大阪のポシンタン(犬鍋)が絶滅!?

カテゴリー: 調査 | タグ: , , , , | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

コリアタウンのお店の密かな人気メニューであるポシンタン。進んで食べるものというよりは、言わばゲテモノ料理として話のネタか度胸試しのために食べるか、そうでなければ何か特別な効果を期待して薬として頂くという方がほとんどではないだろうか。

先日、大阪を訪れた時、中途半端に時間が余ってしまったので、これから本格化するであろう夏の暑さへの備えとして、ポシンタンでも食べようと今里いまざと駅に降り立った次第である。

大阪のコリアタウンと言えば、鶴橋駅界隈が圧倒的に有名だが、その隣の今里駅の方がむしろディープであるとの評判である

今里でポシンタンを出す店というと、開城ケソン食堂が有名。行って空振りになっても虚しいので、 念の為電話をしてみたのだが、いきなり朝鮮語で応対されてまともに日本語が通じない。それでも何とか分かったのは、今はポシンタンはなく、代わりに鶏肉を使った鍋しかないとのこと。

もう1つの名店である紫金城しきんじょう。電話してみると、今度は中国語訛りのお姉さんが出てきたが、一応ポシンタンはあるらしい。

そこで早速お店に行き、メニューを見たのだが、どうもそれらしい物がない。店主と思われる男性に聞いてみると、数年前まではポシンタンをやっていたが、今はやっていないとのこと。

「愛護団体がいろいろと言ってくるようになって…まあ、無視してもいいのかも知れないですが、面倒なのでやってません」

犬鍋目的なら無理にここで食べなくていいですよと気遣って頂いたが、前述の通り開城食堂が既に陥落済みなので他に行く宛もない。どこか犬鍋を出している店を知らないか聞いてみたが…

「横のつながりがある訳ではないので全部は分からないですが、有名な店はどこも抗議を受けて、犬肉は出せないようです。まあ、大阪はこんな状態ですよ」

もしやと思い、後で大阪市内で犬肉を扱っていると評判の店に何軒か電話してみたのだが、どこも揃って犬肉は今は出していないという答えだった。今のところ、確実に犬肉が食べられる店を、筆者は大阪市内で確認していない。

本場韓国でも年々犬肉への風当たりが強くなっているというが、大阪で犬肉が食べられなくなっているという現状は筆者には衝撃的である。

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

大阪のポシンタン(犬鍋)が絶滅!?」への9件のフィードバック

  1. yilian

    日本橋の上海新天地という中国のLaox系のマーケットには素材の狗肉は並んでいますから、家庭単位で楽しんでいるのか、一部のお馴染みさん相手の裏メニューになっているのかもしれません。
    神戸のお店はメニューに写真も掲載されていますが、狗肉メニューだけは日本語併記がされていません。

    返信
  2. 通りすがり

    もうすぐ土用の丑の日ですね。
    蒸し暑い日本では、スタミナをつけるためうなぎを食べますが、朝鮮半島では、ポンシンタンを食べるようです。昔は恐怖を与えて撲殺した犬の肉を材料にしていたみたいです(そのほうがよりスタミナがつくと信じられていたらしい。)が、さすがにこのご時勢そんなことはしていないでしょうね。
    ただ、その筋の方に言わせるとと殺前に「恐怖」を与えてしまうと暴れたりして肉質が悪くなるので、「そんな非人道的なことをしてはいけません。」とのことです。

    返信
  3. 犬肉食太郎

    犬の肉食うと勃起すごいから宮部氏はその辺の家から犬をもらって食べるとよい

    返信
  4. 山本タロー

    「関西犬肉ガイド:犬NAVI 」にいっぱい店が紹介されていますが、
    一軒くらいありつけるかもしれませんがどんなもんでしょうか?(笑)

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      そのページで片っ端から電話してみましたが、大阪市内は全滅でした。

      返信
  5. 関東在住

    日本にも犬肉レストランがあるとは驚いた。東京には残ってたりするのだろうか…?

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      そのお店も陥落してしまっていたと思います。
      東京の新大久保ではまだ食べられるようなので、そちらに挑戦するかも知れません。

      返信

関連記事

部落問題にも 手心なし ラムザイヤー論文の中身

韓国ウォッチャーであれば、「ラムザイヤー論文」が今、熱い話題となっていることはよくご存知だろう。米国ハーバード大学法科大学院のマーク・ラムザイヤー教授が昨年8月に発表した「太平洋戦争における性の契約」という論文は、端的に […]

川崎市同和相談事業の謎 審査請求の結果は…

2017年と、かなり前のことになってしまうが、川崎市で行われているという「同和対策生活相談事業」関係文書を情報公開請求したところ、ほとんど黒塗りで開示されるということがあった。この事業について調査したところ、川崎市の部落 […]

部落探訪・番外編「飯塚のホワイトハウス」

中原京三著『追跡・えせ同和行為』(1988)には、福岡県で「鉱害利権」に関わった人々のことが書かれている。その中に、松岡福利という人物が出てくる。その松岡氏が10億円以上かけて建てたという物件が現在でも飯塚市内に現存する […]

天下の朝日新聞『落日新聞』へ転化の道④「PE制度と角度」

朝日新聞が慰安婦問題&吉田調書の二大誤報を生んだ根底に記事作成の過程で「角度をつける」という社内文化があることを前回論じた。「角度をつける」とは端的に言えば取材した事実や報道資料などに独自見解を加えるというもの。「報道」 […]

天下の朝日新聞『落日新聞』へ転化の道③

東京高検の黒川弘務検事長が緊急事態宣言中に産経新聞記者、そして朝日新聞記者と賭けマージャンをしていたとの『週刊文春』(5月28日号)の報道は衝撃的だった。「法の番人」であるはずの検察幹部が賭けマージャン! と同時に朝日新 […]