学術・研究:部落探訪(80) 東京都世田谷区喜多見5丁目“下宿”

カテゴリー: 部落探訪 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 啓発センター

東京都世田谷区にも部落がある。場所は東京都世田谷区喜多見5丁目。小田急喜多見駅または成城学園前駅が最寄り駅だが、いずれの駅からもかなり離れている。1935年の記録では22世帯、210名の部落であるが、1815年には穢多13軒との記録があるという。


都道11号線の三叉路に「下宿」バス停がある。この付近が、昔から下宿と言われた部落の端になる。

付近にはラーメン屋や食事処があり、都心を離れた東京の普通の風景。

しかし、このタクシー置き場がある角から部落内に入ると、少し風景が変わってくる。

端的に言ってしまえば、「どくだみ荘」のような古い安アパートがいくつかある。

部落内は舗装されていない、細い道がある。都内にもまだこのような場所が残っているのだ。

ここは稲荷神社。住民に聞いてみると、昔は白山神社だっという。ただ、稲荷神社になったのがいつ頃かはよく覚えていないということだ。

境内の木の多くが保存木となっている。社殿は新しくはないが、境内は清掃されており、住民に大切にされていることが分かる。

境内をパノラマ撮影した。このライブ感を楽しんで頂きたい。

神社の裏手には畑があり、細くはないが舗装されていない道路がある。

三品によれば、住民に解放同盟について聞いてみると、解放同盟なのかどうかは分からないが、40年くらい前に部落に関係する団体が組織の結成を持ちかけてきたことがあったという。ただ、それっきりでここに解放解放運動団体が組織されることはなかった。

宮本という表札の家が目立つ。

ここにも細い道、そして舗装されていない路地が。

井戸もあった。埋められることなく、残されたものの、結局は使われていないようだ。

安アパートだけでなく、新しく綺麗なアパートもある。稲荷神社が白山神社だったことは、住民にはよく知られているようだが、部落ということはもはや意識されていないように感じた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

学術・研究:部落探訪(80) 東京都世田谷区喜多見5丁目“下宿”」への7件のフィードバック

    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      実は連光寺の前にこちらを探訪したので、それを調べるという視点が抜けていました。
      今後部落探訪では宗派を重視して探訪します。

      返信
  1. .

    【1244542】 投稿者: ぽり (ID:zyS6m1suzTk) 投稿日時:09年 03月 31日 17:41

    喜多見という場所は周囲に比べて土地が低く、水害にあいやすいとか、
    もともと部落民のすむところだったとか、土地探しをしている時に
    不動産業者に耳打ちされました。
    本当のところはよくわからないのですが、周辺に比べぐっと
    地価が低いのは事実と思います。

    https://www.inter-edu.com/forum/read.php?1103,1170900,page=2

    洪水ハザードマップを見ると、喜多見五丁目はモロですね。

    http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/104/141/557/d00005603_d/fil/PDF1.pdf

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      不動産屋も知っている人は知っているんですね。
      ただ、喜多見五丁目がモロかどうかは微妙です。
      ハザードマップを見ると多摩川の段丘崖の下が危険で、五丁目よりも危険な場所がたくさんあるように見えます。

      返信
  2. JY

    喜多見は昔、結婚したばかりの姉が移り住んでいたのですが道が入り組んでいてタクシーが入るのを拒否する区域でした。が、タクシー運転手が「あまり入っちゃいけない区域」と母親に言っていました。その後一ヶ月待たずして、姉は引っ越しましたが、なんで引っ越したのか今度訊いておきます。三十年前ですが、部落と認識してなのかどうなのか。

    返信
  3. クリーム

    神社脇農地耕作者が小島姓で神社裏から二子玉川方面バス停に抜ける途中に小島宅がありました。小机城二の丸跡で本田豊曰く地区とされる一軒家も小島姓です。関係はないと思いますが。

    返信
  4. 天車

    長らく世田谷に住んでましたが、同和だの聞いたことがないです
    過去に見たことある資料では烏山のどこかにもそういった指定地域があるようです

    返信

関連記事

学術・研究:部落探訪(255)滋賀県 東近江市 御園町

今回訪れたのは御園町。かつては薗畑という名前で、例のデータだと昭和初期には103戸の部落だった。近世は横井村と呼ばれ、明治初期の記録では156戸とあるから、明治以降から昭和初期にかけて世帯数が減った珍しい部落である。 さ […]

学術・研究:部落探訪(254) 京都府 相楽郡 笠置町 有市(前編)

笠置町は京都府内では井手町に次いで同和関係者の比率が高い自治体として知られる。その理由は、笠置町自体が全国でも最少クラスに人口が少ない町である上、有市という農村部にしては大規模な同和地区を抱えているためである。 戦前の記 […]

学術・研究:部落探訪(253) 滋賀県 愛知郡 愛荘町 山川原

戦前の記録では、山川原の戸数は144、生活程度は中。あそこは部落ではないと言われるくらいに、住民は豊かだったと言われる。江戸時代は「川原村枝郷皮田」が正式な名称であり、野良田村という通称もあった。それが、明治4年の解放令 […]

学術・研究:部落探訪(252) 滋賀県 愛知郡 愛荘町 川久保

「夜も煌々と電燈の光が川久保村の空一ぱいに輝き、まるで不夜城のようでした」―いにしえの滋賀県の部落を記録した書、『滋賀の部落』にはそう記されている。1931年(昭和6年)当時の戸数は25戸134人、 1996年時点で72 […]

学術・研究:部落探訪(251) 滋賀県 愛知郡 愛荘町 長塚

筆者が長塚を訪れるのは初めてではなく、実は10年ほど前にも一度訪れている。その頃と何も変わっていないように見えた。その時の様子は『同和と在日②』に書いている。 昭和初期の戸数は50。生活程度は悪くなく、明治21年の調査記 […]