学術・研究:部落探訪(220) 茨城県 古河市 関戸 北

カテゴリー: 部落探訪 | タグ: | 投稿日: | 投稿者:
By 啓発センター

どうしても異常で異様な同和地区への探訪が期待されてしまうところだが、引き続き古河市の農村部落を地道に特定していく。

古河市関戸の北谷という場所に25戸の部落があったとされる。現在の関戸の北地区には白山神社があり、地元で部落に多い苗字と言われている「峯」あるいは「峰」が集中していることから、そこであると推定される。実際に現地を訪れてみた。

ここの白山神社は非常に立派である。鳥居や社殿に神社名は明示されていないが…

灯籠には白山神社と書かれている。そして、氏子の名字が「峰」であることが分かる。

そして、社殿の中も覗いてみた。

やはり、周辺の神社と同様のつくりで、中で会合等が出来るようになっている。

社殿の右側にも何かがあるが、これは稲荷神社だった。

仏様らしきものも入っている。

周囲は普通の農村。家々の写真をあまり撮っていなかったので、詳しくは動画をみて欲しい。

地区を一周回るように道があるのだが、気になったのはその中央部分。道沿いには家や畑があるのだが、そこから離れた部分は荒れ地や竹やぶになっている。

その「空白地帯」に入ってみた。平らで広い土地があるのだが、道路がなく土地が遊んでいるように見える。

そして、このような廃墟がある。

過去の航空写真を見ると、家の配置は昔からあまり変わっていない。「空白地帯」の部分は田畑で平成初期くらいまでは手入れがされていたが、このように空き家になってからは土地が放置され、竹やぶが広がってしまった。

昔から比較的大きな家が多く、見た目は普通の農村と変わらなかったようである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

学術・研究:部落探訪(255)滋賀県 東近江市 御園町

今回訪れたのは御園町。かつては薗畑という名前で、例のデータだと昭和初期には103戸の部落だった。近世は横井村と呼ばれ、明治初期の記録では156戸とあるから、明治以降から昭和初期にかけて世帯数が減った珍しい部落である。 さ […]

学術・研究:部落探訪(254) 京都府 相楽郡 笠置町 有市(前編)

笠置町は京都府内では井手町に次いで同和関係者の比率が高い自治体として知られる。その理由は、笠置町自体が全国でも最少クラスに人口が少ない町である上、有市という農村部にしては大規模な同和地区を抱えているためである。 戦前の記 […]

学術・研究:部落探訪(253) 滋賀県 愛知郡 愛荘町 山川原

戦前の記録では、山川原の戸数は144、生活程度は中。あそこは部落ではないと言われるくらいに、住民は豊かだったと言われる。江戸時代は「川原村枝郷皮田」が正式な名称であり、野良田村という通称もあった。それが、明治4年の解放令 […]

学術・研究:部落探訪(252) 滋賀県 愛知郡 愛荘町 川久保

「夜も煌々と電燈の光が川久保村の空一ぱいに輝き、まるで不夜城のようでした」―いにしえの滋賀県の部落を記録した書、『滋賀の部落』にはそう記されている。1931年(昭和6年)当時の戸数は25戸134人、 1996年時点で72 […]

学術・研究:部落探訪(251) 滋賀県 愛知郡 愛荘町 長塚

筆者が長塚を訪れるのは初めてではなく、実は10年ほど前にも一度訪れている。その頃と何も変わっていないように見えた。その時の様子は『同和と在日②』に書いている。 昭和初期の戸数は50。生活程度は悪くなく、明治21年の調査記 […]