学術・研究:部落探訪(16) 徳島県阿波市吉野町西条井ノ元

カテゴリー: 部落探訪 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

阿波市の主な部落は吉野町西条さいじょうにある。その中でも最大の部落はもとで、隣は庄境しょうざかえである。1935年の記録では戸数がそれぞれ225戸,168戸で、人口はそれぞれ772人,1032人。生活程度は極端に悪くはなかったようだ。

写真は隣保館の吉野一条ふれあい会館の近くにある建物で、「君が代会」とは近くにある一條神社の氏子の集まりだ。

Youtubeに昨年の祭りの様子がアップロードされていた。

この地域をパノラマ撮影したので、現地に訪れた気分でご覧頂きたい。

ご覧の通り、この井ノ元部落はニコイチ、空き地、廃墟という三要素があまり見られない。

自身も部落在住であり、市役所職員であったという地元部落マニアによれば、徳島の部落には古物商が多いという特徴があるそうだ。確かに、この付近にもいくつかスクラップ業者が見られた。そして、映像にもあるソーラーパネルが比較的小さな土地にも設置されていることである。これは、土建業者が設置している例が多いという。

部落の人間がいつまでも部落に縛り付けられているかと言えば、意外とそうでもないという。各部落に特徴的な姓とその分布を調査し、地元への聞きこみを行うという研究を続けたところ、部落内のある区域がまとまって一般地区に移転している箇所があちこちにあるし、過去の文献には見られないが、同和地区指定された部落もあるという。

また、貧富の差が大きいのも特徴だ。部落の中にも豪邸がいくつか見られ、それらは土建業者のものである場合が多いという。

部落外ではあるが、近くにある、昭和44年に作られた市営住宅に案内していただいた。これもパノラマ撮影したので、ぜひ体感していただきたい。

ここにも部落の住民がかなり入居しているという。かなり老朽化しており、今となっては完全に時代遅れの建物だが、建て替えの予定はない。

団地には高齢者が多いが、一方、若い人でも幼い頃から同様の団地に住んでいると、それが「当たり前」となってしまい、結婚して一度は他の地域に出るものの、夫婦で戻ってくるケースが多いという。なにしろ家賃が安いので居心地がよく、こうして階層が定着してしまうのだそうだ。

氏が選挙の際に投票所で仕事をした経験では、そのような住民は「見た目で分かる」と言う。住宅等にお金をかけない分、衣服や自動車にお金をかけるので、身なりで分かるのだそうだ。

余談だが選挙と言えば、白票を持ち帰らせて、それに特定の候補者の名前を書いて再び投票所に持ち込んでまとめて投票するという手法は徳島県が元祖だという。

「部落差別はどうやればなくなるでしょうか?」

そう問うと、

「う~ん、なくならないでしょう」

と身も蓋もない答えが返ってきた。

ただ、かつてのように解放同盟と行政がべったりだった状況は徳島ではなくなったという。同和事業が行われていた時代は、解放同盟が隣保館を間借りしていて、解放同盟がまるで役所の一部署の状態で、個人給付等の同和行政の事務を行っていたのだが、同和事業が終わったらあっさりと出ていき、長々とトラブルになるということはなかったそうだ。

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

鳥取ループ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

学術・研究:部落探訪(16) 徳島県阿波市吉野町西条井ノ元」への6件のフィードバック

  1. 匿名

    >同和事業が終わったらあっさりと出ていき、長々とトラブルになるということはなかった

    のであれば、

    >「部落差別はどうやればなくなるでしょうか?」
    >そう問うと、
    >「う~ん、なくならないでしょう」

    とはならないような気がするのだが。何が悪いのかな?

    やはり、低賃金の住宅に住み続け、身なりや車などにお金をかけている点が反感をもたれるのかな?

    同和地区内で、貧富の差が開いたことによりゆがみが生じているのか?

    どうなのだろう?解釈はいろいろあると思いますが。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      それぞれがそれぞれの立場に甘んじてしまっているところに原因があるのではないかと思います。

      記事では書かなかったですが、部落の改良住宅の家賃を徴収しようとしたら日本刀で抵抗したり、偽装離婚したりして複数公営住宅を借りたりということがあるそうです。役所の人も面倒事は避けたいですし、田舎独特のゆる~い雰囲気があります。

      私の個人的な考えでは、部落問題というより、地方と都市部の格差の問題もあると思います。関西や関東の部落は開発が進んでいる場所が多いですが、それ以外の地方では必ずしもそうではないです。

      返信
  2. 保護者

    お祭りの動画ですが、個人の顔写真、特に子どもたちも出ているので、削除して下さい。ユーチューブにアップしたのは、自分たちの御神輿の様子を、みんなにみてもらいたいからであって、「部落の人たちだ~」と見世物にされるためではありません。子どもたちが、映っており、本当に、いますぐ、削除して下さい。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      「みんなにみてもらいたい」のであれば、なおのこと消しません。

      普通の神社の祭りじゃないですか。「「部落の人たちだ~」と見世物にされる」などという発想が勝手に出てくるのは理解し難いことです。

      返信
  3. TKJ

    保護者さんは、この動画を鳥取ループさんが撮影してアップロードしていると誤解しているのではないでしょうか。
    お祭りの動画を撮ったのは鳥取ループさんではありませんし、Youtubeにアップロードしたのも鳥取ループさんではありません。
    鳥取ループさんは既にアップロードしてあった動画をリンクさせているだけですよ。
    動画の削除を求めるなら、この動画の投稿者に掛け合った方が早いです。
    投稿者が動画を削除したら鳥取ループさんのHPからも動画が見られなくなりますので、是非そうすることをおすすめします。

    横から失礼しました。

    返信
  4. 鳥取ループ 投稿作成者

    消す理由がないように思いますけどね。祭りに子供が参加している動画なんてYoutubeにいくらでもありますし、君が代会の神輿を引いているのが「部落の人たち」なのかどうかなんて分かりません。よもや今時、部落の人間でないと氏子になれないというような差別はないでしょうから。

    一方、以下のリンク先にある狭山事件の裁判に抗議するゼッケン登校なんて、そのまんま「これが部落の子供だ!」と主張して見世物にしているじゃないですか。

    http://www.zenkokuren.org/2008/11/103031.html

    返信

関連記事

学術・研究:部落探訪(293)埼玉県 狭山市 柏原 下宿

柏原(かしわばら)の部落は高杉晋吾『部落差別と冤罪』で、狭山事件に絡めて引き合いに出されている。狭山事件との接点と言えば、石川一雄氏の友人で一度逮捕されたものの釈放された東島明氏がこの地区の出身である。 なお、石川一雄氏 […]

学術・研究:部落探訪(292)熊本県 熊本市 南区 城南町隈庄 萱木

熊本では数多くの部落を探訪する準備をしてきたものの、いろいろあって気がついたら日没が近づいていた。最後の探訪先に選んだのが萱木(かやのき)である。ここを選んだ理由は、たまたま今いる場所から近かったからである。 地名で言え […]

学術・研究:部落探訪(291)熊本県 熊本市 南区 日吉2丁目 7, 14

熊本では時間が限られていたので、どの部落を探訪するのか迷った。その中で選んだのが、比較的規模の大きな未指定地区と推定される場所である。現在の熊本市 南区 日吉2丁目7番地、14番地で、昭和初期は100世帯あったとされる。 […]

学術・研究:部落探訪(290)熊本県 菊池郡 菊陽町 原水 馬場

『各墓地で憤りをあらわに「死んでも差別が」熊本県知事が部落視察』という記事が、2004年11月15日のウェブ版解放新聞に掲載されている。当時の潮谷義子熊本県知事が「部落の人びとは死んでまでも差別をうけるのか」と憤りをあら […]

学術・研究:部落探訪(289 後編)熊本県 熊本市 中央区 本荘・春竹

前回に続き、熊本最大の部落、本荘・春竹を探訪する。 食肉業者が集中し、部落のステレオタイプに合致する部落らしい部落なのだが、少なくとも現在は運動は盛んとは言い難い。むしろ、部落だの同和だのといったことは、既に終わったこと […]

学術・研究:部落探訪(289 前編)熊本県 熊本市 中央区 本荘・春竹

熊本県で最大かつ最も有名な部落と言えば本荘・春竹地区である。昭和初期の記録では本荘111戸、春竹307戸とされる。 2016年に日本テレビで「いのちいただくシゴト 〜元食肉解体作業員の誇りと痛み〜」というドキュメンタリー […]