学術・研究:部落探訪(51) 特別編・大阪府大阪市浪速区 浪速東・浪速西・大国町(後編)

カテゴリー: 部落探訪 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

前編中編後編

浪速地区では、公共施設が異常に豪華である。もっとも、その多くは取り壊されてしまったが、身近なところで残っているものも多い。例えば歩道橋がそうで、1975年の『同和地区精密調査報告書』によれば同和対策で4基の歩道橋が設置されたとされる。

その1つがこの歩道橋。かつてはここに、「部落解放基本法を制定しよう」であるとか「石川さんを返せ」といった類の横断幕が掲げられていた。

同和対策の作業上のほとんどは取り壊されてしまったが、この浪速第7作業場はまだ残っている作業上の1つである。ほとんどは空き部屋だが、一部は使われており、この日も革の加工作業の真っ最中だった。

ここにも立派な歩道橋が。

歩道橋の上からは作業場や市営住宅が見える。

この浪速第4保育所は1971年に建設された。しかし、今では閉鎖されている。

さらに、リバティおおさかの西側の地域を目指して歩き、浪速神社にたどり着いた。

一見普通の神社だが、敷地内には不思議なものを見ることができる。

玉垣に刻まれた「浪速支部行動隊」の名前。浪速支部というのは部落解放同盟浪速支部という意味で、行動隊というのは文字通りの意味だろう。

他に、解放同盟西成支部や浴場の運営委員会、芦原病院の名前まである。

社殿をよく見ると…

部落解放同盟と同和事業浪速地区協議会の名前が。

ここにも。

そして、こんなところにも。

この祠の屋根は設置者が不明で、大阪市が困っているようである。

これは芦原橋の石柱と、日蓮宗の供養塔だろうか。

昔は船着き場があったという絵図。

高架下の駐車場。かつては、同和事業浪速地区協議会が大阪市から管理を委託されていた。その駐車場の収益がどうなっていたか、飛鳥会事件を知っている人は察しがつくだろう。小西邦彦はやりすぎた、ということだ。

再び目前に現れた立派な歩道橋。

上に登ると、時計台が2つある巨大な建物がある。実はこの建物こそ、同和対策で作られた、かつての栄小学校なのである。

1975年の『同和地区精密調査報告書』によれば、教室数84、うち普通教室32、講堂・体育館・食堂・プールを含むとある。当時の児童数が647名なので、1教室30名としても計算が合わず、異常な規模である。しかもその後は少子化などで児童数は減る一方で、90年代には児童数が300名くらいになり、末期には50人くらいだったという。出来た当初から最後まで、空き教室だらけだったのである。

そのようなオーバースペックな学校は、誰のためのものだったのか。子供のためではなく、土建屋の大人のためであったことは明白だ。

しかし、作ってしまったものはしょうがないので、現在は大阪府立難波支援学校という、小学校から高校まで一貫の特別支援学校として活用されている。大阪府各地の特別支援学校を集約した、巨大特別支援学校である。

これは芦原自動車教習所。同和対策の自動車教習所である。同和対策が行われていた時期、浪速地区の住民ならわずか3000円で免許が取れた。さらに、新大阪タクシー(同和地区の雇用促進対策のためにタクシー会社)に就職しやすくなるという特典もあったという。

無論、今となっては普通の自動車学校だ。

業者によるボーリング調査が行われている最中のこの空き地、ここには解放同盟大阪府連の拠点である部落解放センターがあった。現在は解放同盟大阪府連は港区波除のHRCビルに移転している。

※読者の方から、部落解放センターがあったのは向かいの建売住宅群(富士林プラザ BigTown ミナミ)の場所ではないかと指摘がありました。正しい位置は浪速区久保吉1丁目6-12です。

こちらはテクノセンター芦原と、A’エーダッシュワーク創造館。これも同和対策の職業訓練施設である。

浪速地区の北西の端からは、芦原公園と、木津川沿いの事業所群が見える。どちらとも、同和地区外である。

以前の部落探訪を見れば、隣同士の部落なのに、西成地区と浪速地区は全く様相が異なることが分かる。同じ大阪市内であっても、同促や解放同盟の支部が違えば、そのことがここまで影響するのだ。また、西成は大規模な住宅密集地があり、未だ改善が達成されておらず、貧民街というイメージが残っていることが浪速とは大きく異なる。

浪速地区に同和事業は必要だったのか。筆者の出した結論は「浪速の同和事業は不要であったどころか、むしろあるべき地域の発展を遅らせた」ということである。浪速地区は交通の便がよく、同和施設を廃止した途端に住宅地としても商業地としても急速に発展し始めているいることがそのことを証明している。

もし、同和地区指定しなければ、同じ浪速区内の「部落」であった日本橋のように、高度成長期・バブルを経て、特色ある街として発展していたことだろう。そして、同和事業に振り向けた予算を、西成の不良住宅地改善に集中投下すれば、また違った未来があったかも知れない。

無駄な努力をしたものである。

ここは市営第二住宅の跡地。「ここは住宅地域です」とあるが、その住宅はもうない。この土地もいずれ民間に売られ、マンションか建売住宅か、あるいは商業施設になるのだろう。

浪速のことも夢のまた夢。

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

江戸川 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

学術・研究:部落探訪(51) 特別編・大阪府大阪市浪速区 浪速東・浪速西・大国町(後編)」への14件のフィードバック

  1. A

    浪速神社は坐摩神社の末社で、現在の天満橋周辺に存在した同神社を守護神としていた渡辺党が秀吉の政策により移転を余儀なくされた際、その一部の皮革加工を取り扱う集団が最終的に渡辺村に落ち着いた際に建立されたらしいですね。
    摂河泉などの穢多に対し革商いや行刑の優越があったのも歴史ある穢多村たるところですね。
    大坂の下層警察行政を担ったもう一方の当事者である大坂四ケ所の非人集団は雲散霧消したのにこちらはなぜ今まで残ってしまったのか…

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      実は浪速も雲散霧消しているということはないでしょうか。ただ、同和地区指定されただけで。

      返信
  2. 江戸川

    日本姓氏語源辞典の有料購入者向けダウンロードですが、不明なエラー発生でダウンロードできない状態です。アンドロイド版です。確認をお願いできますか。よろしくお願いします。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      すみません、不具合が生じていたようです。既に復旧しました。ご報告ありがとうございます。

      返信
  3. 立葉町

    子供の頃、浪速区芦原橋近隣の部落外に住んでいました。
    昔、芦原橋駅近くに大きなプールがあったんですが部落の子達しか入れなくて羨ましかったな。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      コメントありがとうございます。部落に仲の良い友達がいれば、入らせたりしてくれませんでした?

      返信
      1. 鳥取ループ 投稿作成者

        たぶん、解放会館か青少年センターに名簿があったのではないかと思います。

        返信
    2. 白鳥

      青少年会館のプール、というか元々プールが最初にできて、その後にプレハブの青少年会館の元となる子ども会の建物ができて、今の栄小学校の建物となる青少年会館のプールとして使われるようになりました。しかし、大震災で損傷を受けそのままでは使えないということで、今の栄小学校になる際に立て替えられました。

      返信
  4. 元児童

    かなり以前に住んでいました。今高層住宅が建っている浪速西一帯には裏庭付きの長屋風の市営住宅があり、人権博物館が栄小学校でした。しかし、当時はかなりの児童が栄小学校ではなく立葉小学校へ越境入学してました。越境するからといって「糾弾」されることはなく、越境先で「差別」されることもありませんでした。同対法が制定され「差別」が役所からカネを引き出すタネになってから何かしら違った方向に行ったように思います。お役所ではなく民間企業の力で再々開発が成功することを祈っています。

    返信
    1. 白鳥

      越境入学された立葉小学校も、同和教育研究校指定を、そのあおりで受けることになります。長屋というか、小さな平屋の一戸建てでしょうか、「ヒラバ」といわれていましたね。

      返信
  5. 部外者

    街は綺麗になったとしても住民はどうかなって思いますね。それは今の西成がそんな感じになっています。

    返信

関連記事

学術・研究:部落探訪(281 前編)京都府 八幡市 八幡 六区

今回は八幡市の「六区」という部落を訪れた。この部落は規模が大きく、見所も多いので、前編後編に分けて紹介する。 前編で訪れたのは部落の南側、京阪国道から分かれる道にスクラップ業者が集中している、通称「ポンコツ街道」である。

学術・研究:部落探訪(280)滋賀県 野洲市 小篠原 和田

野洲市小篠原と言えば、野洲駅と市役所ががある、野洲市の中心街だが、その地域の和田という地区が部落である。明治初期は10戸、昭和初期は51戸。1996年頃は205戸であった。 もとは低湿地帯の小さな村であったが、市街化地域 […]

学術・研究:部落探訪(279)滋賀県 近江八幡市 若宮町

近江八幡市若宮町は滋賀県内でも異色の部落である。中小森3部落の中では最大規模であるが、同和地区指定がされていない。その経緯は10年以上前の記事「同和地区指定を拒否した全国水平社初代委員長の故郷」に書いたので、ぜひ読んでい […]

学術・研究:部落探訪(278)滋賀県 近江八幡市 池田本町 住吉

中小森3部落のもう1つを探訪する前に池田本町住吉に立ち寄った。中小森に近いが、ここはかつての池田村であり、中小森3部落には含まれない。江戸時代は木原村、その後池田村枝郷西村となり、桐原村の一部となった後1954年に近江八 […]

学術・研究:部落探訪(277)滋賀県 近江八幡市 大森町

『近江八幡の部落史 くらしとしごと』によれば、かつての村名は「細工(さいく)」で、文字通り竹細工を作っていた。しかし、竹細工が村名の由来であるとは断定できず、地元の寺から「西久」と書かれた紙が出てきたというので、途中で漢 […]

学術・研究:部落探訪(276)滋賀県 近江八幡市 堀上町

ぜひ探訪して欲しいとリクエストがあったので、中小森(なかこもり)3部落を探訪することにした。ここは『滋賀の部落』では中小森村枝郷三部落として紹介されており、中小森には日吉村、赤尾、白鳥という一般地区があり、細工(さいく) […]