タグ別アーカイブ: 同和

部落探訪(41)
長野県伊那市手良沢岡下手良辻“西幅”

以前、伊那市の“後藤の衆”を訪れたが、部落解放同盟長野県連合会が発行した「差別とのたたかい」によれば、その近くにはもう1つ部落がある。 それが、長野県伊那市手良沢岡下手良の「辻」あるいは「西幅」と呼ばれた部落である。19 […]

岐阜の同和取材で邂逅した連合赤軍の黒幕・川島豪の夢 後編

『同和の会長』(小社刊)の追加取材中に浮上した連合赤軍、川島豪(故人)。すでに学園紛争、安保闘争の歴史自体が風化し、また川島を知る人もほとんどいない。そんな中、川島が1979年の出所後、経営していたトバナ産業(旧川島環境 […]

部落探訪(40)
大阪府大阪市北区中崎西“舟場”

部落と言えば「差別」ということが強調される一方、差別されなくなった部落がメディアでクローズアップされることはあまりない。「解放」された部落というのはどのようなところなのか、本当に部落差別を解消したいと思うのであれば、その […]

岐阜の同和取材で邂逅した連合赤軍の黒幕・川島豪の夢 中編

思わぬ状況から連合赤軍の指導者、川島豪の生き様を探ることになった。共産主義革命の夢が潰えた後、屎尿汲み取りの会社の経営者に転身するという意外な経歴。そして岐阜の同和のドン、石井輝男との意外な交流。そして取材を深めるとさら […]

岐阜の同和取材で邂逅した連合赤軍の黒幕・川島豪の夢 前編

連合赤軍の最高指導者、故・川島(かわしま)豪(つよし)。現在、この名を知る人がどれぐらいいるだろう。岐阜県の同和取材でまさかこの人物に辿り着くとは思わなかった。きっかけは、岐阜の同和行政の闇、そして部落解放同盟岐阜県連前 […]

部落探訪(39)
長野県伊那市手良野口棚沢“後藤の衆”

部落解放同盟長野県連合会が発行した「差別とのたたかい」には、昭和38年に長野県が政府の委託を受けて調査した部落の一覧が掲載されている。部落の地名のみならず俗称までも掲載されている。当時は部落の地名について、タブーではなか […]

大垣市の”解放の盆踊り”で垣間見た「融和」のカタチ

一介の荒くれ者が事業を起こし、やがて岐阜の同和行政を牛耳る――――。株式会社イシイ(大垣市)の創業者で、部落解放同盟岐阜県連前執行委員長、石井輝男(故人)その人である。輝男の人物像、その長男、涼也とその一味が2015年に […]

部落探訪(38)
兵庫県たつの市新宮町仙正

前回訪れた、段之上は南部だけが部落であるが、さらに南に歩くと仙正(せんしょう)部落がある。つまり、2つの部落が隣接している。 部落解放同盟の片岡明幸副委員長は、全国部落調査事件の裁判で提出した陳述書で、旧新宮町の同和地区 […]