学術・研究:部落探訪(209) 佐賀県 唐津市 橋本町

カテゴリー: 部落探訪 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

橋本町は唐津市最大の部落で、1935年の記録では115軒とされている。そして、1980年代は220軒あったようである。

飛行機の時間に追われながらの探訪となった。

部落は山奥にあるというわけではなく、佐志川の河口に近いのだが、東側の山からアプローチした。途中で気になる廃墟があったので撮影。

高台の辺りは地名では八幡町なのだが、ここには同和対策で作られた保育所や改良住宅がある。

さらに進むと、お寺の門が現れた。やはり、日蓮宗である。

お寺は高台にあって眺めがよい。

かつては部落と一般の境界には細い道があって、生け垣で隔てられていたというが、おそらく橋本町と桜町の境界のことと考えられる。写真中央の赤いのぼりが見える建物(ふくしま食品)の向こう側が桜町だ。

お寺の横に4階建ての鉄筋の建物が。これが隣保館である。まるで都市部の隣保館のように大きなものだ。

この部落には番神堂がないのか聞いてみたが、ないようだ。あれほど立派なお寺があるのだから、あえて番神堂を建てる必要がないのだろう。

かつては家がひしめきあって消防車も入れなかったというが。今は広い道が整備されている。

ただ、細い路地もいくつか残っている。

商店が集まっている一角がある。ここは橋本町と桜町の境界にあたる。昭和の頃までは毎朝買い物をする住民で賑わっていたであろうが、今はどの店も廃業してしまったようだ。

部落に限ったことではないのだが、やはり空き家が多い。

こちらが桜町。確かに橋本町に比べて大きな家が多いが、別け隔てられているような感じではない。

このアパートや庚申塔があるのも桜町側である。

再び橋本町側に戻る。この廃墟が印象的だった。

この慰霊碑は戦死者のためのもののようだ。刻まれた名前には福島、濱本という名字が多い。

お土産に、寺から見えたふくしま食品で佐賀牛のたたきを買った。これは犯罪的に美味いので、橋本町を訪れたら必ず買うべきだろう。

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

学術・研究:部落探訪(209) 佐賀県 唐津市 橋本町」への2件のフィードバック

  1. 唐津市の被差別部落は…

    『幕藩体制下の被差別部落:肥前唐津藩を中心に』(明石書店:2008年) を
    読むといいのかも?

    返信

関連記事

学術・研究:部落探訪(271)香川県 丸亀市 川西町南

ここは香川県の被差別部落現地研修報告では丸亀市A地区として紹介されている。その立地は飯野山の麓に広がる農村地帯、香川県の特徴の1つであるため池のそばと記載されている。1990年頃は50数世帯、150人余り。 部落名は金山 […]

学術・研究:部落探訪(269)香川県 丸亀市 飯山町 東小川 西内

どうしても異常で異様な巨大同和地区ほど記事や動画の閲覧数が多くなるのだが、探訪の楽しいという点では、少戸数未指定地区の探索にまさるものはない。香川にもそのような部落があるので探索することにした。 昭和初期の記録では、綾歌 […]

学術・研究:部落探訪(268)香川県 綾歌郡 綾川町 小野、北

明治の文筆家、宮武外骨は著書『つむじまがり』で「予の先祖は備中の穢多であるさうな、予は讃岐の小野といふ村で生まれた者である」と書いていた。 宮武という名字は圧倒的に香川県に多く、岡山県では倉敷市に比較的多いのみなので、宮 […]

学術・研究:部落探訪(267)香川県 善通寺市 与北町 東原

『香川県の被差別部落 ―現地研修報告―』(安竹貴彦)で善通寺市D地区として紹介されている与北町(よぎたちょう)東原部落は、戦前は70世帯であった。主な産業は日雇い。過去の航空写真を見ると家が密集しており、農村ではなく労働 […]