学術・研究:部落探訪(178) 横浜市緑区十日市場町

カテゴリー: 部落探訪 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

ここには1934年の記録では坂下という名前の5戸の部落があったとされる。もう1つの手がかりが『人権のとも』2008年3月15日で、「横浜・十日市場」と特に地名を伏せずに掲載されている。

十日市場町の町域の東端、この恩田川の近くに部落があるらしい。

まず、何らかのつる植物に覆われた形跡のあるこの建物。

反対側に回るとこんな感じ。何かの作業場で、つる植物は葛だろう。

特に意味はないが、印象的な光景だったのでパノラマ撮影した。

さらに住宅地の中に入っていく。このあまり広くない道が、旧鎌倉街道だ。明治時代の地図だと、主要な道路はこれしかなかった。

『人権のとも』によれば鎌倉街道を挟んで墓地と白山神社跡地があるという。街道を歩くと墓地が見えてきた。

しかし、墓石を見ると時宗でも浄土真宗でも日蓮宗でもない。周囲には墓石に刻まれているのと同じ「芦垣」という家が何軒かあるが、昔から土地を持っていた農家のような佇まいで、これは部落とは関係なさそうだ。

さらに旧街道を進むと、切通のような場所がある。

その脇に何かの供養塔と階段が。

階段を登ると…

ここにも墓地がある。

法名に弌または阿の文字があることから、これは間違いなく時宗であろう。ここが部落の墓であると確信した。

すると、墓の反対側にある右側の斜面の辺りに白山神社の跡地があるはずだが。

それらしい物は見えない。

代わりにこちらにも長い階段があるので登ってみると…

ここにも墓地が。しかし、こちらは明らかに宗派が違う。部落ではない墓地であろう。

『人権のとも』によれば白山神社の跡地は2008年の時点で草に覆われた入り口の石段が残っているだけだった。

あたりを見回しても白山神社の跡地らしきものは見当たらない。もしかすると、完全になくなってしまったのだろうか。

さらに歩くと住宅地の外に出てしまった。

引き返して住宅地をうろうろしていると、どこかで見たような光景が。

これは『人権のとも』の写真にある家だろう。何か聞けないかと思ったが、残念ながら留守だった。

残念ながら白山神社跡地は見つけられなかったが、この付近であることは間違いない。見たところでは、既に融和して解放された部落であるようだ。

筆者の家からそれほど遠くないので、いずれまたチャレンジしようと思う。

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

学術・研究:部落探訪(178) 横浜市緑区十日市場町」への11件のフィードバック

    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      その場所、入ろうとしましたが民家に囲まれていて無理でした。やはり、酒井さんの許可を得る必要があります。

      返信
  1. 65年の地図を見たら芦垣さん達は何処から来たの?ってくらい家が建っていない。
    字坂下って昔の十日市場の中心地に近いんだよね。

    返信
  2. 知識欲@千葉

    youtubeでここを知った素人ですが、
    千葉県酒々井町本佐倉を探訪して欲しいです。
    https://www.google.com/maps/@35.7222937,140.256625,381m/data=!3m1!1e3
    スーパーセンタートライアル酒々井店の左上の六軒?
    さすがグーグル、隣保館と神社もありますね。
    ここは2016年に姉による弟の殺人事件があった場所ですが、
    首都圏のニコイチ同和地区ってここだけ?なので興味あります。
    なぜ首都圏ではニコイチ流行らなかったのかなって。

    返信
      1. 切通しの脇…

        緑色2か所が墓地のある所で、十字の位置に祠。
        ただ本文に出てくる人名が付いたアバートの脇なので微妙かな~?

        返信

関連記事

学術・研究:部落探訪(286)埼玉県 本庄市 児玉町児玉 吉田林

小林初枝『こんな差別が』には次の記述がある。 私の友人の弟で岩上姓なる青年が、部落外の娘と恋仲になりましたが、娘の親戚から、「せめてもう少し離れた土地の岩上なら、世間さまへいいわけもきくが、児玉で岩上といやあ、だれでもい […]

学術・研究:部落探訪(285 後編)埼玉県 本庄市 児玉町児玉 下町

前回に引き続き、下町の探訪である。そもそも「下町」とはどこの、どの範囲を指すのか、文献だけでは分かりにくかったが、現地を探訪するうちに次第に全容が分かってきた。 それを理解する鍵は、小林初枝『こんな差別が』で挙げられてい […]

学術・研究:部落探訪(283)山梨県 笛吹市 一宮町田中 西組

「国連NGO横浜国際人権センター山梨ブランチ」を取材するために山梨県を訪れていたのだが、地元の方から、山梨県の部落と言えば笛吹市の田中が有名と聞いた。未指定地区であるが、とある全日本同和会の幹部もここから出ているという。 […]

学術・研究:部落探訪(282)大阪府 吹田市 岸部中 “光明町”

吹田市の岸辺駅の近くに光明町(こうみょうちょう)という部落がある。かつてここは小路(こうじ)南垣内(みなみがいと)という農村だった。 それが戦後、とりわけ1970年頃から急速に都市化して、農村の面影はほぼ消えてしまった。 […]