学術・研究:部落探訪(270)香川県 坂出市 西庄町 醍醐北

カテゴリー: 部落探訪 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

今回は坂出市の本格的な同和地区を訪れた。現在の地名は西庄町醍醐北。戦前の戸数は60で、商業や日雇いの仕事が多かったという。

かつての部落名は醍醐下。現在の地名から明らかな通り、醍醐寺の北側に位置する。

この丸亀街道の南側に部落がある。しかし、北側にも特徴的な住宅が見えるのでまずはそちらに行ってみた。

街道沿いには物流拠点みたいな施設がいくつかあり、その間に古い家がある。しかし、昭和初期の地図を見ると、ここには田んぼしかなかった。

捨てられたロードローラーの背景に個性的な形の改良住宅がある。南側に用地がなくなったので、ここにも改良住宅が建てられたのだろう。

さすが、香川と思った。どこに行っても改良住宅の形状にオリジナリティがある。そして丈夫そうだ。太陽熱温水器は満水にすれば300kg以上あるのだが、それを余裕で支えられる。

この通りには「銀座北通り」という名前がついていた。田舎の住宅地で東京への憧れのためか東京の地名が付けられることは珍しくないのだが、改良住宅街に銀座という名称は珍しい。

そして、昔からの部落の場所に向かう。丸亀街道からさらに予讃線の線路の南側だ。

同和施設の案内標識と、特徴的な見た目から、やはり同和地区ということがよく分かってしまう。

案内標識にある西庄児童館がここ。

そして、これが隣保館である西庄文化センター。平日なので職員がいるはずだ。

ところで、筆者が隣保館の前を通ると、あからさまに窓から監視されることがある。隣保館は玄関に受付があり、そこが事務室で玄関横の窓から来場者や駐車場を見渡せる構造になっていることがある。筆者に関しては手配写真が回っているので速やかに通り過ぎることにした。

隣保館職員におかれては、筆者を見ても見なかったことにして頂きたい。仮に話すことがあっても、知らなかったことにしておくべきだ。というのも、隣保館は来場者や来場者数を記録していることが多く、そこに筆者のことが記録されていると、「なぜ部落探訪を止めさせなかった!」と職員が解放同盟から糾弾されてしまうことがあるらしいのである。

さて、ここにはニコイチだけではなく、団地形式の改良住宅もある。

そこを見て驚いた。この写真をよく見ていただきたい。団地の各部屋のベランダにプリズム状のものがある。じつは、これも太陽熱温水器なのだ。1階から4階までもれなく付いている。南向きであるとは言え、植え込みがあるので下層階では温まり方が弱いのではないかと思うのだが、ここまでくると香川県の太陽熱温水器へのこだわりは半端なものではない。

公園の植え込みは整備され、公衆トイレもある。

この写真はおまけ。四つ葉のクローバーはあるだろうか?

さらに南に進むと、持ち家が見えてきた。

しかし、この場所は部落外で「醍醐南」に当たる。一般地区と同和地区が隣接しているのだ。

そこには保育所があり、立派な建物だがこれは民間施設なので同和施設ではなさそうだ。

ここが真言宗醍醐寺。

再び同和地区に戻る。この古いニコイチ、よく見ると窓際の障子がボロボロになっている。

他にも古いニコイチがあって、同様の状態になっているものが多いので、これは空き家もかなり多そうだ。

なお、これが案内標識にもあった教育集会所。公共施設だけは妙に立派である。

神社(八幡八幡宮)がある。しかし、なぜか柵で囲われて自由に入れないようになっていた。

その周辺には何軒かの廃墟があった。

この部落は古くからの農村の風景を残す南側の一般地区と、人工的な北側の対比が特徴的である。そして、過疎が進んでいることも見て取れた。探訪中、住民に遭遇することもなかった。

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

平成 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

学術・研究:部落探訪(270)香川県 坂出市 西庄町 醍醐北」への12件のフィードバック

  1. 匿名

    そういう心持ちの批判はいいから
    ぜひ動画に出演して宮部氏を論破してください!!

    返信
  2. 平成

    >>捨てられたロードローラーの背景に個性的な形の改良住宅がある。
    まさにその写っている改良住宅(西庄町1085)ですが。

    香川県警は22日、兄の死亡届を出さず年金を受け取っていたとして、詐欺の疑いで、香川県坂出市西庄町、無職大内初枝容疑者(69)ら3人を逮捕した。

    県警は同日、大内容疑者の住む市営団地内にある兄の部屋を同容疑で家宅捜索し、白骨化した遺体を発見。兄の元坂出市職員大藤勇次さん(74)とみて関連を調べる。

    ほかに逮捕されたのは、大内容疑者と同居している長女の無職裕子容疑者(48)と次女の無職めぐみ容疑者(40)。

    逮捕容疑は4月15日、大藤さんが死亡しているのを知りながら必要な届け出をせず、大藤さんの退職共済年金2カ月分、約15万円を口座に振り込ませた疑い。

    返信
  3. 匿名

    宮部さんさー
    あなた、女房、子供いるのでしょう。
    もし、あなたの家族が迷惑がってる情報を見ず知らずの他人が公表しても平気なんですか?
    表現の自由で公表してもいいのですか。
    そんな事されたら、一家の柱として怒るでしょう。

    返信
  4. 匿名

    ≫ くだらん揚げ足取りばっか
    ≫ くだらん揚げ足取りばっか
    ≫ くだらん揚げ足取りばっか

    宮部よー
    言葉遊びで逃げんなよ

    誤った記事かくなよ
    誤った発言するなよ

    以上

    返信

関連記事

学術・研究:部落探訪(281 後編)京都府 八幡市 八幡 六区

前回訪れたポンコツ街道は部落内ではなく、部落の南外れの、もともと田畑だった場所である。 昔から部落があった場所は、現在の八幡軸、八幡長田周辺の複数の小字にまたがる範囲で、昔の航空写真から、ここに住宅が密集していたことが確 […]

学術・研究:部落探訪(281 前編)京都府 八幡市 八幡 六区

今回は八幡市の「六区」という部落を訪れた。この部落は規模が大きく、見所も多いので、前編後編に分けて紹介する。 前編で訪れたのは部落の南側、京阪国道から分かれる道にスクラップ業者が集中している、通称「ポンコツ街道」である。

学術・研究:部落探訪(280)滋賀県 野洲市 小篠原 和田

野洲市小篠原と言えば、野洲駅と市役所ががある、野洲市の中心街だが、その地域の和田という地区が部落である。明治初期は10戸、昭和初期は51戸。1996年頃は205戸であった。 もとは低湿地帯の小さな村であったが、市街化地域 […]

学術・研究:部落探訪(279)滋賀県 近江八幡市 若宮町

近江八幡市若宮町は滋賀県内でも異色の部落である。中小森3部落の中では最大規模であるが、同和地区指定がされていない。その経緯は10年以上前の記事「同和地区指定を拒否した全国水平社初代委員長の故郷」に書いたので、ぜひ読んでい […]

学術・研究:部落探訪(278)滋賀県 近江八幡市 池田本町 住吉

中小森3部落のもう1つを探訪する前に池田本町住吉に立ち寄った。中小森に近いが、ここはかつての池田村であり、中小森3部落には含まれない。江戸時代は木原村、その後池田村枝郷西村となり、桐原村の一部となった後1954年に近江八 […]

学術・研究:部落探訪(277)滋賀県 近江八幡市 大森町

『近江八幡の部落史 くらしとしごと』によれば、かつての村名は「細工(さいく)」で、文字通り竹細工を作っていた。しかし、竹細工が村名の由来であるとは断定できず、地元の寺から「西久」と書かれた紙が出てきたというので、途中で漢 […]