新刊「アイヌ探訪」の予約を開始しました

カテゴリー: お知らせ | タグ: | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

アマゾンにて、「アイヌ探訪」の予約を開始しました。予約はこちらから。

キンドル等での電子版も発売予定です。

本サイトの「北海道アイヌ探訪記」の書籍版です。

アイヌをテーマにした本と言えば、どうしても政治的な問題が避けられがちなのですが、本書ではそれらの問題に直球で迫ります。

また、書籍版ではウェブ版にはなかった、IMADR潜入レポート等も加わる予定です。

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新刊「アイヌ探訪」の予約を開始しました」への2件のフィードバック

  1. ウェブ版で全て読みましたが手元に残しておきたくなり、書籍版をアマゾンで購入しました。
    利権・創価・同和との関わり・同和との比較・ハコモノ問題等、まさに直球の内容でページ数以上の読みごたえがありました。道民ながら知らない話ばかりでした。特に北海道に住んでいると同和の話は普段全く聞くことがないもので。
    アイヌ協会や活動家の偉い方が、アイヌと同和のつながりをよく知らないのは意外でした。取材しないと分らない話は沢山あるんですね。
    今後も示現舎さんの本を読んで勉強しようと思います。

    ところで一応、下記に書籍版の文字の訂正を。
    道庁 → 同調 (P34、下段11行目)
    ひっs → 筆者 (P46、上段2行目)
    「アイヌ、というより土着の北海道の住民が昔の生活を好まなくなったという方が適当だと考える。(括弧閉じなし、P136、上段6~8行)

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      誤字指摘ありがとうございます。
      しかし、アイヌ探訪は実は売れていなくて、増版はない見込みです。
      率直なところ、アイヌは同和よりもさらに世間の関心は低いですね。

      返信

関連記事

3月3日夜8時、全国水平社設立 100周年 オンライン記念講演を 行います

全国水平社設立 100周年ということで、本日夜8時から、神奈川県人権啓発センターチャンネルにおいて、記念講演を行います。 テーマは米国ハーバード法科大学院のJ・マーク・ラムザイヤー教授の「アイデンティティ政治の発明につい […]

【プレゼント企画】記録映画「私たちの手で」聖地特定で サイン本が当たる!

4月末、NPO法人科学映像館によってYoutubeで公開された記録映画、英(はなぶさ)映画社の「私たちの手で 住宅地区改良事業・農村同和篇」。本サイトの読者であれば、この動画を興味深くご覧になった方が多いことでしょう。 […]

ハッカーミミ発売! 作者サイン入り 単行本が 当たります

本サイトで一時期連載していた「ハッカーミミー」の完全版電子書籍を4月15日からアマゾン限定で発売しました。なお、印刷版は少し遅れて早ければ4月20日にお手元に届きます。また、発売記念として抽選で10名様に作者のサイン入り […]

日本姓氏語源辞典 ウェブ版・書籍版を作成しました

兼ねてよりスマートフォン版、キンドル版を出していた日本姓氏語源辞典ですが、ひっそりとウェブ版と書籍版を作成しております。諸般の事情により示現舎での告知が遅くなってしまいましたことをお詫びいたします。 ウェブ版はのアドレス […]