学術・研究:部落探訪(85) 兵庫県芦屋市上宮川町

カテゴリー: 部落探訪 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

芦屋と言えば、関西一の高級住宅街である六麓荘町を擁している。それだけでなく、芦屋という名前自体にプレミア感があり、住んでいるところを聞かれて芦屋と答えることは、関西人にとっては1つのステータスと言えるだろう。

そんな芦屋にも部落がある。芦屋の部落なら、やはり高級感があるに違いない。


同和地区は路駐可能かタダで駐車できる場所が確保されているという法則があるが、今回訪れる上宮川町はぱっとみたところ、どの通りも駐車禁止だったので、芦屋駅前の駐車場から探訪に向かった。


部落は芦屋駅のすぐ近く。ここから入ることが出来る。

1935年の調査によれば、部落の名称は上打出、世帯数は235、人口は1058あったとされ、かなり大きな部落だ。生活程度は中程度とされたので、極端に貧しかったわけではないようだ。

部落には大きな団地が立ち並ぶ。

ここは改良住宅店舗。建設関係の業者の事務所が多く、あとはクリーニング屋の看板が出ている。内容は他の部落の改良住宅店舗とは変わらないのだが、さすが芦屋だけあって、綺麗でオシャレな感じがしないだろうか。

通りにゴミはなく、植栽も整えられていて、住宅の壁は真っ白だ。

部落内には神社があるのだが…



神社には無料の駐車場が! 部落には無料で車を停められる場所があるという法則はここでも健在だった。駅前の有料駐車場を使ったことを後悔した。

※2021/04/18 追記 コメント欄にある通り、この駐車場は有料なのだそうです。勝手に停めてはいけません。

停まっている車種にも注目だ。軽自動車は1台しかない。かと言って、ベンツやレクサスやセンチュリーと言った高級車はない。六麓荘町ならともかく、芦屋駅前であればこの程度のグレードの車をチョイスするのがスタイリッシュな都会人というものだろう。

氏子の総代には「灘本」という名字が多い。

灘本忠左衛門の頌徳碑。何を隠そう、この人物は部落研究者の灘本昌久京都産業大学教授の祖父であり、融和事業家であった。

これは上宮川公園。

芦屋市の市営住宅が一箇所に集約されるという話を聞いていたので、市の関係者にここの市営住宅も対象になるのか聞いてみた。

「それは、山の上の方にある住宅のことではないですか。ここは対象ではないと思いますよ、ここは、その…特殊ですから。」

どんな風に特殊なのか聞いてみると。

「隣保関係ですから…」

という答えだった。「特殊」というのもアレだが、「隣保関係」という言い回しは新しい。

ここが部落のお寺。今まで見た部落のお寺の中でも、最もスタイリッシュなお寺だ。さすが芦屋と思ってしまう。

宗派は西本願寺。

こちらは上宮川文化センター。隣保館だ。

外の掲示物は普通だが…

中に入ると、やはり同和施設。

阪神大震災の時、上宮川文化センターには、地区外からも避難者が来たことが報じられている。神戸新聞の記事を見ることが出来る。「最初は、差別事件があるんじゃないかと心配した。でも、起こったときは起こったときと腹をくくった」というが、こんなにも分かりやすい物が掲げられているのに、今さら何を心配することがあるのだろう。センターの職員さえ「部落によその住民がかかわるとトラブルが起きる」という意識を持っていたわけで、そのような考えは地区外の人が持つと言われる「差別意識」と何も変わらないのではないだろうか。さきほどの「特殊」「隣保関係」ということもそうだが、問われるべきは一般市民の意識ではなくて行政のあり方だろう。

さきほどの改良住宅店舗の通りを抜けると、スタイリッシュな飲食店が。「酒和食彩 しゅわしゅわ」というお店で、夜は居酒屋、昼はランチをやっているようだ。

最後までスタイリッシュな芦屋の部落であった。

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

学術・研究:部落探訪(85) 兵庫県芦屋市上宮川町」への19件のフィードバック

  1. .

    >「部落によその住民がかかわるとトラブルが起きる」

    まあでも、実際にトラブルは起きていますね。示現舎が解放同盟に起こされている集団訴訟もその一つですが。尤も、正確には「解放同盟に同調者以外の人間がかかわるとトラブルが起きる」と表現すべきかもしれません。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      示現舎のあれはトラブルとはまた別次元だと思いますが…

      返信
  2. ここも消えゆく地区の一つですね
    北摂は箕面、池田など消えゆく地区が多いように思いますね

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      上宮川については消えゆくどころか、同和地区としては鉄壁のように感じます。
      全国的には既に同和住宅がほとんど一般化されているのに、特殊だの隣保だの言われていることは衝撃的です。

      返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      何でしたら一緒にどこか探訪しましょうか? ご連絡をお待ちしております。

      返信
    1. 匿名

      >六麓荘近くにもういっこ隣保関係ございますよ
      六麓荘の近くの集落って岩ヶ平だけどそこは部落じゃないよ
      西宮の芝村は大規模な部落で有名だけど
      ハクサリはフッ素の風土病で嫌がられてたけど部落じゃないしなぁ

      返信
  3. すし太郎

    震災以前は線路沿いは駐禁区間じゃなかったと思います。よく停めてたんで。
    ただ他府県ナンバーで目立つのか、お巡りさんに2度ほど警告をいただいたんでそれ以降停めてはいないのですが。
    「お前よくあんなところにクルマ置くな」
    って言われて、それで知りました。隣保関係を。
    よその県出身で全く隣保関係の教育を受けてなかったんでそれまでそう言ったことを全く意識してなかったです。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      「お前よくあんなところにクルマ置くな」って、警察が言ってたんでしょうか?

      返信
      1. すし太郎

        言葉足らずでしたね。その発言は僕の同僚です。
        それがきっかけで色々と知ることになるのですが。

        お巡りさんは
        「ここはマンションもあって、子供も遊んでたりするから停めちゃダメですよ」
        くらいのソフトな対応でした。

        返信
        1. 鳥取ループ 投稿作成者

          さすがにお巡りさんがそんなことは言わないですよね、と言いたいところですが、関西ではわりとそういう噂を聞くので、警察官が言ったものと思ってました。

          返信
  4. 猫鍋太郎

    関西では、公務員が危ない発言をするという噂という意味ですか?京都市には、同和採用枠というものが有ったと思います。
    同和枠でない公務員が、発言するのでしょうか?

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      部落では警察が駐車違反を取り締まらないとか、ひったくりにあっても犯人が部落に逃げ込んだら諦めろと言われるとか、まことしやかに語られました

      返信
  5. 芦屋住民

    六麓荘近くにあるの朝日ケ丘は一部だけ隣保関係ですよ。極端に小さな家があります。

    返信
  6. 貝塚岬

    大阪の某地域ですが、駐車違反は2000年前後にひどかった現実を見た記憶がります
    ただそのあと市長がそれを改善すると主張したらしく(これは人聞きの話ですので証拠はありません)、今では改善され一般地域と同様になっているのは私も見ました 現在ではちゃんとしています
    そことはまた別の兵庫県在住の友人は、友人がバイクで暴走しても逃げ込んだら大丈夫だとか言っていました これは、私もちゃんと見ていませんので真実かどうかは分かりません
    なので私の書きこみは人聞きの話にしかすいません
    現場の皆様の声を聞きたいものです

    返信
  7. 匿名

    現在上宮川阿保天神社の駐車場を利用している者ですが
    駐車場は毎月使用料を支払っております。
    部落だから無料の駐車場があるという
    間違った記事を配信しないでください。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      申し訳ございません。何も標識がないので、無料で誰でも停められるものと思っていました。追記しておきます。

      返信

関連記事

学術・研究:部落探訪(299)茨城県 下妻市 高道祖

今回は、下妻市の高道祖(たかさい)の部落を訪れた。かつての部落名は田町。10戸の部落があったとされる。 白山神社を目印に現地に向かったのだが、その神社はアイキャッチ画像の通りである。もしかすると、白山神社が撤去される真っ […]

学術・研究:部落探訪(297)茨城県 古河市 諸川 西部

部落と言われてもピンとこない茨城県でも、どこが部落かといった地元での伝承は存在する。ただし、それらは不正確であることが多いので、文献に基づいた検証が必要である。そのような検証で、ほぼ間違いないと特定されたのが、今回訪れた […]

学術・研究:部落探訪(296)埼玉県 鶴ヶ島市 上広谷

小堤、下広谷、中小坂、そして今回の上広谷と狭い範囲に4つの部落が存在する。このことも興味深いが、ここには3つの市の境がある。小堤と下広谷は川越市、中子坂は坂戸市、そして上広谷は鶴ヶ島市に属する。 上広谷には鶴ヶ島市唯一の […]

学術・研究:部落探訪(295)埼玉県 坂戸市 中小坂

菊池山哉の『長吏と特殊部落』の、名細(なぐわし)村下広谷を解説した部分に「ここには、三芳野村の原村と、名細村小堤との三つの曲輪が、一つになって居る」という記述がある。 下広谷と小堤は既に探訪済みなので、「原村」を訪れた。 […]

学術・研究:部落探訪(294)埼玉県 日高市 女影 北口

菊池山哉の『長吏と特殊部落』には、こうある。 入間郡、高萩村、北村、□□○高萩村と言ふよりは女影(をなかげ)村に近い。多くの村が、鎌倉を受け南であるのに.この曲輪のみは、北村であり。俗に北口とも称へて居る。○白山神。○六 […]