、是非詳しく説明していただけないでしょうか?

    返信

関連記事

学術・研究:部落探訪(281 後編)京都府 八幡市 八幡 六区

前回訪れたポンコツ街道は部落内ではなく、部落の南外れの、もともと田畑だった場所である。 昔から部落があった場所は、現在の八幡軸、八幡長田周辺の複数の小字にまたがる範囲で、昔の航空写真から、ここに住宅が密集していたことが確 […]

学術・研究:部落探訪(281 前編)京都府 八幡市 八幡 六区

今回は八幡市の「六区」という部落を訪れた。この部落は規模が大きく、見所も多いので、前編後編に分けて紹介する。 前編で訪れたのは部落の南側、京阪国道から分かれる道にスクラップ業者が集中している、通称「ポンコツ街道」である。

学術・研究:部落探訪(280)滋賀県 野洲市 小篠原 和田

野洲市小篠原と言えば、野洲駅と市役所ががある、野洲市の中心街だが、その地域の和田という地区が部落である。明治初期は10戸、昭和初期は51戸。1996年頃は205戸であった。 もとは低湿地帯の小さな村であったが、市街化地域 […]

学術・研究:部落探訪(279)滋賀県 近江八幡市 若宮町

近江八幡市若宮町は滋賀県内でも異色の部落である。中小森3部落の中では最大規模であるが、同和地区指定がされていない。その経緯は10年以上前の記事「同和地区指定を拒否した全国水平社初代委員長の故郷」に書いたので、ぜひ読んでい […]

学術・研究:部落探訪(278)滋賀県 近江八幡市 池田本町 住吉

中小森3部落のもう1つを探訪する前に池田本町住吉に立ち寄った。中小森に近いが、ここはかつての池田村であり、中小森3部落には含まれない。江戸時代は木原村、その後池田村枝郷西村となり、桐原村の一部となった後1954年に近江八 […]

学術・研究:部落探訪(277)滋賀県 近江八幡市 大森町

『近江八幡の部落史 くらしとしごと』によれば、かつての村名は「細工(さいく)」で、文字通り竹細工を作っていた。しかし、竹細工が村名の由来であるとは断定できず、地元の寺から「西久」と書かれた紙が出てきたというので、途中で漢 […]