学術・研究:部落探訪(226)茨城県 古河市 中田

By 鳥取ループ

古河市最大で最も有名な部落であり、茨城県内でも最大の部落なのだが、昭和初期の記録ではその戸数は90戸。全国的に見れば特に大規模な部落というわけではない。

他の関東の部落によくある通り、白山神社があるのだが、地図で見ると2つある。なぜ2つあるのか、謎を解くべく現地を訪れた。

中田も全体が部落というわけではなく、その中でも南の地域である。どこが境界になのかは、はっきりしないが、現地の近くにも集合住宅や新住民のものと思われる家がある。

そのような場所に白山神社が見えてきた。

境内は広く、立派な神社だ。

中は氏子が集まることができる構造になっている。これは白山神社に限らず、この近辺の様々な神社に共通することである。やはり、祭りの時は社殿の中に氏子が入るそうだ。

境内にはさらに2つの神社がある。これはたぶん稲荷神。

これは猿田彦?

石川、中川、山田という名字が多い。これをよく覚えておいてほしい。

実はここでもう1つの神社がある理由を聞くことができた。氏子が増えて、社殿に入りきれなくなって、別途新殿を作ったということなのである。時期は昭和初期、水害対策の河川改修をした頃なのだという。

ここは完全に部落の中のはずだが、普通に集合住宅がある。

ここは中田集会所。大山の集会所と同じ位置づけだ。掲示物に同和だの部落だの人権だのといったものはない。

さらに進むと…

新殿だという白山神社に着いた。ここにも稲荷神がある。

小さいが、社殿の中は同じような構造だ。

しかし、決定的に違うのは、石碑に刻まれた氏子の名字の傾向が、明らかに本殿と違うことである。ここから推定されるのは、単に氏子が増えたから新殿を作ったのではなくて、比較的新しい住民が新殿を使うというルールになったのでは。

ここが墓地。時宗その他複数の宗派が混在しているように見えるがどうだろう?

ついでに堤防沿いを歩いていると、仏像彫刻師の作業場のようなところがあった。

ここは関所跡。スタンプラリーのチェックポイントがある。

この場所、住宅地図では「橋本組二代目」となっている。土建屋さんとかではなく、ほんとうにあっちの方の「組」である。外観を見る限り表札も看板もないのに、ゼンリンの調査員が「橋本組二代目」と分かった理由が謎である。

なお、関係は不明だが1993年の時点では、電話帳にはこの場所は「全日本同和会茨城県連合会」として登録されている。地元住民によれば、その頃から既にヤクザ事務所と認識されていたとのことだ。

学術・研究:部落探訪(226)茨城県 古河市 中田」への2件のフィードバック

  1. ポチ

    WEBサイトに
    https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1256535252
    というQAのページがあり、私も古河については興味を持っていました。
    本記事では、こちらのページに記述されている中田第四小学校の
    「大きくて目立つ石碑」については記載がありませんが、
    取材時に何か情報を得られたりはしておられませんでしょうか?
    現在も石碑が存在するなら、何が書かれているのか、その内容を知りたいです。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      石碑は現存するようなのですが、外からは見えないようなのですよ

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo