部落探訪(55)
奈良県北葛城郡河合町西穴闇

By 鳥取ループ

奈良県では難読地名が多い。今回訪れる西穴闇もそうで、「にしなぐら」と読む。これは当て字で、もとは「長倉ながくら」だったものが「なぐら」と転訛して、今の字が当てられたらしい。しかし、なぜよりによってこの字が選ばれたのかは分からない。

1935年の記録では世帯数164,職業は農、商、日稼。1955年の記録では世帯数253,職業は靴、農とある。世帯数が増えていることから、よそからの移住者が多うことがうかがえる。

ここは西穴闇の交差点。周囲には大手チェーンの飲食店があり、交通の多い地方の道路沿いにはありがちな普通の光景だ。

しかし、それらの店の脇に隠れるように特徴的な公営住宅がある。

この部落には古墳が多くある。これは中良塚なからづか古墳。案内板によれば、穴闇塚なぐらづかが転訛して別の字が当てられたのではないかという。このように、地名の読みや表記が一定ではなかったようだ。

こちらは別の古墳。

部落を探訪する際は、なるべく先入観を捨てていくことにしているのだが、西穴闇についてはあまりよい評判を聞いていなかった。

その原因が、この暴力団(森嶋組)の事務所。でかでかと掲げられた「森嶋」の文字はかつては金色に輝いており、今は赤黒く錆びている。森島、あるいは森嶋というのはこの部落に特徴的な名字として知られているだけに、「俺は西穴闇の森嶋だっ」と主張するようなこの悪趣味な物件は、部落のイメージを相当悪くしているに違いない。

前の道路には犬がくくりつけられて吠えていた。

ただ、後述する通り行政関係者によれば、暴力団は既に退去し、この事務所は空き家になっているのではないかということだった。

暴力団事務所の奥には、「向陽団地」という、古い公営住宅がある。県道から団地に入るには、必ず先程の森嶋組の前を通ることになる。部落でなくても、普通の感覚ならここに住むのは嫌だろう。

実際、この住宅には暴力団幹部が住んでおり、2016年には町が暴力団を恐れて、銀行口座を開設できない組員のために直接集金している実態が報道された。続報はないが、町によれば明け渡しをもとめて訴訟を提起し、その結果既に暴力団員は退去したという。

そのような西穴闇だが立地自体は悪くない。すぐ近くには近鉄の駅があるし、西名阪自動車道の法隆寺インターが間近にある。

古墳ある場所から歩いて部落の中心部へと向かう。

ため池には不法投棄禁止の立て札と、清掃作業員募集の張り紙が。

自営業者が多いことがうかがえる。

地区内は全般に整備されているが、ところどころに細い路地がある。

ここは河合町心の交流センター、隣保館である。隣保館にありがちなスローガンが掲げてある。

一方で、掲示板には解放同盟等の掲示物はない。

奈良の同和地区にはよくある共同浴場。しかし、今日は休みだった。

地区内の案内図。初めて来る場合、特に知り合いの家を探す時には助かる。一昔前はどこにでもあったが、最近は個人情報がどうたらとかうるさいので、めっきり減ってしまった。

地図で西穴闇を見ると、隣村の穴闇との境界が非常に入り組んでおり、多数の飛び地がある。地元の事情通によれば、ここにはもともと多数の丘や池があったのを削ったり埋め立てたりして耕作地として切り拓いたのだという。そして、西穴闇と穴闇の地主がそれぞれ所有していた小作地を、所有者に応じて西穴闇と穴闇の行政区域としたために、現在のような複雑な境界ができてしまった。

同和地区には必ず自動車を停められる場所があるという法則はここでも健在だ。

地区内には、奈良の住宅地ではありふれた風景もある。

…と思ったら路上に置かれた、明らかに走らない車が。

空き地に、路駐された車、そして大規模なニコイチ住宅群がある。

しかし、新築中の家がある。

一方、部落の片隅に気になる一角があった。

そこだけは、細い路地とあばら家が残っていた。改良前の奈良の部落には、このような風景があったのかも知れない。

部落探訪(55)
奈良県北葛城郡河合町西穴闇
」への3件のフィードバック

  1. もなか

    部落探訪いつも興味深く読ませていただいております。
    写真もたくさん掲載してあり、地域の歴史についても分かりやすく丁寧に書かれていて勉強になります。

    ところで、同和地区の多い福岡県、広島県、愛媛県に行かれる予定はないのでしょうか?

    私は愛媛県生まれ、広島県育ちなのですが、広島県西区の福島町・観音は同和探訪にぴったりかと思います。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      行きたいですが、泊りがけでお金もかかるので、なかなか行く機会がありません。
      福島町はぜひ行きたいです。あと福山市も興味があります。エキセントリックな市議がいるそうなので。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です