学術・研究:部落探訪(34) 神奈川県横須賀市林2丁目

カテゴリー: 部落探訪 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 啓発センター

先日、武ハイムの話題をお伝えしたが、この武ハイムのルーツとなったのが、林部落である。武ハイムは当初は林部落住民の住環境改善のために建設された。

武ハイムから県道26号線を海に向かって進むと、途中に「武山市民プラザ」がある。ここは、実は武ハイムの建設候補地だったという。さらに進むと、別名「林ロータリー」とも言われる、林交差点に突き当たる。


ここが林交差点。ロータリーとは言っても、最近流行りのラウンドアバウト(環状交差点)ではない。自動車でぐるぐる回ることはできないので、要注意だ。


そこに林部落への入口がある。


ここは路地というより、横丁で、一見さんには入りづらい店が並んでいる。

ここは、武ポンプ場。1974年に水害対策のために建設されたという。「ドローン禁止」の注意書きが有る。裏を返せば、ドローンで撮影した人がいたということか。

さらに進むと、畑と住宅が入り混じっており、地元野菜の直売所がある。この日は美味しそうなキュウリが青々と実っていた。

古い農家があり、道が徐々に細くなっている。この日はスーツを着た不動産業者らしき人が、あちこちの家を廻っていた。土地の買い取りの交渉のためだろうか?

そして、公園にたどり着いた。この公園の周辺が部落で、1934年当時で32戸だったという。

公園の周囲には細い道があり、たしかに部落の面影がある。

神権連の機関紙『人権のとも』2007年12月15日によれば、部落には白山神社があるという。しかし、公園の周囲を散策しても一向に見当たらない。

「この近くに祠のようなものがなかったですか?」住民に聞くと、「あったけど、昔のことだよ」と返事が返ってきた。

「ほら、あの無人販売所のところ」

公園の隣に野菜の無人販売所がある。昔はここに白山神社があったそうだ。

『人権のとも』に掲載された写真と見比べると、確かに周囲の家の壁や窓やフェンスの形が一致している。

その後白山神社は公園の近くの、この茂みに移されたというが、ここにも白山神社の姿はない。

グーグルアースには緑色の屋根の神社の姿が見えるので、本当にごく最近まであったのだろう。さきほどの写真でブロックが新しくなっているところが、白山神社のあった跡だ。

近所の人は証言する。

「もう誰も管理する人がいなくなったから、お寺に返したって」

そのお寺はどこなのか聞いてみたが、「そこまでは知らない」ということだった。

ところで、この林部落には大正天皇にまつわる逸話がある。現在、海上自衛隊武山駐屯地になっている場所は、かつては林部落の一部だった。この海岸からの眺めが美しいと聞いた大正天皇は、わざわざ景色を見るためにこの地を訪れた。そのことを記念して、この場所は「御幸浜みゆきはま」と名付けられた。

その御幸浜の海岸は、残念ながら一般人が入ることが出来ない。しかし、基地の隣の富浦公園から、海岸の景色を眺めることが出来る。

この日は雲が出ていて、空気がやや霞んでいたが…

実は筆者は一昨年の元日にここを訪れて写真を撮っていた。条件が良ければ、このように富士山まで見渡す事が出来る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

学術・研究:部落探訪(34) 神奈川県横須賀市林2丁目」への6件のフィードバック

    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      私はそれも気になりました。しかし、「ドキュメント差別糾弾」という本には、基地の建設で林部落の一部が押しのけられたようなことが書かれています。
      話が誇張されている可能性もあります。

      返信
  1. ロボット3等兵

    海上自衛隊の基地は帝国海軍の時代から教育を担う海兵団が存在していたようですが、部落が押し退けられたというのは何年ごろのことと主張してるんでしょうかね

    それにしても自衛隊の基地、駐屯地の付近って部落だったり、いわゆるややこしいところが多いですね、ウトロとか。

    返信
  2. チャンダラー

     初めまして。武ハイツには二つ集会所があり、一つの入口脇に祠のようなものがありますが、林にあった白山神社絡みでしょうか。
     横須賀海辺路地は、幕末にピークになった海防による動員ですかね。海防ならば、旧帝国海軍も海上自衛隊もかなり目的が被りますね。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      すみません、武ハイムの祠の由来は何なのか分かりません。ただ林の白山神社とは関係ないと思います。寺に納めたと聞いていますので。

      返信

関連記事

学術・研究:部落探訪(255)滋賀県 東近江市 御園町

今回訪れたのは御園町。かつては薗畑という名前で、例のデータだと昭和初期には103戸の部落だった。近世は横井村と呼ばれ、明治初期の記録では156戸とあるから、明治以降から昭和初期にかけて世帯数が減った珍しい部落である。 さ […]

学術・研究:部落探訪(254) 京都府 相楽郡 笠置町 有市(前編)

笠置町は京都府内では井手町に次いで同和関係者の比率が高い自治体として知られる。その理由は、笠置町自体が全国でも最少クラスに人口が少ない町である上、有市という農村部にしては大規模な同和地区を抱えているためである。 戦前の記 […]

学術・研究:部落探訪(253) 滋賀県 愛知郡 愛荘町 山川原

戦前の記録では、山川原の戸数は144、生活程度は中。あそこは部落ではないと言われるくらいに、住民は豊かだったと言われる。江戸時代は「川原村枝郷皮田」が正式な名称であり、野良田村という通称もあった。それが、明治4年の解放令 […]

学術・研究:部落探訪(252) 滋賀県 愛知郡 愛荘町 川久保

「夜も煌々と電燈の光が川久保村の空一ぱいに輝き、まるで不夜城のようでした」―いにしえの滋賀県の部落を記録した書、『滋賀の部落』にはそう記されている。1931年(昭和6年)当時の戸数は25戸134人、 1996年時点で72 […]

学術・研究:部落探訪(251) 滋賀県 愛知郡 愛荘町 長塚

筆者が長塚を訪れるのは初めてではなく、実は10年ほど前にも一度訪れている。その頃と何も変わっていないように見えた。その時の様子は『同和と在日②』に書いている。 昭和初期の戸数は50。生活程度は悪くなく、明治21年の調査記 […]