月刊「同和と在日」2012年3月号発売しました!

By 鳥取ループ

月刊「同和と在日」2012年3月号発売しました!!

ご購入はこちらから


//atamaga.jp/dz16

パブー版
//p.booklog.jp/book/45320

Android版
https://market.android.com/details?id=jp.atamaga.dz16

ついに同和地区指定の図面が公開! モヤモヤした気分もこれを見ればスッキリ。
キリスト教と「同和」その影の歴史を追跡。
なぜ朝鮮学校に助成金が出続けるのか。私学助成は合憲という司法の壁を打ち破れるか、徹底分析。
ほか

目次
●リベラルな電波グラビア館
・まるでKKKのような反橋下大阪市長集会
●本邦初!? 同和地区指定区域の図面が公開された!
・これが噂の緑色の地区境界か?
・徐々にこじ開けられた戸口
●特別企画「同和とキリスト教」 差別者という十字架を負わされた聖職者たち
・あるキリスト教徒の思い出
・荊冠旗とキリスト教
・キリスト教内でもあった糾弾集会
・渦中の人はすでに故人だった
●仙谷由人に献金していた「同和フィクサー」と呼ばれた男
・赤い後藤田と呼ばれた男
・行政改革を訴える口で天下り団体から献金
・寄付者の欄に「同和フィクサー」と呼ばれた男の名が
・謎めいた経歴と膨大な資産の過去
・産廃の町、御嵩町にも登場した会社の顧問
・「産廃」「原発」「陥没」三重苦の町、御嵩
・仙谷とは弁護士を介した付き合いだった!?
●“助成差し止め”は可能か? 神奈川の朝鮮学校を徹底分析
・データで見る朝鮮学校
・「各種学校」と「学校」は何が違う?
・そもそも私立学校は「公の支配下」にあるのか
●連載・僕らの部落民宣言 第2回
・「寝た子を起こす」教育と「寝た子を起こさない」教育
・寝た子と一緒に「差別事件」も起こされた
・寝た子を起こさない方針だった鳥取県