塩見鮮一郎氏が部落解放同盟と決別

カテゴリー: ウェブ記事 | タグ: | 投稿日: | 投稿者:
By 啓発センター

塩見鮮一郎氏と言えば、部落史研究の大御所であり、部落マニアであれば誰も知らない人はいない人物であるが、2011年2月に緑風出版から発刊した著書「新・部落差別はなくなったか?」をめぐって、部落解放同盟東京都連合会と対立状態にあった

弊舎「同和と在日⑥」の「著書に部落名を書いたら「そこは部落ではない」と解放同盟に指摘された塩見鮮一郎」でその件を取り上げたが、その後、塩見氏と解放同盟との関係断絶は決定的になってしまったようだ。

事の発端は、塩見氏が「新・部落差別はなくなったか?」で、東京都練馬区練馬4丁目(谷戸やと)や、神奈川県小田原市東町ひがしちょう山王さんのう)などの被差別部落を写真付きで紹介したこと。日頃から被差別部落の場所を調べた企業などを糾弾していた解放同盟東京都連はこのことを問題視し、解放同盟神奈川県連も巻き込んで塩見氏と「話し合い」が何度か持たれた。

東京都連は住民への断りなく書籍に載せたことを問題視、一方神奈川県連は本で紹介されていた小田原市扇町おうぎちょう五百羅漢ごひゃくらかん)は被差別部落ではないと突っ込みを入れるという有様だった。

昨年の夏、筆者は塩見氏に直撃し事の真相を聞いてみた。

塩見氏によれば、20年ほど前から東京都連の特定の人物と、本の出版元の緑風出版の間に金銭的ないさかいがあったという。それで、何とか緑風出版に難癖をつけたかったのではないかということだった。

そしてもう1つの重要な事柄、小田原市扇町の件については「自分としては小田原の扇町が部落だと書いたつもりはない」ということだった。

確かに、本を見ると「小田原の白山神社に行きました」と書き、白山神社の場所を書いているだけなので、「そこが部落である」とは明示されていない。ただ「二十一世紀の部落」という節に書かれているので、何も知らない読者が読めば、小田原市の五百羅漢と山王が部落だと思ってしまうだろう。

小田原市の部落を紹介した問題のページ

小田原市の部落を紹介した問題のページ

そして、今後の対応について塩見氏は「もう、解放同盟の講演会には出ない、確認会にも糾弾会にも出ない」と明言した。

一方、東京都連の関係者は、塩見氏の言い分を明確に否定してこう話す。

「もともと塩見さんとの関係はよくて、講演にも来てもらってたんですよ。緑風出版とも関係はよかったですよ」

そして、関係がこじれた原因は、あくまで住民の許可なしに部落の地名や写真を掲載したことだという。

「緑風出版の社長は『命にかかわるようなことでない限り、出版は自由だ』というようなことを言って、折り合わなかった。塩見さんは話し合いでは“リベンジ”すると言ってたけど、ずっと連絡がないですよ」

塩見氏の著書をめぐっては、2012年10月に緑風出版から発刊された「どうなくす? 部落差別」にある「「地名総鑑」という本はなんら悪いものではない。それを利用した企業が悪い」という記述についても東京都連が問題視

結局、「出版の自由」「学問の自由」を優先する作家である塩見氏の考えと、差別糾弾という運動体の論理が折り合わなかったということだろう。

. へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

塩見鮮一郎氏が部落解放同盟と決別」への2件のフィードバック

関連記事

学術・研究:部落探訪(255)滋賀県 東近江市 御園町

今回訪れたのは御園町。かつては薗畑という名前で、例のデータだと昭和初期には103戸の部落だった。近世は横井村と呼ばれ、明治初期の記録では156戸とあるから、明治以降から昭和初期にかけて世帯数が減った珍しい部落である。 さ […]

J・マーク・ラムザイヤー教授『アイデンティティ政治の 発明について:日本における 被差別部落民』②

On the Invention of Identity Politics: The Buraku Outcastes in Japanの日本語訳の続きを掲載する。前回はこちらを参照のこと。 今回は、近代の部落研究の成果 […]

【同和化する LGBT】「東京都同性 パートナーシップ制度」は “仕事をやってる感 ”まる出し!

東京都は来年度から同性の事実婚カップルも一般的な夫婦と同様にみなす「東京都同性パートナーシップ制度(仮称)」を導入する方針だ。12月8日のNHKニュースによれば昨年10月から当事者や都民などを対象にアンケート調査を実施し […]

J・マーク・ラムザイヤー教授『アイデンティティ政治の 発明について:日本における 被差別部落民』①

以前、ラムザイヤー教授による『日本の 被差別民政策と 組織犯罪:同和対策事業 終結の影響』の和訳を掲載した。今回からは、それに続く論文を和訳したものを掲載する。前の論文は日本の被差別部落民の起源が近世の被差別民であること […]

【京都 笠置町】堕ちた「笠やん」 補助金不正受給事件の裏に 町に寄付された 土地の横取り計画

日本最少人口の町笠置町で、4年ほど前に総務省の補助金の不正受給が発覚した。2020年2月13日にこの件に関連して3人が書類送検されたが、不正受給された補助金が返還されたとして不起訴となっている。 しかし、この事件の背景を […]