学術・研究:部落探訪(145) 大阪府高槻市富田町2丁目

カテゴリー: 部落探訪 | タグ: , , , | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

今回は高槻市富田町を訪れた。最寄り駅は阪急富田駅で、高槻市の代表的な部落である。かつては新北町という名前で、1935年の記録では242世帯であった。現在の2丁目が概ね部落の範囲である。

この地の印象的な光景は、墓地と市営住宅(富寿栄住宅)である。

また、飛鳥会事件を起こした小西邦彦の出身地としても知られる。確かに、墓地にはいくつか小西姓の墓石があった。

市営住宅の駐車場には壊れた車が放置されていた。

さらにもう一台。フロントガラスが割れており、事故車なのか、後で破壊されたのかは分からなかった。

市営住宅の横には畑もある。

部落の中を歩く前に、1つ重要なスポットがあるというので行ってみた。ここは富田町3丁目で部落外である。

ここが本照寺。大変立派な寺で、阪神地域の部落の総本山的な寺の1つであるらしい。

境内に寄進者が掘られた石版があった。寺として寄進したところを見ると、確かに部落の寺が多いように見える。

さきほどの寺から2丁目と3丁目の間にある大通りに戻った。ここには富田ふれあい文化センターという隣保館がある。

あまり同和や部落を主張する掲示物はないように見えるが。

水平歌の歌詞が刻まれていた。

やっぱりここは同和施設なのである。

この地図を頭に入れて歩いてみる。

廃墟となったアパートが。

極端な住宅密集地ではないが、細い道がところどころに残っている。

左側が富田小学校。

さきほどの地図によればこの近くにふれあい文化センターの分館があるはずだが…。

空地になっている。どうやら解体されたようだ。

住宅地の大部分はこのような感じで、部落という雰囲気はない。

何かの記念碑。

その近くに「ひかり湯」という、分かり易い名前の公衆浴場が。入浴料は格安の300円、サウナもあるそうだ。

その近くにあるのが因光寺。西本願寺だ。この寺は本照寺の寄進者に含まれていた。

ここでも地震と台風の影響と思われる、ブルーシートをかけられた家がいくつかある。

細い路地に囲まれた一角が、空き地と空き家になっているところがあった。周囲は比較的新しい家に囲まれており、孤立してしまった土地のようだ。

この公園は、公園というよりは庭園のようで、この地域の産業が活かされているように感じる。

その産業というのが造園業だ。『大阪の同和事業と解放運動』によれば、もともと雑業が主だった富田部落は、戦後に植木屋が多くなった。

そして、昭和50年に「部落産業」の育成のため作られたのがこの「植木団地」。富田からは離れた場所(高槻市川添)にあるが、「高槻市富田園芸協同組合」が正式名称である。

甲子園球場2つ分ほどの土地が、破格で富田の造園業者に貸し出されてきたが、2014年に高槻市が退去を求め、ほとんどの業者は出ていった。

しかし、一部の業者が不法占拠している状態で、中核派系の同和団体「全国水平同盟」や関西生コンがそれを支援しており、高槻市から立ち退きのための訴訟を起こされた。

そして今年の4月、不法占拠者が3億円を高槻市に支払うことと植木団地からの退去を命ずる判決が最高裁で確定した。高槻市の全面勝訴である。

植木団地の大部分は消防訓練場になる予定だが、既に一部の区域は民間に売却され、保育園が出来る予定だ。

植木団地の周辺住民に聞いてみると、「部落が絡んでいることだから、うかつなことは言われへん」「( 占拠している人たちは)ヤクザみたいなもんや」といった反応だった。前述の通り、不法占拠に関わっているのは全国水平同盟だが、部落解放同盟がやっているものと誤認識していた。

別の住民によれば、今でも時々門が空いている時があり、事務所に監視役のようなのが一人いるという。そして、「そいつはコレモンや」と言って小指を折りたたむ仕草をした。

高槻市で年配の人の本音を聞いてみると、同和・在日というと、あちこちで不法占拠をしている連中というイメージが語られ、植木団地はそのイメージの増長に一役買っていることは間違いない。

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

ひで へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

学術・研究:部落探訪(145) 大阪府高槻市富田町2丁目」への11件のフィードバック

  1. 京阪神だけでなく、岡山県真庭市にも本照寺の末寺がありますね。

    ブルーシートがかかった屋根は一般地区でもいまだに数多くあります。

    返信
  2. 奈良の人

    駐車場のボンネットの錆びた紺色の車、2011年のraidenさんの動画(高槻市 改善 https://www.youtube.com/watch?v=RAEdIEKUSD4)にもナンバーが外れた状態で映ってますね。
    事故車なのか盗難車なのか、8年もあの状態はちょっと闇を感じます。持ち主は此処の住民なのでしょうか。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      それは気が付きませんでした。よく見ると地面の工事がされて、場所も少し移されているようです。公営住宅の駐車場に、廃車を8年も放置というのは確かに闇がありそうです。

      返信
  3. 中核派の巣窟冨田

    駅の近くの富寿栄公園に行きました?
    あそこにはひかり診療所設立の記念碑があって、部落差別による劣悪な衛生環境の改善のため云々と書かれた碑があるのですが
    検索したら画像もあるのでもしよかったらどうぞ。
    このひかり診療所ってのがまた…

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      これですね! すみません、見逃していました。貴重な情報ありがとうございます。
      https://www.google.com/maps/uv?hl=ja&pb=!1s0x6000fd4d6b1b6e33%3A0x4a8fec76dea5d96b!2m22!2m2!1i80!2i80!3m1!2i20!16m16!1b1!2m2!1m1!1e1!2m2!1m1!1e3!2m2!1m1!1e5!2m2!1m1!1e4!2m2!1m1!1e6!3m1!7e115!4zL21hcHMvcGxhY2UvJUU1JUFGJThDJUU1JUFGJUJGJUU2JUEwJTg0JUU1JTg1JUFDJUU1JTlDJTkyL0AzNC44MzMxMDYyLDEzNS41OTAxMDUsM2EsNzV5LDEzNC4wOWgsOTB0L2RhdGE9ITNtNCExZTEhM20yITFzMm1meElIXzVpSUlpZWRkTC1ZMHBEUSEyZTAhNG0yITNtMSExczB4NjAwMGZkNGQ2YjFiNmUzMzoweDRhOGZlYzc2ZGVhNWQ5NmI_c2E9WA!5z5a-M5a-_5qCE5YWs5ZySIC0gR29vZ2xlIOaknOe0og&imagekey=!1e10!2sAF1QipPx7WZMbHB4x8Oa4Sujsi1WtVBUvu0U6wGDiV0&sa=X&ved=2ahUKEwi_ivPnzKbkAhWQdXAKHcWeDjwQpx8wCnoECA8QCw

      返信
  4. ひで

    ひかり診療所。相当劣悪な環境だったんですね。でも、何故わざわざ石碑を建てたのですかね。鳥取ループさんさえも知らない情報なのに、何で差別されてたことをアピールする必要があったのでしょう?当時の同和行政に意味はあったと思うのですが(生活水準向上など)、現在差別、差別と騒がれるのはおかしいなって感じます。就職差別、結婚差別現在もあるんですかね?

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      大阪全般に言えることとして、同和予算獲得のために行政が解放同盟設立を働かけることをやったと聞いています。アピールするのは予算を得るためです。
      いずれ動画で解説したいですが、私は本当の意味での就職差別・結婚差別はないと考えています。

      返信
  5. ミネルバのフクロウ

    近くの津之江のあたりには豚小屋が不法に建てられてたらしいな
    在日か部落かわからんが

    高槻では中核派のアジトが摘発されたりリアルで左翼の牙城だな

    高槻の公立中学生はみんなタチソで朝鮮人がいっぱい強制的に云々と教え込まれる。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      高槻だと、朝鮮学校との交流イベントが定期的にあったとも聞いてます。
      高槻出身者が身近にいるのですが、洗脳されていて、私が韓国朝鮮に厳しいことを言うと、そういうことを言うなと怒っていました。
      しかし、日韓ワールドカップ以降の情勢から、今は私なんかよりもはるかに嫌韓になっています。反動って怖いですね。

      返信

関連記事

学術・研究:部落探訪(292)熊本県 熊本市 南区 城南町隈庄 萱木

熊本では数多くの部落を探訪する準備をしてきたものの、いろいろあって気がついたら日没が近づいていた。最後の探訪先に選んだのが萱木(かやのき)である。ここを選んだ理由は、たまたま今いる場所から近かったからである。 地名で言え […]

学術・研究:部落探訪(291)熊本県 熊本市 南区 日吉2丁目 7, 14

熊本では時間が限られていたので、どの部落を探訪するのか迷った。その中で選んだのが、比較的規模の大きな未指定地区と推定される場所である。現在の熊本市 南区 日吉2丁目7番地、14番地で、昭和初期は100世帯あったとされる。 […]

学術・研究:部落探訪(290)熊本県 菊池郡 菊陽町 原水 馬場

『各墓地で憤りをあらわに「死んでも差別が」熊本県知事が部落視察』という記事が、2004年11月15日のウェブ版解放新聞に掲載されている。当時の潮谷義子熊本県知事が「部落の人びとは死んでまでも差別をうけるのか」と憤りをあら […]

学術・研究:部落探訪(289 後編)熊本県 熊本市 中央区 本荘・春竹

前回に続き、熊本最大の部落、本荘・春竹を探訪する。 食肉業者が集中し、部落のステレオタイプに合致する部落らしい部落なのだが、少なくとも現在は運動は盛んとは言い難い。むしろ、部落だの同和だのといったことは、既に終わったこと […]

学術・研究:部落探訪(289 前編)熊本県 熊本市 中央区 本荘・春竹

熊本県で最大かつ最も有名な部落と言えば本荘・春竹地区である。昭和初期の記録では本荘111戸、春竹307戸とされる。 2016年に日本テレビで「いのちいただくシゴト 〜元食肉解体作業員の誇りと痛み〜」というドキュメンタリー […]

学術・研究:部落探訪(288)熊本県 阿蘇郡 小国町 宮原

先日、小国町の教育委員辞職を巡る、メディアが報じない背景をレポートした。当然、現地まで行って部落探訪せずに帰るということはあり得ない。 戦前には、小国町に14戸の部落があったとされる。そこが今どうなっているのか確認してき […]