学術・研究:部落探訪(36) 兵庫県宍粟市一宮町嶋田

カテゴリー: 部落探訪 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

今回は兵庫県の宍粟しそう市にやってきた。以前掲載した伊和神社の記事について覚えていらっしゃる方は既に察しがついていると思うが、伊和いわ神社と嶋田しまだ部落の関係について実際に現地で確認するためである。

嶋田部落は1935年当時で107戸あったというから、農村にしては大きな部落である。

先に、嶋田部落が2000年から祭りに参加するようになったという伊和神社を訪れた。大きな神社で、神社の前は道の駅になっており、地元の野菜や土産物を買うことができる。嶋田部落は、この伊和神社から2キロメートルほど南にある。

そして、これが嶋田部落の南のはずれにある七社ひちしゃ神社。もとは、揖保川いぼがわの川縁にあったが、堤防の建設のために今の場所に移された。

七社神社の創立年は不明で、天平宝字年間(西暦757から765年)には既に存在したとされる。一方、伊和神社は西暦144年の創立と伝えられるが、実際にどちらが古いのかは地元では諸説あるようだ。

神社の横の民家のコンテナに「金のいらない仲良い楽しい村」の文字が。この部落のスローガンだろうか。

部落の中を歩いて気づいたのは、空き地・廃墟・ニコイチという同和地区に見られる3要素があまり見られないことだ。空き地や廃墟はないわけではないが、兵庫県の田舎ではごく普通の光景である。これは、見た目だけで部落と判断するのは困難である。

と思ったら、「いきがい創造センター」という立派な建物が。もしかすると隣保館か? と思ったが、これは市の所有ではなく、自治会館のようなもののようである。

自治会の掲示板。嶋田地区の人口ピラミッドがあるのが面白い。自治会の活動が活発で、いろいろやっているようである。

地元の老人から伊和神社と七社神社の歴史について話を聞くことができた。

「嶋田は伊和神社の祭りには参加できんかった。差別されとったからな。だけど、最近村でも屋台を作って参加するようになった」

確かに嶋田は伊和神社の氏子ではなく、さきほどの七社神社の氏子であるという。老人によれば、七社神社は伊和神社の仮の宮として作られたもので、伊和神社よりも歴史は古く、伊和神社が作られた後は不要になるはずが、そのまま残っているのだという。

嶋田部落が伊和神社の氏子でないことは差別と考えないのかと聞くと、こんな答えだった。

「差別も何も、藩が違うから。嶋田は三日月藩、他は姫路藩」

氏子の問題というのは、部落差別というより、そもそも別の領地だったという歴史的経緯ということが真相らしい。伊和神社の氏子に入れてくれと住民が要望することもないそうだ。

それでは、宍粟市に解放同盟が抗議したのは一体何だったのだろうか。

「解放同盟? ワシも若い頃はあっち行ったりこっち行ったりしとったよ。新しい時代のためにな。だけど解放同盟は十年以上前から活動していないし、若い人は興味がない。今は、周りの村とはみんな仲良しや」

古いニコイチが1軒だけあった。

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

横槍一番 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

学術・研究:部落探訪(36) 兵庫県宍粟市一宮町嶋田」への6件のフィードバック

  1. 名無しのプログラマー

    >宍粟市に解放同盟が抗議したのは一体何だったのだろうか

    中西義雄『部落解放への新しい流れ』p.123によると、上田卓三は「差別がなくなったら飯の食い上げだ」と発言していた由。要するにそういうことでしょう。

    返信
  2. ヘモ林道

    「金のいらない仲良い楽しい村」はヤマギシズムのスローガン。
    廃車になった配送車の保冷庫を入手しただけかも。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      本当だ。もろにヤマギシ会ですね。ググってみるべきでした。
      村にヤマギシ会の人がいるのかどうかは分かりませんが、何らかの理由でスローガンの書かれた保冷庫がここに置かれたんですね。

      返信
      1. 横槍一番

        横から失礼します。ヤマギシ会は日本全国各地に在りますが、被差別部落に土地を持つ実顕地がポツポツあります。例えばヤマギシ会最大の土地面積を持つ豊里実顕地。津市に在りますが、伊勢自動車道を挟んで旧芸濃町にも土地を持っています。そこに野球場を保有しているのですが、駐車場に上がる入り口に教育集会所が在ります。他にも三重県だけ見てそういった実顕地は結構在ります。

        ヤマギシ会について詳しく知りませんが、ヤマギシ会が被差別部落の土地を買った事で集団と集団の繋がりが何か有るのかもしれませんね。

        返信
        1. 鳥取ループ 投稿作成者

          確かに、ヤマギシ会の野球場がある芸濃町岡本は全国部落調査に載ってますね。
          ただ、同和団体がヤマキシ会と付き合って何か得なことがあるかというと思いつかないです。

          返信

関連記事

学術・研究:部落探訪(293)埼玉県 狭山市 柏原 下宿

柏原(かしわばら)の部落は高杉晋吾『部落差別と冤罪』で、狭山事件に絡めて引き合いに出されている。狭山事件との接点と言えば、石川一雄氏の友人で一度逮捕されたものの釈放された東島明氏がこの地区の出身である。 なお、石川一雄氏 […]

学術・研究:部落探訪(292)熊本県 熊本市 南区 城南町隈庄 萱木

熊本では数多くの部落を探訪する準備をしてきたものの、いろいろあって気がついたら日没が近づいていた。最後の探訪先に選んだのが萱木(かやのき)である。ここを選んだ理由は、たまたま今いる場所から近かったからである。 地名で言え […]

学術・研究:部落探訪(291)熊本県 熊本市 南区 日吉2丁目 7, 14

熊本では時間が限られていたので、どの部落を探訪するのか迷った。その中で選んだのが、比較的規模の大きな未指定地区と推定される場所である。現在の熊本市 南区 日吉2丁目7番地、14番地で、昭和初期は100世帯あったとされる。 […]

学術・研究:部落探訪(290)熊本県 菊池郡 菊陽町 原水 馬場

『各墓地で憤りをあらわに「死んでも差別が」熊本県知事が部落視察』という記事が、2004年11月15日のウェブ版解放新聞に掲載されている。当時の潮谷義子熊本県知事が「部落の人びとは死んでまでも差別をうけるのか」と憤りをあら […]

学術・研究:部落探訪(289 後編)熊本県 熊本市 中央区 本荘・春竹

前回に続き、熊本最大の部落、本荘・春竹を探訪する。 食肉業者が集中し、部落のステレオタイプに合致する部落らしい部落なのだが、少なくとも現在は運動は盛んとは言い難い。むしろ、部落だの同和だのといったことは、既に終わったこと […]

学術・研究:部落探訪(289 前編)熊本県 熊本市 中央区 本荘・春竹

熊本県で最大かつ最も有名な部落と言えば本荘・春竹地区である。昭和初期の記録では本荘111戸、春竹307戸とされる。 2016年に日本テレビで「いのちいただくシゴト 〜元食肉解体作業員の誇りと痛み〜」というドキュメンタリー […]