学術・研究:部落探訪(61) 三重県伊勢市朝熊町(後編)

カテゴリー: 部落探訪 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 啓発センター

朝熊町は旧集落と、新しく切り拓かれた大久保地域でかなり様相が異なる。そこからさらに北にはゴルフ場があり、1994年に開催された「世界祝祭博覧会」(まつり博・三重’94)の会場跡がある。

まつり博の時は、近鉄朝熊駅が最寄り駅の1つであったため、朝熊駅から会場へ向かう人や車の列で部落内は賑わったという。

大久保には団地形式の市営住宅の他、大規模なニコイチ群がある。

農村部では珍しい、改良住宅店舗がある。残念ながら今日は閉まっていた。

※数年前に店舗は閉店したとの情報がありました。

改良住宅店舗には、なぜか共産党の張り紙が。ということは、おそらく店舗経営者は民商だろう。

かつて、この部落には「三重県部落解放運動連合会伊勢地区協議会」つまり全解連があった。解放同盟だけでなく全解連も同和事業の窓口となり、それなりの存在感があったものと考えられる。

ただ、「寝た子を起こすな」という雰囲気は一切ない。もう1つの隣保館である大久保市民館には水平社宣言の一節が刻まれている。

掲示板にはあまり同和を主張するものはない。

この部落の事情をよくする人物によれば、「解放子供会」のような活動もあるにはあったという。ただ、部落の一部の子供が参加していただけで、参加していない子供も多かったという。朝熊闘争があり、大規模な同和事業が行われたが、全ての住民が同じ方向を向いているわけではなかった。

確かに、朝熊部落が貧しかったのは事実で、平成の前半くらいまでは老人に文盲が多く、識字教室も行われていたという。

大久保地域には臭突は見られない。マンホールがあるので、下水道が整備されているようだ。運動だけでなく、事業のやり方もちぐはぐな印象だ。

こちらは集会所。夕方に訪れたので、もう日が暮れてしまった。

旧集落と大久保の間ににある坂道に戻ってきた。ここには教育集会所があるが、高台にあるため、この急斜面を登らないといけない。

高台には浄土真宗本願寺派の寺があり、教育集会所はその隣にある。たぶん、寺が敷地を提供したのかも知れない。

ほとんど夜景になってしまったが、教育集会所から部落を見下ろした。

部落の住民の意識では、朝熊闘争は昔のことで、特に若者にとっては南部と北部で垣根はなく、差別を感じることはないという。町内会は違っていても、同じ朝熊の住民という意識である。高速道路の朝熊インター、絶景が広がる朝熊山の展望台があり、「朝熊」という名前には知名度があるので、郷土愛は強いように感じる。

ただ、若者はなかなか地元に居着かず、9割は出ていってしまう。伊勢市自体が人口が減り続けている。

これは「草履替え岩」。朝熊の部落からまつり博会場跡方向に行く道の途中にある史跡である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

学術・研究:部落探訪(255)滋賀県 東近江市 御園町

今回訪れたのは御園町。かつては薗畑という名前で、例のデータだと昭和初期には103戸の部落だった。近世は横井村と呼ばれ、明治初期の記録では156戸とあるから、明治以降から昭和初期にかけて世帯数が減った珍しい部落である。 さ […]

学術・研究:部落探訪(254) 京都府 相楽郡 笠置町 有市(前編)

笠置町は京都府内では井手町に次いで同和関係者の比率が高い自治体として知られる。その理由は、笠置町自体が全国でも最少クラスに人口が少ない町である上、有市という農村部にしては大規模な同和地区を抱えているためである。 戦前の記 […]

学術・研究:部落探訪(253) 滋賀県 愛知郡 愛荘町 山川原

戦前の記録では、山川原の戸数は144、生活程度は中。あそこは部落ではないと言われるくらいに、住民は豊かだったと言われる。江戸時代は「川原村枝郷皮田」が正式な名称であり、野良田村という通称もあった。それが、明治4年の解放令 […]

学術・研究:部落探訪(252) 滋賀県 愛知郡 愛荘町 川久保

「夜も煌々と電燈の光が川久保村の空一ぱいに輝き、まるで不夜城のようでした」―いにしえの滋賀県の部落を記録した書、『滋賀の部落』にはそう記されている。1931年(昭和6年)当時の戸数は25戸134人、 1996年時点で72 […]

学術・研究:部落探訪(251) 滋賀県 愛知郡 愛荘町 長塚

筆者が長塚を訪れるのは初めてではなく、実は10年ほど前にも一度訪れている。その頃と何も変わっていないように見えた。その時の様子は『同和と在日②』に書いている。 昭和初期の戸数は50。生活程度は悪くなく、明治21年の調査記 […]