学術・研究:部落探訪(273)香川県 高松市 上天神町 堀ノ角

カテゴリー: 未分類, 部落探訪 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

香川県には「サンガイ」というものがあったらしい。穢多でも非人でもなく、身分と言っていいものなのかはよく分からないが、いわゆる「サンカ」と同様の意味のようである。何らかの理由で住む家を失ったて、流浪していた民をそのように読んだようである。

サンガイが住んでいたとされる地域の多くは同和地区指定されずに部落としては消滅したとされるが、比較的大規模な同和地区である上天神町堀ノ角はサンガイの村であったとの伝承があると聞く。

ということで、現地にやってきた。区画整理され、ニコイチ住宅が整然と並んでいるが、その中にある桃山御陵遥拝所が目についた。桃山御陵とは京都にある明治天皇のお墓。このようなものがあるということは、ここが古くからの村であることを示している。

戦前の戸数は83、日雇いや商売が主業であったと記録されている。

地区内の道路は広くはないが整然としている。

ただ、香川県内の部落を散策して気になったのは、路上に車が放置されていることが多いことだ。特にこの地区は多いし、放置されている場所が異常である。

他地区では駐車場に放置されている例が多いが、ここでは堂々と路上に放置されている。

車を捨てているのかと思ったのだが、中を覗き込むといろいろな物が入っており、どうやら車を物置代わりにしているようなのだ。

これも、最初は迷惑な場所に路駐しているなと思ったら、ナンバーが外されており、明らかに長期間放置されている。

この地区では、道路を私物化することが当たり前らしい。

部落に対して柄悪いと言うと差別だと言われることがあるが、この地区は明らかに異様な雰囲気が漂っている。

この広場の前で地域住民に会ったが「サンガイって知りませんか?」と聞いたら間髪入れずに「知らん」と言われた。

上天神文化センターが隣保館である。ここではないが、別の隣保館に立ち寄ったら、職員から探訪動画が出るとなぜ止めなかったんだと私が怒られるから止めてくれと懇願されてしまったことがある。職員に迷惑がかかるので、立ち寄るのはやめておいた。

空虚なスローガンを叫ぶより、行政代執行で路上の車を撤去してスクラップ業者に売ったらどうか。

これも古くからある物件、浄土真宗のお寺を見に行った。

さすが香川と思ったのがこれ。お寺の屋根に太陽電池が載っているのは初めて見た。

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

変な奴 宮部 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

学術・研究:部落探訪(273)香川県 高松市 上天神町 堀ノ角」への31件のフィードバック

  1. 匿名

    近くに住んでいる者です。
    チンピラっぽい柄の悪い自動車解体工場が有りますよね。清掃業者も有り、異様な雰囲気です。昔から近づくなとはよく言われていました。

    返信
    1. 私が答えましょう

      サンカの部類ですよ
      宮部氏が学を披露しようとしただけです。
      サンカで調べればよいです。
      若干のニュアンスは在りますがほぼ呼び名の違いだけです。

      返信
      1. 宮部 龍彦 投稿作成者

        香川県の地元らしき人が動画にコメントしていますが、どうもサンカとはまた違うように思います

        返信
    2. サンガイについて

      『近世下層社会における生活者の身分・職業・芸能語彙』より

      香川県中部の木田郡や、徳島県北部の香川県境に近い阿波郡の山間地に住む非定住の川漁師の呼称。
       『綜合日本民俗語彙』には、香川県高松市付近の特殊民をいう。竹細工を業とし、れん根掘り、貝類、鰻、泥鰌などをとって歩く。特殊民ほど賤しめられず、山窩ほど獰猛ではないといい、明治維新頃までは亀甲山の下に家を構えて住んでいた、と記事があり、こちらは山窩に近い生活を送る集団であるかに解説している。

      返信
      1. 匿名

        でしょうね
        移動農民なんかも山窩という方もいますし
        あまりサンガイにこだわる必要はないでしょう
        背降り物語なんかにも出てきますが
        竹細工あり魚ありでいいんでしょう
        こだわる必要はありません。地域の呼称でよいでしょうね。
        別に騒ぐようなことではありませんよ。

        ところで今回の探訪問で特筆すべきことは何かありましたか?

        返信
  2. 匿名

    路上放置は部落に限ったことではないと思うよ
    街の地位さな堤防沿いなんて路上放置の宝庫
    2車線なら片方はほとんど違法駐車
    こんなのざら

    さて、今回の訪問で
    学術。研究の成果は何でしたか?
    毎回してるのですが、、なんら学術的なもの皆無

    返信
    1. 匿名

      そんなの出ないよ。
      目的が違うんだから・・・

      看板なんでどうでもいい、それは本人も多くのファンもわかってることですよ。

      返信
    2. 匿名

      じゃ学術的に反論しろと言われたら、お前さんだって
      手も足も出ないわけだろ?

      学術・研究の定義なんて何とでも言えるんだから
      自称「部落民」と同じ「言ったもん勝ち」なんだよ。

      返信
  3. 匿名

    >車を捨てているのかと思ったのだが、中を覗き込むといろいろな物が入っており、どうやら車を物置代わりにしているようなのだ。

    これはライフハックですなぁ

    返信
  4. さくぞう

    ウィンズによった帰りに高松駅までバスに乗るとき、このエリアのバス停から乗るのですが、何故か「みどろ」て名前ですよね。
    どういう意味なんでしょうか?

    返信
    1. >みどろ

      緩やか流れで深い川(例:瀞八丁)か、湿地(例:登呂遺跡、京都の深泥池)にある地名ですね。
      たぶんこの辺りのものだと、水が滞留する湿地から来ているかと。

      返信
  5. B地区出身

    自分は少なくとも曽祖父の代からそういう地区に住んでいたから多分部落民
    学校でも変な授業があったけどはっきり言って逆効果だった
    元々は子供同士で誰も気にしてなかったのに授業で周知されたせいで再確認された
    解放学習や活動は迷惑でしかなかった
    そういうことを未来永劫続けようとしている大人が消えない限り終わらない問題だと思う
    忘れ去られるのが一番いいはずなのに忘れるのは差別とか変な事言う人がいるから困る

    返信
  6. 宮部さんイミフ

    >上天神文化センターが隣保館である。ここではないが、別の隣保館に立ち寄ったら、職員から探訪動画が出るとなぜ止めなかったんだと私が怒られるから止めてくれと懇願されてしまったことがある。職員に迷惑がかかるので、立ち寄るのはやめておいた。<

    1.ここまで気配りができるのなら、なぜ私も含めた部落民が迷惑がっている探訪をやめないのか??

    2.探訪に行った事実はこの記事やYouTubeでわかりますね。すると、探訪に来て部落を録画したりしてたのに誰も気づかなかったのかと?と隣保館の人が怒られないかな???

    どうも、いつものながら支離滅裂の記事のように感じる。

    返信
  7. 匿名

    こう言う探訪は某団体に関係のない人たちからは結構評判がいいよ。
    差別を手放したくない団体のことは無視して頑張って欲しいですね。

    返信
    1. 匿名

      >関係のない人たち

      はあー-
      どこの団体にも属してない人が多いし
      俺も属してないよ
      対談申し込んでる人も団体属してないと言ってるし

      まともにコメントにも答えず、解放同盟等の反示現舎が投降したかのように誘導しようとする

      幼稚極まりなよ宮部氏は
      人が迷惑がってるんだから部落の訪問はやめるべきだね
      記事の内容も憶測でずいぶん過去、間違いを指摘されてるし

      返信
  8. 匿名

    某団体っていうのがK同のことなら、間違ってるわ。
    そっちの人にも評判いいから。

    返信
  9. 匿名

    誹謗中傷はもうすぐ捕まりますね。
    バカ呼ばわりは十分その対象。
    みなさんお気をつけください。
    特定の地域をどうこう言うのはセーフだって。

    返信

関連記事

学術・研究:部落探訪(278)滋賀県 近江八幡市 池田本町 住吉

中小森3部落のもう1つを探訪する前に池田本町住吉に立ち寄った。中小森に近いが、ここはかつての池田村であり、中小森3部落には含まれない。江戸時代は木原村、その後池田村枝郷西村となり、桐原村の一部となった後1954年に近江八 […]

学術・研究:部落探訪(277)滋賀県 近江八幡市 大森町

『近江八幡の部落史 くらしとしごと』によれば、かつての村名は「細工(さいく)」で、文字通り竹細工を作っていた。しかし、竹細工が村名の由来であるとは断定できず、地元の寺から「西久」と書かれた紙が出てきたというので、途中で漢 […]

【熱海市土石流】前所有者、現所有者が 百条委員会の証言に 立った(後編)「同和の名刺」の 影響は?

12日、熱海市百条委員会で証人尋問を受けた前土地所有者。もうご存知だろう。かつて同市議会で「同和系列の会社」と答弁された人物である。約2時間に及ぶ証人喚問の中で焦点はやはり“ 同和の名刺”がどの程度、行政に影響したのかと […]

【熱海市土石流】百条委消された 証言 「現所有者が 解決する」(県)「現所有者は 功労者」(市職員)

「呼ばれた意味がないじゃないか!」。4月7、8日、第9、10回熱海市議会特別委員会(百条委員会)が開催されたが、7日の参考人「前土地所有者の関係人」は終了後、こう激怒した。同氏は盛り土造成地が現所有者に渡った当時を知る人 […]

学術・研究:部落探訪(263)東京都 青梅市 今井、藤橋

東京都青梅市の部落は今井と藤橋にあった。今井は水窪、藤橋は久保である。2つの部落は隣接しており、白山神社が共通であるから、一体と見ることもできるだろう。戦前、その戸数は93あった。 主な仕事は履物製造と農業と記録されてい […]

【熱海市土石流】第7回 百条委員会「現場責任者」証言は 崩壊した!

先週17、18日の両日、熱海市特別委員会(7回、8回百条委員会)が開催された。伊豆山造成地「前所有者」の元従業員、また「現所有者」の元代理人、また盛り土や開発を知りえたであろう現職市議らが出席。最も注目されたのは17日午 […]