学術・研究:部落探訪(212) 千葉県 野田市 関宿台町 西町

カテゴリー: 部落探訪 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

読者からのリクエストで、千葉県の関宿せきやどを訪れた。ここは千葉県の北西の端っこであり、利根川と江戸川に挟まれている。関宿には3箇所の部落があり、今回はその1つである西町である。昭和初期の記録では56戸、農業と商業をやっていたようだ。

探訪した日は雲ひとつ無い天気だったのだが、風が強く、旋風に土が舞い上げられていた。

そんな畑に囲まれた場所に、10軒ほどの家がある一角がある。

そこにあるのが白山神社。

中には酒が供えてあり、写真と名簿らしきものも見える。

寄付者の名前が刻まれた石碑等の名前を見ると、氏子の世帯数は周囲の家の軒数よりもずっと多いように見える。

そして、道路を挟んで反対側には墓地が。

墓石の姓は白山神社の氏子のものと一致している。

関宿の部落は浄土真宗本願寺派だと文献に書かれていたような気がするが、法名に「阿」「弌」の文字が入っているので時宗のように見えるがどうだろう。

相変わらず風が凄まじい。

さきほどの場所から東に行くと「西町集会所」がある。だから、ここが西町なのは間違いないが、さきほどの白山神社があった小さな集落も西町に含まれるのだろうか?

特に同和や人権を思わせる掲示物はなく、ただの公民館のようだ。張り紙には「市民生活課」とあるので、同和施設ではないということなのだろうか。

…と思ったら、野田市のウェブサイトで調べたら教育委員会の管轄であり、位置づけは教育集会所、つまり同和施設である。

その横には自治会の倉庫、ごみ集積所、そして「十九夜塔」というものがある。これは「月待信仰塔」と呼ばれるものの一種で、北関東特有のものらしい。

そして、見逃してはならないのはここにもう1つの白山神社があることだ。

さきほどの白山神社よりもこちらの方が社殿や鳥居は大きくて立派。

しかし、石碑のようなものはなく、中を覗いてもご神体が見えない。

境内も広くて、裏手は子供の遊び場になっている。

通りがかりの老人に聞いてみると、2つの白山神社の氏子は共通なのだという。つまり、前の白山神社があった場所も西町の中。しかし、白山神社が2つある理由は分からないのだという。

白山神社の隣の小さな祠の中を除くと、「天満宮」とあった。

さらにここから、流山街道までの間が部落の範囲なのだが、風景は普通の千葉の農村で、同和施設がなければ部落とは分からない。

これが流山街道。

むしろ大きな家が多く、敷地には軽トラや農業機械があり、土地を持っているように見えた。

野田市では全日本同和会、解放同盟、人権連が活動しており、2003年に関宿町と合併したときの資料では同和会と人権連は同和事業は廃止を支持、解放同盟は即座の廃止には反対しつつも、段階的に廃止することには同意していたようである。

そのため、同和対策で作られた施設自体は残っているものの、同和・人権を前面に出す物件は、他の同和行政を行っている自治体よりも少ないように見えた。

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

学術・研究:部落探訪(212) 千葉県 野田市 関宿台町 西町」への10件のフィードバック

    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      大変興味深く見ました。差別事件のように言われていますが、差別文書を送った人は分からず、本当のところの真相はどうだったのでしょう。
      地元の方に聞けばよかったと後悔してます。

      返信
  1. かずさ

    千葉にある部落の多くは保守王国と言われるくらい自民党が強い地域で、
    全体的に融和主義が強いように感じます。
    埼玉と違って、解放同盟が暗躍しているという話はあまり聞きません。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      どちらかというと人権連が強いイメージがあります。
      人権連は保守ではないですが融和主義ですけどね。

      返信
  2. 田中

    西町から北へ(利根川沿い)行くと処刑場が有りますが関係あるのでしょうかね

    返信
  3. 田中

    関宿の隣町の古河市民です
    古河にも何ヶ所も部落が有りますので来てみて下さい
    日にちが合えば協力します

    返信

関連記事

学術・研究:部落探訪(299)茨城県 下妻市 高道祖

今回は、下妻市の高道祖(たかさい)の部落を訪れた。かつての部落名は田町。10戸の部落があったとされる。 白山神社を目印に現地に向かったのだが、その神社はアイキャッチ画像の通りである。もしかすると、白山神社が撤去される真っ […]

学術・研究:部落探訪(297)茨城県 古河市 諸川 西部

部落と言われてもピンとこない茨城県でも、どこが部落かといった地元での伝承は存在する。ただし、それらは不正確であることが多いので、文献に基づいた検証が必要である。そのような検証で、ほぼ間違いないと特定されたのが、今回訪れた […]

学術・研究:部落探訪(296)埼玉県 鶴ヶ島市 上広谷

小堤、下広谷、中小坂、そして今回の上広谷と狭い範囲に4つの部落が存在する。このことも興味深いが、ここには3つの市の境がある。小堤と下広谷は川越市、中子坂は坂戸市、そして上広谷は鶴ヶ島市に属する。 上広谷には鶴ヶ島市唯一の […]

学術・研究:部落探訪(295)埼玉県 坂戸市 中小坂

菊池山哉の『長吏と特殊部落』の、名細(なぐわし)村下広谷を解説した部分に「ここには、三芳野村の原村と、名細村小堤との三つの曲輪が、一つになって居る」という記述がある。 下広谷と小堤は既に探訪済みなので、「原村」を訪れた。 […]

学術・研究:部落探訪(294)埼玉県 日高市 女影 北口

菊池山哉の『長吏と特殊部落』には、こうある。 入間郡、高萩村、北村、□□○高萩村と言ふよりは女影(をなかげ)村に近い。多くの村が、鎌倉を受け南であるのに.この曲輪のみは、北村であり。俗に北口とも称へて居る。○白山神。○六 […]