学術・研究:部落探訪(92) 兵庫県養父市八鹿町下網場

カテゴリー: 部落探訪 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

今回も、八鹿高校事件にゆかりのある部落の探訪で、これで3箇所目となるが、部落は文字通り三者三様だ。この下網場しもなんば部落でも解放同盟支部が組織され、事件で逮捕者を出した。

1935年の記録では103戸、521名と、西薮崎と同規模の比較的大きな部落である。

この、「みふね会館」から探訪を始める。

他の部落では同和色はなかったが、この「みふね会館」は隣保館である。

外観からはあまり分からないが、内部の掲示物は間違いなく同和施設。

図書室は普通と思ったら…

部落関係の本があまりない代わりに、悪名高い同和文献保存会による、立派なエセ同和本があった。あまり部落問題についての学習はされていないようだ。

隣保館の周辺には田んぼ、民間の事業所、ガレージ、そして西本願寺のお寺がある。

この下網場コミュニティ消防センターは、かつての下網場公民館のあったところで、八鹿高校事件で凄惨なリンチが行われた現場の1つである。

掲示板に同和色はない。

部落のかつての産業は農業と日稼運搬。その名残か、自営業者が多いように感じられる。

この辺りの佇まいは、事件当時と変わらないかも知れない。

隣保館から少し離れると、空き地、細い路地が見られる。

やはり自営業者が多い。

そして、この廃墟。

部落は改善されている形跡があるが、国道312号線と山陰本線が中を通っており、起伏が多いためか、少しごちゃごちゃした感じがある。

この家の庭だけは立派に感じた。

部落は円山川の堤防近くの低地にあり、よく洪水にあったという。

ニコイチはないが、角型の団地を見つけた。これは「下網場団地」で戸数は16戸。

比較的最近設置されたこの100円自動販売機でチェリオのスポーツドリンクを買って部落を後にした。

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

学術・研究:部落探訪(92) 兵庫県養父市八鹿町下網場」への3件のフィードバック

  1. 宮番

    今さらだよ
    埋もれた漫画家の 1.2のアッホのコンタロウさんがその高校の出身か
    早く東京都をやりなさい

    返信
    1. 名前無し

      大変失礼ですが、「宮番」とは「宮部の番人」という意味ですか?
      何度もハンドルネームを変えて投稿していらっしゃる方ですよね?(違ってたら本当に申し訳ありません。)
      示現舎とは如何なる利害関係にあるのですか?
      ダイ大のキル・バーンのような役まわり?宮・バーンみたいな(大汗)

      返信
  2. .

    打桐豊成、ℵ、犬神差別と同じ人だね。

    「早く東京都をやりなさい」ではなく、あなたが探訪して資料を示現舎に送るという形でもいいでしょう。

    返信

関連記事

学術・研究:部落探訪(271)香川県 丸亀市 川西町南

ここは香川県の被差別部落現地研修報告では丸亀市A地区として紹介されている。その立地は飯野山の麓に広がる農村地帯、香川県の特徴の1つであるため池のそばと記載されている。1990年頃は50数世帯、150人余り。 部落名は金山 […]

学術・研究:部落探訪(269)香川県 丸亀市 飯山町 東小川 西内

どうしても異常で異様な巨大同和地区ほど記事や動画の閲覧数が多くなるのだが、探訪の楽しいという点では、少戸数未指定地区の探索にまさるものはない。香川にもそのような部落があるので探索することにした。 昭和初期の記録では、綾歌 […]

学術・研究:部落探訪(268)香川県 綾歌郡 綾川町 小野、北

明治の文筆家、宮武外骨は著書『つむじまがり』で「予の先祖は備中の穢多であるさうな、予は讃岐の小野といふ村で生まれた者である」と書いていた。 宮武という名字は圧倒的に香川県に多く、岡山県では倉敷市に比較的多いのみなので、宮 […]

学術・研究:部落探訪(267)香川県 善通寺市 与北町 東原

『香川県の被差別部落 ―現地研修報告―』(安竹貴彦)で善通寺市D地区として紹介されている与北町(よぎたちょう)東原部落は、戦前は70世帯であった。主な産業は日雇い。過去の航空写真を見ると家が密集しており、農村ではなく労働 […]