示現舎ムック 同和と在日3―直撃! 部落解放研究全国集会を発売しました

By 鳥取ループ

電子雑誌「同和と在日」の書籍版第3弾、「同和と在日3―直撃! 部落解放研究全国集会を発売しました。

アマゾンの他、模索舎でも販売しております。

内容紹介

電子雑誌「月刊同和と在日」の書籍版第3弾。電子版から選りすぐりの記事を掲載+特別書きおろし。

本誌取材班が直撃! 針のムシロの 「部落解放研究第45回全国集会」 / 法律がなくても行政が総力をあげて規制する グーグルマップを使った同和地区マップ / 匿名で企業に圧力 大阪芸術大学「人権問題論」講師のエセ同和行為 / 滋賀県草津市で発覚解放同盟と行政による就職差別 / 同和地区指定を拒否した全国水平社初代委員長の故郷 / 特別書きおろし 岐阜集会はフラグ!? 伝染する「同和」に警戒せよ ほか

今回の見所は岐阜の 「部落解放研究第45回全国集会」からのレポート。行政や運動団体が「部落地名総鑑」を非難する一方、自ら「同和地区一覧」を公開していたという壮大なブーメランにツッコミを入れてきました。

「滋賀県草津市で発覚解放同盟と行政による就職差別」は滋賀県草津市からのレポートですが、雇用にまつわる全国的な「同和優遇」にも、これまでになくディープに迫ります。

「同和地区指定を拒否した全国水平社初代委員長の故郷」は滋賀県近江八幡市にある南梅吉の故郷に行って来ました。戦前の水平社運動が盛んだったにも関わらず、戦後は「未指定地区」となった地区がいくつかあるのですが、なぜそうなったのかという謎を解き明かします。

また、今回は書籍版書きおろし記事「特別書きおろし 岐阜集会はフラグ!? 伝染する「同和」に警戒せよ」を加えています。今まで同和と馴染みのなかった地域に同和が伝染しているという分析記事です。