学術・研究:部落探訪(288)熊本県 阿蘇郡 小国町 宮原

カテゴリー: 部落探訪 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

先日、小国町の教育委員辞職を巡る、メディアが報じない背景をレポートした。当然、現地まで行って部落探訪せずに帰るということはあり得ない。

戦前には、小国町に14戸の部落があったとされる。そこが今どうなっているのか確認してきた。

熊本市から小国町に行くなら、朝早くがよいかも知れない。このように阿蘇カルデラに広がる朝霧を見ることができる。

もし、小国町の部落が未指定地区であったら、特定はかなり難しかっただろう。地名で言えば小国町宮原。しかし、宮原の範囲は広く、役場や道の駅も含む。

この集会所がランドマークだ。詳しくは先日の記事を御覧いただきたい。

周辺はごく普通の田舎の風景。2016年の熊本地震の震源地からは少し離れてはいるが、ここでも被害はあったようで、そのためか新しく建て直された家が多いように見える。

傾いた廃墟が放置されている。

近くに改良住宅を見つけた。

ところで、今から30年ほど前のこと、町役場が転入者に配布していた住宅地図に対して、当時の解放同盟小国支部長が「部落の家の名前が載っているのは差別だ!」と言って抗議し、以降は住宅地図の配布がされなくなるということがあったそうだ。無論、あくまで町の住宅地図であって部落を特定できるものではない。

今はあまりピンとこないかも知れないが、2005年に個人情報保護法が施行される前は、農村部でも都市部でも、転入届を出すと、役所で個人名入りの住宅地図や電話帳を渡されることはよくあることだった。そういう物を今でもお持ちであれば、弊舎にお送り頂けると大変有り難い。

ここが墓地。特定の名字が集中しているわけではないのだが、確かに墓石の名字と住宅地図の名字を照合すれば、墓の持ち主が先程の集会所の周辺であることが分かる。

そのような意味で、住宅地図が部落調査に活用できるツールではあることは間違いないが、それ自体は差別というわけでもないし、部落が特定されることが問題なら、同和集会所や改良住宅の存在の方がよほど問題だろう。少なくとも、ここでは住宅地図を手がかりに部落を特定することはかなり困難である。

先程の墓地から一山越えた裏手にやってきた、この先にも同和住宅があると聞いたからだ。

これは町営住宅の集会所。鉄筋でなく、ここまで粗末な集会所は珍しい。かなり古いものではないだろうか?

確かに長屋型式の住宅があるが、既に閉鎖されている。かなり古い形式で、これは同和事業よりももっと古い時代の一般の町営住宅ではないかと思った。

実際は、ここに集中する町営住宅のうち、いくつかが同和向けだったということのようである。空き家が多く、住民が高齢化しているように見えた。

続いて訪れたのは、以前の記事でも紹介した「人権・文化のパラソルセンター」こと小国町隣保館。

児童館を兼ねており、子供の遊び場にもなっており、あまり同和施設であるとは感じられない。

しかし、やはり人権関係の掲示物があるところは隣保館である。

隣保館は英語でセツルメントハウス。本来は貧民地区に進出して救済をする社会福祉施設のことなのだが、これがセツルメントハウスに見えるだろうか? 隣保館という言葉の意味が崩壊してしまっていないだろうか。

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

学術・研究:部落探訪(288)熊本県 阿蘇郡 小国町 宮原」への13件のフィードバック

  1. 萩原 篤志

     宮部さんは人権啓発活動の範囲をどこまでと考えていらっしゃるか知りたいです。同和団体が早く経済的に自立して完全解放するところまで持っていくのか、自立せず利権に走るのを食い止めるまでなのか。ひょっとして「差別が無いとこれだけ言っているのに気付かない同和団体が悪い」で終わってしまうのかどうか。
     具体的に聞きたいです。お願いします。

    返信
  2. 匿名

    実際のところどうなのかね・・・パンフに載ってそうなありきたりの意見だし
    特に反論すべき内容でもないと思うが。

    部落側の話はいつも通りだしどうでもいい、一般民の意見を聞いてきて欲しいよ。
    以前「今時そんなこと言ってたらブチ殺されるぞ」なんて言いつつ色々と教えてくれた人は面白かったな。

    返信
  3. 熊本と言えば…

    web上の『春竹・本荘 被災 復興プロジェクト』で、熊本地震による春竹説教所・辛崎神社の損壊の復興活動を掲載されています。
    その中で皮多部落であった事を隠すことなく、なかなか旦那寺を引き受けてもらえなかった事などの歴史を紹介されています。
    自分たちの血筋や出自を隠さず、誇りを持って生きている地元の人々は素晴らしいですね。

    返信
    1. 宮部 龍彦 投稿作成者

      あの『春竹・本荘 被災 復興プロジェクト』には裏があります
      次回探訪記事にご期待ください

      返信

関連記事

学術・研究:部落探訪(293)埼玉県 狭山市 柏原 下宿

柏原(かしわばら)の部落は高杉晋吾『部落差別と冤罪』で、狭山事件に絡めて引き合いに出されている。狭山事件との接点と言えば、石川一雄氏の友人で一度逮捕されたものの釈放された東島明氏がこの地区の出身である。 なお、石川一雄氏 […]

学術・研究:部落探訪(292)熊本県 熊本市 南区 城南町隈庄 萱木

熊本では数多くの部落を探訪する準備をしてきたものの、いろいろあって気がついたら日没が近づいていた。最後の探訪先に選んだのが萱木(かやのき)である。ここを選んだ理由は、たまたま今いる場所から近かったからである。 地名で言え […]

学術・研究:部落探訪(291)熊本県 熊本市 南区 日吉2丁目 7, 14

熊本では時間が限られていたので、どの部落を探訪するのか迷った。その中で選んだのが、比較的規模の大きな未指定地区と推定される場所である。現在の熊本市 南区 日吉2丁目7番地、14番地で、昭和初期は100世帯あったとされる。 […]

学術・研究:部落探訪(290)熊本県 菊池郡 菊陽町 原水 馬場

『各墓地で憤りをあらわに「死んでも差別が」熊本県知事が部落視察』という記事が、2004年11月15日のウェブ版解放新聞に掲載されている。当時の潮谷義子熊本県知事が「部落の人びとは死んでまでも差別をうけるのか」と憤りをあら […]

学術・研究:部落探訪(289 後編)熊本県 熊本市 中央区 本荘・春竹

前回に続き、熊本最大の部落、本荘・春竹を探訪する。 食肉業者が集中し、部落のステレオタイプに合致する部落らしい部落なのだが、少なくとも現在は運動は盛んとは言い難い。むしろ、部落だの同和だのといったことは、既に終わったこと […]

学術・研究:部落探訪(289 前編)熊本県 熊本市 中央区 本荘・春竹

熊本県で最大かつ最も有名な部落と言えば本荘・春竹地区である。昭和初期の記録では本荘111戸、春竹307戸とされる。 2016年に日本テレビで「いのちいただくシゴト 〜元食肉解体作業員の誇りと痛み〜」というドキュメンタリー […]