参院選2016福岡選挙区民進候補の応援に松本龍氏が現れた!

カテゴリー: ウェブ記事 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 三品純

7月2日、福岡市博多区の美野島商店街で歩行遊説を行う古賀ゆきひと候補の一行に意外な人物の姿が! 部落解放同盟元副委員長で元復興相の松本龍氏である。目撃者によると「商店街を松本さんが候補と一緒に歩いていた。応援といっても前に出るのではなく遊説に“ついてきた”という感じでした」という。

松本氏と言えば復興担当大臣時代の2011年7月、宮城県庁を訪れ村井嘉浩よしひろ知事と会談した際、「お客さんが来る時は、自分が入ってからお客さんを呼べ。いいか、長幼の序が分かる自衛隊ならそんなことやるぞ」などと暴言。さらに「今の最後の言葉はオフレコです。『書いたらもうその社は終わり』だから」と記者団をすごむ姿は、全国を震撼させるに十分だった。

こうした発言が原因で同職を辞任し、2012年12月の総選挙で落選。中選挙区時代から続くいわゆる“解放の議席”を失うことになった。一時は「うつ状態」など健康問題が取り沙汰されていたが、今参院選で久しぶりに公の場で政治活動を行ったのである。

古賀ゆきひと事務所によると、松本氏が歩行遊説に参加したことを認めた上で「応援と言っても演説などはありませんでした」と説明する。まさか古賀候補までに“長幼の序”と言わんばかりに松本氏が前面に出るはずもないが…。

実はこの松本龍氏、現在、示現舎と解放同盟の間で行われている全国部落調査本裁判の原告団の一人でもある。本件で久々に解放運動家の血が騒ぎ、政治熱も高まったのかは分からない。ただ同氏に応援されたところでそれほど“プラス”になるとも思えないが…。

三品純 について

フリーライター。法政大学法学部法律学科卒。 月刊誌、週刊誌などで外国人参政権、人権擁護法案、公務員問題などをテーマに執筆。「平和・人権・環境」に潜む利権構造、暴力性、偽善性を取材する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

参院選2016福岡選挙区民進候補の応援に松本龍氏が現れた!」への9件のフィードバック

  1. 斉藤ママ(部落在住なのに減免なし)

    写真がすごくいい。
    この本読みたくなりました。

    返信
  2. ジャパニーズオンリー

    権力が恋人のような人
    カネには困ったことがないよ、この人。部落出身者=弱者という方程式が嘘ということを生きて証明している

    返信
  3. ジャパニーズオンリー

    解放同盟は松本の議席のことをいつも「解放の議席」と言っていた。解放新聞でも書いてあった。
    馬鹿を言うな。国会の議席は国民の議席だ。決して解放同盟の議席ではない。やつは解放同盟の代表でもなく福岡1区の代表でもない。国民全員の代表だ。だから国会議員は居住地関係なくどこからでも立候補できる。

    そういう誤った考えだったから解放同盟は組織内候補がいなくなって国会とのパイプが細くなった。
    2度と解放同盟の組織内候補を当選させてはいけない。
    この人は環境大臣としては難しい交渉はまとめて評価もあったが復興問題で政治的な命取りをした。

    返信
    1. 鳥取ループ

      憲法15条に「すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない」とありますからね。

      返信
    1. 三品純 投稿作成者

      人の生死にまで言及するのは人権屋や左翼サマたちの専売特許だから、そういう表現はお控えください。

      返信

関連記事

学術・研究:部落探訪(255)滋賀県 東近江市 御園町

今回訪れたのは御園町。かつては薗畑という名前で、例のデータだと昭和初期には103戸の部落だった。近世は横井村と呼ばれ、明治初期の記録では156戸とあるから、明治以降から昭和初期にかけて世帯数が減った珍しい部落である。 さ […]

J・マーク・ラムザイヤー教授『アイデンティティ政治の 発明について:日本における 被差別部落民』②

On the Invention of Identity Politics: The Buraku Outcastes in Japanの日本語訳の続きを掲載する。前回はこちらを参照のこと。 今回は、近代の部落研究の成果 […]

【同和化する LGBT】「東京都同性 パートナーシップ制度」は “仕事をやってる感 ”まる出し!

東京都は来年度から同性の事実婚カップルも一般的な夫婦と同様にみなす「東京都同性パートナーシップ制度(仮称)」を導入する方針だ。12月8日のNHKニュースによれば昨年10月から当事者や都民などを対象にアンケート調査を実施し […]

J・マーク・ラムザイヤー教授『アイデンティティ政治の 発明について:日本における 被差別部落民』①

以前、ラムザイヤー教授による『日本の 被差別民政策と 組織犯罪:同和対策事業 終結の影響』の和訳を掲載した。今回からは、それに続く論文を和訳したものを掲載する。前の論文は日本の被差別部落民の起源が近世の被差別民であること […]

【京都 笠置町】堕ちた「笠やん」 補助金不正受給事件の裏に 町に寄付された 土地の横取り計画

日本最少人口の町笠置町で、4年ほど前に総務省の補助金の不正受給が発覚した。2020年2月13日にこの件に関連して3人が書類送検されたが、不正受給された補助金が返還されたとして不起訴となっている。 しかし、この事件の背景を […]