学術・研究:部落探訪(243) 静岡県 静岡市 葵区 新通・駒形通

カテゴリー: 部落探訪 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

静岡市の中心部近くに部落があったようだ。かつては白山町はくさんちょうという名前で、昭和初期の戸数は77だった。さらに昔は毛皮町、屠児えとり町とも呼ばれており、その名前からどのような職業の人々が住んでいたのか想像できる。

白山町という名前は消えてしまったが、その場所は現在の新通しんとおり、駒形通の一部であるという。そこで、実際に現地に行ってみた。

とりあえず、新通の北西あたりにある、適当な駐車場に車を停めて探訪を開始した。無論、この場所ではないだろうと思う。

しばらく歩くと新通小学校に突き当たった。昔の航空写真地図アプリで見ると、ここから南の方に住宅が密集した場所があったようだ。そこで、その方向へと進んだ。

途中の双葉町辺りで、地元のおばあさんに出会ったので「白山町」の場所を聞いてみたが、知らないという。しかし、この近くにあったことは間違いないはずだ。

途中に稲荷神社を見つけた。

何か氏子の名前が書かれたものでもないか探したが見当たらなかった。神社には「老人つどいの家」という看板が掲げられ、集会所も兼ねているようだ。

そしてさらに進むと、特徴的な形の公営住宅を見つけた。ここは未指定地区のはずだが、そうであっても都市部の住宅密集地では一般対策として公営住宅が存在することは珍しくない。ひょっとすると、ここではないかと思った。

そして、次に目に入ったのがこの墓地。筧、七條という名字が見える。ここでは、七條姓の貴族が没落して賎民になったという伝承があるので、これが部落の墓地で間違いないだろう。

墓地の横にある寺は鉄壁の日蓮宗だ。

その横の神社の氏子にも七條姓がある。

昭和初期には履物製造や日雇労働をしていたという記録があるが、大正期には野犬撲殺の仕事をしないように申し合わせたという記録がある。逆に考えれば、その頃までは野犬撲殺の仕事をしていた人がいたということだ。

野犬撲殺というと、漫画「ねこぢる」の「□ぬごろし」の巻が思い浮かぶ。主人公と遊んでいた犬の子が、犬殺しに理由もなく絞め殺されるというそれだけの話だが、文藝春秋版の復刻版ではこの話はまるごと削除されている。ただ、昔は野犬が増えすぎたことがあり、それに伴う狂犬病の蔓延は脅威だったので、犬を殺す仕事が職業として成り立っていた時期があったのだ。

履物屋が残ってないかと思ったが、これは仏具屋の跡だった。

地図を見ると、本通りから駒形通りにかけてバナナのように曲がった通りがある。その通り沿いであろうと推定されるがどうだろう。

過去の航空写真と見比べていたら、地元の老人に出会った。そこで白山町のことを聞いてみると、いきなり「ここで白山町って言ったらぶん殴られるぞ」と言われた。

老人によれば、ここにはかつて遊郭があり、屠殺、罪人の刑罰といった仕事をしていたそうだ。はっきり言えば「非人」で、城下町の謂わば汚れ仕事がここに集積されていたという。また「カーボー(皮坊)」という言葉があったそうだ。

ただ、駿国雑志には穢多とある。

もうその記憶も薄らいでいるのだが、今でも有害鳥獣駆除の仕事をしている人がいるという。

屠場はこの写真の奥あたりにあった。白山町というくらいなので、白山神社があったのか聞いてみたが、それは知らないという。

ただ、過去の文献によれば確かに白山神社はあったようで、かなり昔に宮本町の神明神社に合祀されたようだ。

これにて一旦静岡探訪は終了である。次は静岡以外のどこかを探訪する。

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

学術・研究:部落探訪(243) 静岡県 静岡市 葵区 新通・駒形通」への7件のフィードバック

  1. 『永帳巻物』

    >>七條姓の貴族が没落して賎民になったという伝承があるので、

    … 遠江国 二条河原彦五郎 宗道 駿河国 七条西洞院泊作源師 光重 
    甲斐国 相坂米売藤次郎 宗重 伊豆国 八条西堀川弓作右近丞 光直 …
    右醍醐天皇御宣旨ニテ従坂本之御所ニ御年貢為催促ト国々仕被下者ナリ

    返信
  2. 『今川氏親朱印状』(七条文書)

    朱印「氏親」
    府中西のつら かハた彦八かゝゆる川原新屋敷壱町五段之分 先年岡部太和守
    奏者として出置訖 其時のことく永かれらか可為屋敷 然者毎年皮やく等申付
    ふさたなく可取沙汰者也 仍如件  大永六年 (1526年) 六月十二日 
    大井新右衛門尉殿

    返信
  3. 七丈八九郎

    途中で会ったオッサンに言われた非人部落を鵜呑みにしてタイトルにしたり、蔦沢さんを鳶沢と読んだり大敗北の恥かき動画でしたな。

    返信
  4. 毛皮町からの変遷

    1872年 毛皮町 → 白山町 
    1924年 白山町 → 新通5・6丁目 
    1961年 新通5丁目の一部 →新通1丁目に編入
    1966年 新通5丁目の一部 → 駒形通4丁目に編入
     〃  新通5丁目の一部 → 新通1丁目に編入
     〃  新通6丁目の一部 → 駒形通5丁目に編入
    1970年 新通6丁目の一部 → 新通2丁目に編入

    返信
  5. 匿名

    仏具屋のあとではないですよ。昔、身体障害者の方が住んでいましたが今は空き家になって40年くらい立っている所です。昭和5年生まれの母に聞きましたが生まれたときはもう新通りになっていて昔の事はわからないと申しておりました。双葉町の方には遊郭はあったようですね。近くの老人って誰なんでしょう、駒形4丁目では母も年長の部類に入ると思いますが…

    返信

関連記事

学術・研究:部落探訪(293)埼玉県 狭山市 柏原 下宿

柏原(かしわばら)の部落は高杉晋吾『部落差別と冤罪』で、狭山事件に絡めて引き合いに出されている。狭山事件との接点と言えば、石川一雄氏の友人で一度逮捕されたものの釈放された東島明氏がこの地区の出身である。 なお、石川一雄氏 […]

学術・研究:部落探訪(292)熊本県 熊本市 南区 城南町隈庄 萱木

熊本では数多くの部落を探訪する準備をしてきたものの、いろいろあって気がついたら日没が近づいていた。最後の探訪先に選んだのが萱木(かやのき)である。ここを選んだ理由は、たまたま今いる場所から近かったからである。 地名で言え […]

学術・研究:部落探訪(291)熊本県 熊本市 南区 日吉2丁目 7, 14

熊本では時間が限られていたので、どの部落を探訪するのか迷った。その中で選んだのが、比較的規模の大きな未指定地区と推定される場所である。現在の熊本市 南区 日吉2丁目7番地、14番地で、昭和初期は100世帯あったとされる。 […]

学術・研究:部落探訪(290)熊本県 菊池郡 菊陽町 原水 馬場

『各墓地で憤りをあらわに「死んでも差別が」熊本県知事が部落視察』という記事が、2004年11月15日のウェブ版解放新聞に掲載されている。当時の潮谷義子熊本県知事が「部落の人びとは死んでまでも差別をうけるのか」と憤りをあら […]

学術・研究:部落探訪(289 後編)熊本県 熊本市 中央区 本荘・春竹

前回に続き、熊本最大の部落、本荘・春竹を探訪する。 食肉業者が集中し、部落のステレオタイプに合致する部落らしい部落なのだが、少なくとも現在は運動は盛んとは言い難い。むしろ、部落だの同和だのといったことは、既に終わったこと […]

学術・研究:部落探訪(289 前編)熊本県 熊本市 中央区 本荘・春竹

熊本県で最大かつ最も有名な部落と言えば本荘・春竹地区である。昭和初期の記録では本荘111戸、春竹307戸とされる。 2016年に日本テレビで「いのちいただくシゴト 〜元食肉解体作業員の誇りと痛み〜」というドキュメンタリー […]